3度目のコロナワクチンの毒性は10倍強力 遺伝子操作ワクチン接種によりもはや人間ではなくなる

 

(2021/11/24 更新)

コロナワクチンは既に日本の人口の半数以上が接種済のようです。コロナウイルスは存在しない支配層による嘘のウイルスであり、コロナワクチンは人口削減を目的とした遺伝子療法でありただの毒薬だという事を未だにわからない人も多いようです。

コロナワクチンを接種した人の寿命は2~3年だと言われており、2~3年後には日本の人口の半数以上が死んでしまうと言われています。

そのような事実を決して報じない政府やマスコミを信じて疑わない人たちは、周りで副作用で倒れようが死のうが、また意を決して接種会場に向かうつもりです。

その3回目のワクチンの毒性はそれまでのワクチンより10倍強力、寄生虫なども含まれており、支配層はそれを庶民に接種させることにより、ヒトの新人種を造ろうとしているようです。 (さらに…)

コロナ騒動で消えた人、消された人、消える人

 

アメリカ、ヨーロッパ等では皆ノーマスク。マスク強要やワクチン接種証明などありません。

コロナウイルスが中国の武漢で確認されてからおよそ1年と10ケ月になりますが、コロナウイルスは存在しない支配層による嘘であり、コロナワクチンは人口削減のための毒薬であると認識している人は増えてはいるものの未だにコロナが恐ろしいウイルスでありワクチンを接種すれば安心であると信じている人の方が多数の様です。 (さらに…)

コロナウイルスに関するフェイクニュースの数々を振り返る

 

この「コロナに感染した女性」は、アメリカの銃乱射事件や世界各地のテロに出演していたクライシスアクター。

 

コロナパンデミックが発生してからおよそ二年が過ぎようとしていますが、振り返ると、コロナパンデミックは始まった頃の2020年は、病院にコロナ感染者が救急車に運ばれている様子もなく、病院内は感染者で混雑していると言う様子もなく、街中で感染者が倒れている様子もなく、身近にコロナに感染したという話も全く聞かなかったのに、ワクチン接種が開始されてからは、毎日のように救急車が何台も走り、身近でワクチン接種後に倒れた人、死亡した人、コロナに感染したとされる人が急増しているようです。マスコミや政府はコロナ感染拡大の不安を煽り、有害でしかないワクチンを全国民に接種させようとしています。 (さらに…)

コロナワクチンによる重篤な副作用を知っても接種に向かう人たち ワクチン推奨派の怪しげな人たち

 

このイラストのように酷い副作用を「それだけ効いているということ」と信じている人がいるようです。このイラストも悪い冗談、皮肉であると説明しなければわからない人もいるようです。😒

 

国内でコロナワクチンの接種が始まったところ、ワクチン接種会場から何人もの接種者が倒れ、救急車が何台も通っているという情報がネット上に数多く上がっているようです。それまで元気だった人がワクチン接種後容態が急変、救急車で運ばれ意識不明、数日後に死亡、不正出血が止まらない等の情報が相次いでいるようです。厚労省や政府はそのような情報をデマだと言い、接種を迷っている人に「コロナ感染予防のためにぜひ接種をしてください」と訴えています。

(さらに…)

コロナワクチンを接種した人に近付くだけで感染するスパイク・プロテイン

 

2019年12月に中国の武漢でコロナウイルスが確認されてから1年と7か月が過ぎようとしていますが、コロナウイルスは存在しないウイルスであり、コロナ・パンデミックや緊急事態宣言は支配層の茶番であり、ワクチンはただの毒であるという事実は広まりつつあるようです。

国内ではコロナワクチンの接種が開始されましたが、接種した人たちは、それまで全くの健康であったのにも拘わらず、不正出血を起こしたり、ワクチンを接種した後に急に体調を崩し、救急車に運ばれ、死亡するなどのケースが相次いでいるようですが、医師や専門家などは相次ぐワクチンの症例について「コロナワクチンとの関連性は不明」としています。 (さらに…)

ただの毒であるコロナワクチン接種を断固拒否する 

 

今月の9日頃から、ローマ法王フランシスコ(ローマ教皇)についての記事の閲覧数が急激に増えているので何事かと思ったら、「Q-anon 」界隈が「ローマ法王が逮捕された」というデマを流していたようです。現ローマ教皇なら2014年に既に有罪判決が出ているようですが、マスコミはこのことについて一切報道をせず、教皇は相変わらず現在も何事もなかったかのように過ごしているご様子です。

参照

RAPT | 現ローマ法王フランシスコに幼児虐待および人身売買のかどで有罪判決。

RAPT | 現ローマ法王フランシスコも悪魔崇拝、およびそれに係る児童売買・幼児虐待に関わっている。その証拠文書が公開されています。

RAPT | 悪魔崇拝者ローマ法王フランシスコ。裁判を妨害するため仮病を使う。

 

