コロナワクチンを接種した人に近付くだけで感染するスパイク・プロテイン

 

2019年12月に中国の武漢でコロナウイルスが確認されてから1年と7か月が過ぎようとしていますが、コロナウイルスは存在しないウイルスであり、コロナ・パンデミックや緊急事態宣言は支配層の茶番であり、ワクチンはただの毒であるという事実は広まりつつあるようです。

国内ではコロナワクチンの接種が開始されましたが、接種した人たちは、それまで全くの健康であったのにも拘わらず、不正出血を起こしたり、ワクチンを接種した後に急に体調を崩し、救急車に運ばれ、死亡するなどのケースが相次いでいるようですが、医師や専門家などは相次ぐワクチンの症例について「コロナワクチンとの関連性は不明」としています。

これだけコロナワクチンを接種した人たちがバタバタと倒れていながらコロナワクチンと関連はないと白を切るつもりのようです。

このコロナワクチンは、接種した人たちだけでなく、接種した人たちに近づくだけでも健康を害する恐れがあるようです。しかも接種した人が作り出すスパイク・プロテインは、止まることがないのだそうです。

 

ネット上では、元気だった人が突然死亡、閉経後に生理が来た、不正出血を起こした、頭痛、発熱、痙攣を起こした等コロナワクチンを接種した人たちについての情報が拡散されている

 

 

 

 

 

(日本語字幕) DR. NORTHUP – BEWARE THE COVID INJECTED & STAY FAR FAR AWAY/ コ〇ナワ〇チン接種者に注意!DR.クリスティン・ノースラップ より参照。

 

 

「私は、認定産婦人科医で、ダートマス医学校に生き、ボストン、タフツ大学のニューイングランド・メディカル・センターでインターンを終えました。

ヴァ―モンド大学医学部で25年間産婦人科の臨床助教授を務めました。ニューヨークタイムズのベストセラー3冊の著者、共同著者で、その中には、”女性の体、女性の知恵”と題された女性の健康のバイブルもあり、論文審査を受けた文献や、女性に関しては心身医療の先端での私の経験が盛り込まれています。長年にわたって、10かいオプラ・ウィンフリー・ショーに登場し、高く評価された公共テレビ特別番組を8回こなして、何百億ドルもの基金を公共番組のために集めました。

我々は、ワクチンに関するネット上の偽情報の70%の非難を受けていて、それは栄光からの驚くべき堕落ですが、誰が栄光を決めているかを理解するまでの事です。」

 

Dr. ノースラップのもとには、コロナワクチンを接種した人以外にも、接種した人に接触した人からの不正出血などの報告があるようです。

Dr. ノースラップは、コロナワクチンに含まれるポリソルベート80が卵巣に悪影響を与え、卵巣の機能を停止し得ることがネズミの実験で知られている事、さらに、大多数の女性がガーダシル・ワクチンで不妊になったことも知られていると語っている。

 

「 これに関して私が感じるのは、これはある種の生物兵器だという事です。接種を受けた人が発信している、ある種の生物兵器だと思います。」

コロナワクチンを接種した人の体内で「スパイク・プロテイン」を工場のように製造し始める。そしてそれは止まることがないと言う。

  

