Before you read

当ブログはほぼすべて長文になっております。あらかじめご了承ください。

業界のトップたちの小児性愛が暴かれる中、某漫画家は「ヘンタイのお陰で彼らは世に出られた」と擁護 「キリスト教的価値観」を批判

 

 

少子化が問題だと言う人は、年々増え続ける自殺者と行方不明者(誘拐された子供)について問い質さない。アメリカで毎年何十万人もの子供たちが行方不明になっていることも、その理由も、イーロン・マスクは知ってるのではないのかと疑う。

もうすでに大人から子供まで世界中でバタバタ倒れて、支配層の人工削減計画がうまくいっている。おそらくコロナワクチンが原因。これは史上最大の薬害事件なのに、何だか誰も知らない顔。

コロナパンデミックという支配層の嘘により、閉店や倒産も相次ぎ、空き地が増え、人口が減り、移民が増える。中国人が手放す土地を買い取り、中国人が家を建て、豪華なマンションに住む。(現在、中国の経済は崩壊しているらしいので、今後迷惑旅行者も迷惑移民も減ってくれればありがたい。)

また今年もどこかで誘拐事件が起こっている。特にアメリカは毎年80万人もの子供たちが行方不明になる。政府は対策を取らずに知らないふり。自分たちがそれらを利用するから。 (さらに…)

マイケル・ジャクソンは98年(39歳頃)に殺された疑い ソニー闘争、裁判、子供、死亡まですべて偽者の茶番だった 

 

 

(2024年5月8日 改題)

前回(2003年3月)マイケル・ジャクソンが生きている説とすでに死んでいた節についての長文記事を書いた後で、まだまだ疑問が残っていたところやモヤモヤしていたところを書いてまとめた記事です。

マイケルは2000年代にはすべて別人だと書いた後に、さらによく調べると98年頃から別人と判明、2002年頃からソニーと争っていたのも、この世の陰謀について訴えていたのも、バシールが監督したドキュメンタリーに出演していたのも、小児性愛で裁判に立たされていたのも、2009年に死亡したのも、子供たちも、すべて偽者の茶番だったようです。

98年頃から現れた奇妙な偽者たちのせいで、マイケルは小児性愛の疑いがある、気持ちの悪い、怪しげで不気味な男のように世界中で言われ、整形中毒になったと哀れに思われれ、はげた、鼻が崩れたなどおかしなところををからかわれ、主に顔についてネタにされるような笑い者になってしまった。

本物は整形中毒でも、小児性愛者でも、ハゲでも、変な顔でもありません。整形のしすぎで顔が崩れたり、鼻がもげたという事もあり得ません。ただ偽者が変だっただけです。 (さらに…)

テレビ離れの加速 フェイクニュース、デスゲーム、ごり押し、韓流ブームから影武者現象まで    

 

今年も韓流アイドルや偽者タレントが出演する紅白歌合戦。すり替えられた偽者が歌う姿を見て年を越せというNHK地獄の年末。芸能界は衰退している。

 

国民のテレビ離れが止まらないらしい。

視聴率が落ち続けているテレビは、現在何十人も存在する中国人影武者タレントや(本物は殺された可能性がある)中国に乗っ取られていることについて知らないふりをして平和そうにやり過ごすつもりなのならそのまま衰退するしかなさそうです。

もともと在日や創価などのカルトに支配されていると言われているTV業界が、このまま業界の異常にも気づかないふりをし続け、偏見報道をさらに強め、中国人と韓国人ばかりのごり押しメディアになるだけなら、全国民から嫌われて終です。

 

当ブログでは有名人の影武者現象に気づいてから気になりだして止まらなくなり、そのことについて3年以上調べて書き続けていたけれど、相変わらず世の中は偽者に気づかず応援し、ライブに行って楽しんだり感動したりと偽者推し生活を謳歌しているようでまあよく騙されてるわ日本人と呆れている。

TVは00年代から終わってると言われいたものの、今のように影武者などほとんどいなかったし(鈴木杏樹など既に偽者になっている人は数人いたが今ほど大勢ではない)、今のような朝鮮人やごり押しタレントばかりではなかった。

昔は経済豊かで元気だったものだけど、今はTVをつけても空虚なものばかり。

 

無気味な偽者ばかりになったTV

私はもう00年代からTVは見ていないのでよくわからないのですが、「TVをつければタレントが飯を食ってるだけ」と言われていることが多いのだそうで。SNSでもTV番組のCMが時々流れてくるけれど、おいしい~おいしい~と言ってるばかりか、貧乏やダメ人間をネタにするか、あははははと楽しそうにしているふりにしか見えない。有吉とマツコばかり。どこでも有吉で無気味。

最近は芸能界でも「誹謗中傷は許せない」とよく言うけれど、有吉のようなタレントがボロカス言うのはOKらしい。  

そして自分たち業界人の黒いところは棚上げ。

アニメーターは昔の人気アニメをリメイクと言っては作画崩壊、キャラ崩壊させてばかりしてぶち壊し続けている。そして「僕たちはこんなに頑張ったのにアンチが沸いてる」「誹謗中傷は気にしないで」と言うだけ。似ても似つかぬ別人になったキャラクター等を見てファンが「本当にやめてください」🤦‍♀️🤦‍♂️と訴えてもまた作る。全くの時代錯誤でも気にしない。 (さらに…)