大手メディアが流す情報は信用できませんが、SNS等などで拡散される情報にもこのようなデマが度々流されているようです。「Q」界隈はいつも「誰々の逮捕が始まる」だの何だの言いながらいつも何も起きていませんし。信用できるのでしょうか。彼らが信奉するトランプも結局退任をして、不正選挙をしたバイデンが大統領になってしまいましたが、彼らの神の祈りは聞かれなかったようですね。コロナウイルスとは関係ない話でした。

コロナウイルスは存在しないウイルスであり、コロナ・パンデミックは支配層の茶番であるという情報は拡散されてきているようですが、相変わらずイルミナティはこの茶番をまだ何年も続けたい様子です。 (さらに…)

スピリチュアルな人たちと災害について これまでのまとめ

 

お正月は参拝客でにぎわう神社仏閣。日本の伝統文化と信じられていたものは悪魔崇拝でした。

今年はコロナ騒ぎで始まり、コロナで終わる一年でしたが、

「私」の(観念の)何がいけなかったのでしょうか。

現在コロナ騒動によって失業者や自殺者が激増しています。

世の中はどんどん暗くなっていくようです。

誰がこんなリアリティを創造したのでしょうか。

それとも常に「本当の自分」を生きているスピリチュアル系の方々方は、このリアリティとは別次元で生きていて関係なく幸せな世界で生きているのでしょうか。

(さらに…)

創価学会とコロナウイルスについての情報、まとめ。

 

創価学会員の芸能人まとめ!久本雅美に石原さとみに草なぎ剛にタッキー ...

 

今回はコロナウイルスの嘘と創価学会の悪についてのまとめです。コロナ騒ぎはイルミナティによる茶番であり、その茶番の仕掛人はカルト教団「創価学会」であるという事実が明らかになってきましたが、コロナの嘘に加担するマスコミは、コロナの正体について触れず、フェイクニュースばかりを流している様子です。

そしていまだにコロナが本当に存在している危険なウイルスであり、不要不急の外出は控え、外出する時はマスクを着用し、すべての人に検査やワクチンが必要だと信じている人が多いようです。コロナウイルスは嘘ですので、マスクもワクチンも必要ありません。 (さらに…)

山本太郎が信じた『神との対話』とカルト創価学会

 

神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (日本語) 単行本 – 1999/5/1

 

今年7月の都知事選に立候補し、落選をした「山本太郎」は、過去に、97年に国内で出版された『神との対話』というニューエイジの本の解説を書いていたようです(解説は3巻)。

その『神との対話』という書物は、ニール・ドナルド・ウォルシュと言うアメリカ人によって書かれたオカルト本です。

その内容はと言うと、オカルトやニューエイジによくあるように、聖書やキリストについて出鱈目を語り、「自由」や「無限の可能性」などの言葉を騙って人間の堕落を推奨する「悪魔との対話」の本です。

『神との対話』の神は、偽の霊の啓示によって書かれた、偽預言者の書物です。これは神様などではなく、神に変装したサタンです。そしてこの著者であるニール・ドナルド・ウォルシュは、「神の啓示を受けた偉大な師(自称)」などではなく、偽の神様に騙された、ただのおじさんです。そのほか、チャネリング(霊媒)や自動書記など、スピリチュアル、ニューエイジで現れる神様や霊はほとんどすべてが悪魔から来る偽物です。

山本太郎が『神との対話』を読み始めたのは21歳、この解説を書いたのは27歳頃だったようですが、いまだにこの本を自分の人生のバイブルのように愛読しているのかは不明です。

「神様はいると思う」という山本太郎は、この偽の神の本を愛読し、ヤクザや、創価学会などのカルトとの関わりがあるようです。

(さらに…)

「スピリットガイドが語る死後の世界の話」にご注意ください。

 

エリック・メドフス 、ドメフス・エリーサ(著) 死は終わりではない .

「人は死んだらどこへ行くのか」「死後の世界はあるのか」「天国はあるのか、それはどんな世界なのか」と疑問に思う人は多いようですが、それにはっきり答えてくれる人はなかなか見つかりません。

書店をのぞけば、「スピリットガイドが教えてくれた死後の世界」、「死んだ息子が霊となって語り掛けた」、「あの世について神様が答えてくれた」といった内容のスピリチュアル系の本が数多く出版されているようです。

そしてそのような本は必ず、「死は怖くない」、「あの世では、あなたの大切な人はこんなに明るく平和に暮らしています」、「死後の世界を恐れることはありません」、「亡くなったあの人は、あなたを見守っています」、「天国で大切な人と再会出来ます」、「僕は死んだけど、今は霊界で幸せに生きているよ(自殺した少年の霊)」、「誰でも皆、天国でハッピーエンド」と言うような、とても優しくて安心で、悲しみや不安を打ち消してくれるような感動的な内容になっているようですが、それは本当なのでしょうか。 (さらに…)