コロナワクチン接種者が放出するスパイク・プロテインに警告を発する看護婦。

例の、”バックス(ワクチン)”と言うものを接種した周辺の人達は、今、激しい病状を発しています。

これは、スパイク、プロテインの放出から生じるものです。これに関して、警告を発している女性がいます。

そして、わたしに連絡を取った多くの人達が、数えきれないほどの体験談を伝えてくれます。

これ(ワクチン)は遺伝子療法(操作)です。それによって、接種者の体がこれらのスパイク・プロテインを作るのです。

これは、mRNA遺伝子療法。これは、一大人体実験。

これは、過去において一度もなされたことがなかったものです。実際に人体の構造を変えていきます。

そして、今起こっているのは、体内でのこの工程(スパイク・プロテイン製造)が開始されたまま、停止しない状態です。

それは、(スパイク・プロテイン)が接種者の吐息から放出されています。

それは、毛穴から放出されてます。

今明らかになってきているのは、スパイク・プロテインは人間の組織細胞にとって危険であるという事です。

これが、人体の生殖機能に生涯を起こしています。これが、そう、不妊の原因となっています。

接種した女性、そして男性もそうですが、この”バックス”を受けた人々に接触した人は突然、奇妙なあざに覆われてしまうのです。

女性、わずか10歳程度の女性が早くに生理が始まっています。

11歳の女子が、そんな事を(ワクチン接種)やった人たちの周辺にいることで、突然ひと月に3回の整理を経験してしまいます。

激しい片頭痛に見舞われたり、睡眠パターンに不調を起こしたり、

拳サイズの血塊が生じたり、更年期に入って何年も経つ女性が、突然激しい生理に見舞われ、グレープフルーツ大の血塊が出てきたりしています。

こんな事が、色々な人々に起こっています。

奥さんがワクチンを接種して、隣同士で寝て、一夜明けたら翌朝全身アザだらけで目が覚めた男性とか、数えきれない体験談があります。

更に、彼女の患者に、訪問する前に連絡をとって、ワクチン接種をしたかどうかを連絡するように警告している医者もいます。

なぜなら、彼女は妊婦を対応するので、ワクチンの副作用の拡散予防のために、接種者を患者周辺に近付けたくないからです。

この接種を受けた人が近くにいると、死産や胎児への障害が発生する危険があるからです。

その影響で流産になるかもしれないからです。

 

看護婦が幾つかのコメントを読み上げる。

「私のパートナー(連れ、配偶者)が突然でかい血塊の鼻血を出しました」

「2ケ月の間に3度目の生理」(接種者が周りに4人)

「接種者がペットを撫でていたら、ペットが死亡した」

 

これほど危険なのです。

これは、陰謀論ではありません。

人々が前に出てきて公言しているんです。

いつまでこれが続くか、知る由もありません。

人体がいつ、このスパイク・プロテインの生産を止めるかどうかを、知る由もありません。

そして、このワクチンを受けた人が、このスパイク・プロテインを永遠に生産し続けるかもしれません。

そして、それらの人たちのそばにいることが安全になる事がないかもしれません。

ある時点で、スパイク・プロテインを生産しなくなるかもしれません。そうなれば、そばにいても安全かもしれません。

私がこの警告を発しているのは、我々は、個人個人で自分たちの安全を確保しなければならないからです。

 

……………………………………………………………………………………………………………………………………

 

この看護婦は、接種者に子供を近付けないように、接種した人から離れるようにと警告をしている。

 

その他詳細は動画を参照してください。

 

「もし、生理の時異常があったら医者に伝えて、御願い。たとえ異常がなくても周りに接種者と分かる人がいれば医者に教えなければ。わかった?医者に教えて。」

「そして接種者の周辺にいる女性達がそれらの問題を抱えていることから、死産の発生が400%近くも上昇したの。これは助けを求める叫びなんです。このことを知り合いの女性みんなに伝える必要があるんです。」

 

 

世界中でコロナワクチンの副作用による被害が多発。支配層とグルであるマスコミはワクチンの有用性ばかり報道し、このような事実は一切報道しません。

画像

【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例 | RAPT理論のさらなる進化形

BBC司会者、ワクチン接種後に死亡 検視で関連を調査へ – BBCニュース

 

治験中であり承認されていないコロナワクチンは、緊急時のみ使用が許可される。支配層は人口削減のために、緊急事態宣言のうちに全世界でワクチンを接種させようとしている。

 

新型コロナウィルス用ワクチンは全て自己責任で ~ No One will protect you from vaccine injuries|YouTube

DOCTORS TESTIFY BEFORE TEXAS STATE SENATE TO OPPOSE MANDATORY COVID SHOTS, PLUS MORE(字幕なし)