HEATHの死と影武者YOSHIKIの「米栄誉賞」の怪しさ X JAPANは何年も前から全員偽者のなりきりバンド  

 

 

HEATHもとっくに偽者か。

(2023/11/20 更新)

2010年代前後あたりからエンタメ業界は偽者が増加しています。

今月7日にX JAPANのベーシストとして活躍したHEATHが56歳で亡くなっていたことが明らかになりましたが、そもそも現在のX JAPAN は全員偽者であり、YOSHIKIも再結成時から偽者です。

「HIDEのいないX JAPANは考えられない」「再結成は永久にない」と話していたはずのYOSHIKIが、いまだに洗脳されていた状態のままのTOSHIを再び迎えてX JAPANを再結成。はじめは注目されたものの、YOSHIKIはファッションやワインやコラボ商品、CM出演、「芸能人格付けチェック」、自撮りの自慢など余計な活動ばかりしてなかなかX JAPANのアルバムをつくらず、時々ステージに上がるだけ。

そんな活動を10年以上続け、ファンが苛立っている中、ベーシストのHEATHの死亡したと報道され、ファンは怒ったり悲しんだりという状況のようですが、そもそも、X JAPANの本当のメンバーたちはおそらく既に皆死んでしまっていて(殺されて?)、現在のメンバーは皆そっくりさん(そんなに似てない気がするが)のなりきりバンドマンであり、その中でメンバーが喧嘩しようが、仲がよかろうが、死亡したろうが、すべて茶番です。偽者に対して喜んでも悲しんでも仕方がない。

 

悲しいのはこのような有名人が気付かぬうちに次々と劣化版の偽者にすり替えられ、本物は殺されたか何かしてこの世からいなくなっていることであり、こんな偽者の嘘人生ドラマではない。

癌で亡くなったというのは偽者のHEATHだろう(それともまたスピン報道か)。TOSHIもPATAもおそらく本物ではない。

(さらに…)

「歌舞伎座の呪い」は存在しない 中共の歌舞伎座乗っ取り疑惑 市川猿之助、香川照之親子、松たか子、海老蔵など偽者揃い 

 

 

10月20日、両親に睡眠薬を服用させ自殺手助けした罪に問われている歌舞伎役者の市川猿之助(本名、喜熨斗孝彦)被告の初公判が東京地方裁判所で開かれ、検察は市川猿之助に懲役3年を求刑しました。

市川猿之助は出来るなら歌舞伎座に復帰したいと話しているようです。それを聞いた一般人からは「許さない」「親を殺して3年は軽すぎ」など批判の声が上がっています。

 

そもそも市川猿之助は影武者だらけです。本当に血のつながった親子が自殺をしたのか疑わしい事件です。

睡眠薬で死ねないとも言われており、それだけ大量の処方薬をどうやって手に入れるのかも謎です。その他証言にも矛盾があったのですが、結局警察は他殺の可能性を認めず、市川猿之助を逮捕。

 

当ブログで以前にも猿之助一家の自殺についてと澤瀉屋の問題について(香川照之親子が乗っ取りの偽者である疑い等)書きましたが、更によく見ると他の歌舞伎役者も偽者ばかりです。

 

2011年から歌舞伎座の建て替えが始まってから、歌舞伎界では死亡者数の増加や歌舞伎役者の事故など、不吉と思える出来事が続いたため、「歌舞伎座敷地内にある稲荷神社を壊して巨大なビルを建てたから呪いにかかったのではないか」と恐れられているようです。 (さらに…)

「ジャニーズ性加害問題当事者の会」メンバーは被害者ではなかった 誹謗中傷を訴える怪しげな人たち この業界は闇  

 

 

最近はタレントからスポーツ選手まで口をそろえて誹謗中傷に傷ついたと涙する人が多いようです(ここ2~3年くらいで皆が同時に言い始めた)。

その中傷の内容を見てみると、そんなまともに相手にしなくていいような、頭の悪そうな、わざとらしい、工作員のような悪口コメント。最近、新庄監督の後輩に対する誹謗中傷についてのコメントが話題になりましたが、最近は鍛えられたスポーツ選手までこんなことでメンタルが崩れてしまうのかと首をかしげる。

「誹謗中傷はやめてください」と言った新庄監督は現在偽者が何人もいるようです。本物はいないらしい。どうも誹謗中傷を訴える有名人は偽者などの怪しい人物が多いようです。

その他にも「誹謗中傷許せない」と訴えるタレントも偽者が多い(中川翔子など)。自分たち偽者のぼろが出て批判された時には「傷ついた」「有名人だからって何を言ってもいいの?」と訴えて、臭いものにふたをするように「法的処置も考える」と言って言論弾圧をしているのかと疑う。  

