マリア信仰 ルルドの泉の奇跡

フリー絵画 アンニーバレ・カラッチ作「聖母戴冠」
聖母の戴冠・・・という大嘘。

世界各地のカトリックの教会などに『聖母の戴冠』という絵があります。

こちらの絵は、イエス・キリストと神(創造主ヤハウェ)と思われる男性が、マリアに冠を載せようとしています。

イエスが神の一人子であるはずなのに、まるでマリアが最も偉大な聖人であるかのような描写です。 (さらに…)

悪魔や地獄の存在を否定するスピリチュアル系

 

「ルシファーギュスターヴ」の画像検索結果
ルシファー ギュスターヴ・ドレ作

ペトロの手紙 第5章8節~9節

8身を慎んで目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、だれかを食い尽くそうと探し回っています。 9信仰にしっかり踏みとどまって、悪魔に抵抗しなさい。あなたがたと信仰を同じくする兄弟たちも、この世で同じ苦しみに遭っているのです。それはあなたがたも知っているとおりです。 10しかし、あらゆる恵みの源である神、すなわち、キリスト・イエスを通してあなたがたを永遠の栄光へ招いてくださった神御自身が、しばらくの間苦しんだあなたがたを完全な者とし、強め、力づけ、揺らぐことがないようにしてくださいます。

スピリチュアル系の人たちは皆、悪魔の存在を否定します。

悪魔は、チャネリングなどを通して、「神」や「天使」や「高次元の存在」を騙り、この世は完全に自由で何も恐れるものはない、悪魔や地獄の苦しみの存在は幻想である等と語ります。

そして悩んだり苦しんだりしている人に「違う、あなたたちは分かっていない」、「悲しい事だ」、「魂を信頼していない」などと情を使って語ります。

そしてそのほとんどがキリスト教や聖書を批判し、それらはすべて嘘だと言って洗脳し、限りない自由を謳い、人々を罪に陥れて堕落をさせ、最後は人々を地獄に送り込みます。 (さらに…)

人を呪うとどうなるか

誰かを呪いたいと思った事はあるでしょうか。警察のお世話にならずに災いを下したいと思うのなら、悪魔を崇拝すれば良いのです。その教えの通りに呪えば、悪霊の力が働き、その人に何かしら災いが下されます。ポイントは憎しみの感情の強さだそうです。(本当は誰が悪い等の問題は、悪魔崇拝には関係のない事です)

但し呪った後、その後の自分の人生が好転するようなことはありません。この世では現実的に刑罰を受けないかも知れませんが、何年も後や死後に神様から裁かれ、悪魔から呪われると思います。 (さらに…)

スピ系が語る、イエス・キリストについての大嘘(2)シルバーバーチ、セス、その他偽物が語るキリスト。

関連画像
映画『 The Passion of the Christ 』

 

スピリチュアル系が語るイエス・キリストについての大嘘の続編。

スピリチュアル系の人たちというのは、皆キリスト教について批判をしたり、聖書の内容は嘘だとか、作り話だとか、本当はこんな真実で、別に大したことはないんだよ、というような話をしますが、語る人によってその真実が違っているとはどういう事でしょうか・・・・・・。 (さらに…)

スピ系が語る、イエス・キリストについての大嘘(1)ゲリー・ボーネルが見たイエス。

 

スピリチュアル系の人たちが語る、イエス・キリストや聖書について語る大嘘についての数々を転載。

スピリチュアル系というのは必ずと言っていいほど、イエス・キリストや聖書について出鱈目を語ります。そしてそのほとんどが、神や聖人についてがっかりさせるような内容で、スピリチュアル系とはそのようにして、本当の神や真実を知らせまいと活動をする悪魔崇拝者がほとんどであると言っても言い過ぎではないと思います。 (さらに…)

最高級霊シルバーバーチは大嘘を語る

 

関連画像
フランス人霊視画家マルセル・ポンサンによるシルバーバーチの肖像画

(加筆、修正あり)

私はスピリチュアル系の本は色々と読んだつもりでしたが、シルバーバーチという存在はよく知らずにいました。

このシルバーバーチという霊的存在は、「高級霊の中で最上級の高級霊」、「高級霊団の最高指揮者」であるとスピリチュアル系の人たちからかなり高い評価を得ているようです。

そのシルバーバーチとは、インディアンの霊体を利用し、霊媒の「モーリス・バーバネル」を介して現れ、他の霊界通信で奥義とされてきた高次元の霊的知識・霊的情報を伝えることを使命としているのだそうです。

そしてモーリス・バーバネルの著書『シルバーバーチの霊訓』は、スピリチュアリズムを主導するスピリチュアリズム・プロジェクトの司令官のイエスと、高級霊インディアン、シルバーバーチの決意・願望・愛の思いを代弁したものなのだそうです。

・・・・・。 (さらに…)

悪魔崇拝から来た原典ホ・オポノポノ インナーチャイルドという霊。

「KR よしもとばなな」の画像検索結果

 

※かなりの長文です。時間に余裕のない方はご注意ください。

 

今回はネイティブハワイアンの伝統的な「問題解決」法といわれる、ホ・オポノポノについて調べました。

このホ・オポノポノという問題解決法は、原典である上級ホ・オポノポノと、現在人気のいわば簡略化したバージョンであるホ・オポノポノとがあるそうです。

(さらに…)

イエス・キリストにより同性愛から解放された男性の証言

「「ホモセクシャルからの解放は可能か?」From Homosexuality to Holiness - Stephen Black」の画像検索結果

「同性愛からの解放 - Kegan Wesley "Jesus' Power Over Homosexuality"」の画像検索結果

(改題)

イエス・キリストにより同性愛から解放された男性の証言についての動画を転載。

(追記)ニュースを見る限りでは、お茶の水女子大で「自分を女性と思う男性」は入学を許可するなど、世の中は同性愛者の人たちに寛容のように見えますが、このような記事をUP しても読む方はあまりいらっしゃらないようです。😐 (さらに…)

ニューエイジ『奇跡のコース』と、サタンが演じる偽キリスト の証言。

 

 

ニューエイジの間でで人気、名著だと言われているものの中に『奇跡のコース』という本があります。

この本はスピリチュアル系の師にもよく読まれて評価されているようです。それどころか聖書よりも大切に読んでいる人がいるそうです。

そしてこの『奇跡のコース』の著者は、なんとあのイエス・キリストをチャネリングしたというのです。

そんなスピリチュアル系に大切に読まれている“世紀の名著‘‘『奇跡のコース』がどのような本なのか、そのチャネリングによって現れるイエスとは本当は何者なのか、調べました。

(さらに…)