新型コロナウイルス用ワクチンがFDAに認可されていないと言う事実は隠されてはいません。

(テキサス)州知事自身が、先日こう発言しました。読み上げます。

「皆さんにご理解いただきたいのが、これらのワクチンはFDAによって正式に承認されておらず、緊急使用施行のみが承認されているのです。という事は、誰もワクチンを接種する義務はありません。」

ここで歴史を少しご紹介します。

2019年、203件のワクチンによる死亡症例がVAERS(ワクチン有害報告システム)に報告されています。

2018年には119件、2017年似は85件でした。

2020年12月より2021年4月3日までの4か月間において、新型コロナウイルス用ワクチンによる死亡例が3362件報告されています。

大まかに言うと、1日に30人がいずれかのワクチンにより死亡していると言うことになります。

実際に起きている症例の1%しか報告されていないだろうと推測しています。

新型コロナウイルス用ワクチンと接種義務のある脳炎のワクチンを比較すると、脳炎のワクチンの死亡症例は2007年から2015年の間では1人でした。

みなさん、これは一般的なワクチンについてではありません。

2021年のたった4か月の間で、この治験段階である新型コロナウイルス用ワクチンによる死亡症例が、1997年から2013年までにわたる15年の間に起きた全てのワクチンによる死亡症例よりも多いのです。

米国の上院委員会で医師がワクチンに関する意見「動物が死に始めたので動物実験を中止した」|BuzzVideoバズビデオ 

動物実験を省略した一般向けのワクチンを他に見たことがありますか?

今までに一度もありません。特に子供たちのワクチンでは。

私が読んだ内容によると、実際に動物実験を始めたところ、動物が死に始めたので実験を中止したという事なのですが、皆さん、我々が重要なこととして理解いしておきたいのは、我々が話している内容は、米国人が実験台のモルモットになっているという事なんです。今行われていることはテストプログラムなんです。

人体でのテストは、彼らは動物が死に始めたから動物実験をやめた。そして彼らはそのようなものを一般の人間に使おうとしている。このような実験的なワクチンを雇用の条件として人々に接種することを義務付けようとする企業がありますよね。死者数が増加しているのにも関わらず・・・

(動画はここまでで終了)

詳細

DOCTORS TESTIFY BEFORE TEXAS STATE SENATE TO OPPOSE MANDATORY COVID SHOTS, PLUS MORE(字幕なし)

創価企業であるTwitterでは、支配者層にとって都合が悪い動画は以下のように表示されないようになっているようです(単なる不具合が起こっているかのように・・・)。

コロナワクチンを接種した25歳男性、医療従事者、精神錯乱により自殺。(現在この報告の内容は短く書き換えられている)

https://mhlw.go.jp/content/10906000/000784439.pdf…

(73-74p)

書き換え以前の報告 魚拓 Wayback Machine

 

 

 

以上の詳しい症状については現在削除されているため、「そんな報告はない」「この報告はデマだ」と批判する意見もあったようです。

以下の記事にも詳細について書かれてあります。

ワクチン接種4日後に医療従事者25歳男性が「飛び降り」厚労省が報告|NEWSポストセブン

支配層やその工作員は人々にワクチンを接種させたいので、コロナワクチンの本当の情報をデマや単なる陰謀論だと思わせるように誘導をしているようです。

 

イギリスでも精神障害で自殺者が出ている様子。

画像

コロナワクチンを接種した患者の診察および院内の立ち入りを禁止する病院もある

コロナワクチンは嘘ですので、変異株と呼ばれるウイルスも存在しません。支配層がそのように嘘をついて緊急事態宣言を長引かせたいだけです。

 

 

2020年5月頃に、麻生太郎が、東京23区の死者の7割を火葬する「廣済堂」を買収。あとで多数の死亡者が出ると予測して葬儀屋を買収した疑いがある。

麻生太郎の思惑通り、コロナワクチンによって葬儀場は混雑しているようです。麻生太郎はどこまでも金の亡者のようです。

 

多死社会の到来:コロナ騒動の裏側で麻生太郎の家業が「葬儀場利権」に触手を伸ばすワケ(後編)=坂田拓也 | 週刊エコノミスト Online

コロナワクチン接種が始まって以来、救急車の出動が増加している。ワクチンはただの毒です。

 

コロナ・パンデミックを起こしているのはイルミナティ、創価、群馬人脈。

 

ワクチンで人口削減を目指すビルゲイツ。

 

「世界の人口は5億以下にしなければならない」と書かれたモニュメントがアメリカのジョージア州にある

ジョージア・ガイドストーン – Wikipedia

Georgia_Guidestones_01

 

ジョージア・ガイドストーンにには、以下のようなことが書かれてある。

 

1.大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する

2.健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く

3.新しい生きた言葉で人類を団結させる

4.熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する

5.公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する

6.外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する

7.狭量な法律や無駄な役人を廃す

8.社会的義務で個人的権利の平衡をとる

9.無限の調和を求める真・美・愛を賛える

10.地球の癌にならない – 自然の為の余地を残すこと – 自然の為の余地を残すこと

誰が、どのような意図によって作製したのかは不明。

イルミナティは存在もしないウイルスやワクチン、ケムトレイル等で人々の健康を破壊し、人口削減を目指す。

 

画像

医師法違反

,

RAPT | RAPT×読者対談〈第32弾〉波動ブームに対する警鐘。またはワクチンと大麻と気と健康について。

RAPT | エボラ熱騒ぎの最大の目的は、ロスチャイルドが西アフリカにあるダイヤモンド原石を独占すること。

2018年、メリンダ・ゲイツは考え得る人類最大のリスクは「間違いなく」バイオテロとSXSWで語った。

ゲイツ夫婦、SXSWで人類最大の脅威は“バイオテロ”と語る | Business Insider Japan

「バイオテロは即座に広がるだろう。だが我々は備えをしていない」とSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)でのインタビューで答えた。

「毎日、何人がニューヨークから世界中へ旅立つか考えて欲しい。我々は互いにつながった世界に生きている」

メリンダは、話すのが嫌になるくらい恐ろしいことだと語った。

メリンダと夫のビル・ゲイツは、人類にとって最大の脅威は、人類にとって最も古い脅威でもある感染症だと警告してきた。感染症は自然に、あるいは人工的に、つまりバイオテロで発生する。

 

「自然発生、テロにかかわらず、疫学者は空気感染による感染症で1年以内に3000万人以上が死亡する可能性があると指摘した」とビル・ゲイツは2017年、Business Insiderに掲載したコラムに記した

「今後10〜15年以内に人類が感染症の大流行を経験するという合理的な可能性があると専門家は指摘している」

 

「人類は1918年のインフルエンザの大流行から100年を迎えようとしている。幸運にも過去100年は、感染症の大流行を避けることができた。だが、同じような被害をもたらす新型インフルエンザの出現は避けられない」

以上はコロナウイルスを予言したものであると思われます。

1720年ペスト、1820年コレラ、1920年スペイン風邪、2020年コロナ イルミナティは100年ごとにパンデミックを起こす。

 

ビル・ゲイツは5月に離婚を発表。

ビル・ゲイツの小児虐待が離婚の原因のようです。

【少女の性的虐待】ゲイツ夫妻の離婚原因は、ビル・ゲイツとエプスタインの蜜月関係にあった!! | RAPT理論のさらなる進化形

 

先週、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツと妻のメリンダが離婚を発表しましたが、離婚の直接的な原因となったのは、少女売春を行なっていたジェフェリー・エプスタインとビル・ゲイツの蜜月関係にあったと大手メディアが報じました。

○世界第4位の大富豪 ビル・ゲイツ夫妻が離婚発表 保有資産は14兆円