その誹謗中傷のコメントも、「許せない」と訴える有名人に対して「本当その通りです」「○○さんかっこいい!」と称賛するコメントも、どちらも工作員の茶番のように見えてしまう。

(さらに…)

芸能人の自殺は誹謗中傷のせいだと訴える業界 メディアの扇動と洗脳

 

画像

 

(2023/07/23 改題、8/15 更新)

7月12日にLGBTであるタレントのryuchell が個人事務所で自殺したと報道されたとたん、案の定、誹謗中傷が原因だ、許せない、と訴えるコメントがSNSなどで続出した(ほとんどが工作員か)。

またマネージャーが見つけたのか。「自殺”未遂”した」と通報したらしい。今回はクローゼットではないようだ。詳細な情報もまだない。

 

神田沙也加が自殺したと報道された時も「誹謗中傷は許せない」というコメントが殺到した。その後松田聖子が毒親なせいだと言われたり、元恋人のせいだと言われたり、責任の矛先が転々とした後、結局何が原因かあやふやなまま忘れ去られた。あんな狭い窓から飛び降り自殺は不自然。

 

芸能界の自殺は不審な点が多い。最近では市川猿之助が一家心中をしたと報道されたが、自殺をするような人には見えず、供述にも矛盾点が多い。(そもそも澤瀉屋は香川照之(市川中車)が偽者にすり替えられたり、市川猿之助にも偽者が存在していたりと10年以上から闇を抱えている。)

 

2020年に女子プロレスラーの木村花が自殺したと報道された後、総務省はネット発信者の特定へ制度改定検討を始めた。(木村花の自殺は嘘の疑いがある。) (さらに…)

35年以上前のこわい漫画が現実になっている

 

「ハッピーピープル」(著者:釋英勝  1983年~1994年)部屋の鍵を無くした主人公。仕方なく友人の家に泊まり、翌日帰ってくると、自分の部屋に見知らぬ人がいた。

(2023/06/27  改訂)

残酷描写が原因で販売禁止になった「ハッピーピープル」(著者:釋英勝)という漫画の中の「I love Japan」というタイトルのストーリーは、背乗りされる日本人がリアルに描かれている。 

ネット上ではこの漫画は北朝鮮拉致問題を扱ったストーリーだと紹介されていることが多いようですが、北朝鮮拉致問題もミサイル問題も、在日に乗っ取られた日本政府との茶番です。飢餓も嘘。

日本を乗っ取ろうとしているのは北朝鮮ではなく中国共産党。

既に日本政府やマスコミ、日本国内のあらゆる業界は中共に乗っ取られているようです。

(さらに…)

市川猿之助の自殺について(2)偽者の香川照之と息子の市川團子を持ち上げ始めたマスコミに注意 猿之助一家他殺説 

 

どこからどう見ても別人。

 

5月18日日午前10時20分ごろ、東京都目黒区の自宅で、歌舞伎俳優の市川猿之助と両親が倒れているのを迎えに来たマネージャーが発見し119番通報した。警察が駆け付けたところ、母親はすでに死亡が確認され、父親は意識不明の重体、猿之助は自宅の半地下のクローゼットで意識がもうろうとした状態だった。父親は搬送先で死亡が確認され、猿之助は命に別状はないという。

市川猿之助が倒れがそばには、「愛するMだいすき。次の世で会おうね たかひこ」書かれた遺書が残されていた。さらには親族ではないMに財産を相続させると書かれてあったという。

 

そのMとは第一発見者のマネージャーの石橋正高だと言われている。

 

猿之助はセクハラ報道で一家心中を決意したと言われているが、猿之助の証言には矛盾が多い。

猿之助がゲイであるという噂も本当なのか(石橋正高は異性愛者だそうだ)。

 

市川猿之助の自殺により、猿之助の公演は中止、代わりに澤瀉屋の香川照之の息子、市川團子が代役を演じて絶賛され、さらにはその父親である香川照之が再評価され、香川がセクハラ事件からの名誉挽回になりそうな空気になっていますが、現在の香川照之親子は偽者です。(中共の工作員?)

この事件はおそらく猿之助のセクハラ報道が原因の一家心中ではない。澤瀉屋は10年以上から問題を抱えているけれど多くの人が気づいていない。

 

(さらに…)

市川猿之助の自殺について 澤瀉屋の背景

 

これは同一人物なのか。

 

(2023/05/22 更新)

5月18日午前10時20分頃、歌舞伎俳優の市川猿之助が自宅の半地下のクローゼットで意識がもうろうとした状態で座っていたのをマネージャーが発見、続いて2階のリビングで仰向けに倒れている両親を発見した。母親はその場で死亡が確認され、父親は搬送先の病院で死亡した。市川猿之助は命に別状はないという。

この情報を聞いたときは他殺かと疑った。

同じ澤瀉屋(おもだかや)で猿之助の従兄である香川照之は、2011年の「市川中車襲名披露記者会見」以降偽者にすり替えられ、しかも何十人もいる(中国人のような同じ顔が何十人も)。おそらく子供も母親も偽者にすり替えられた(香川の妻は離婚)。

その後、香川の父親であり、猿之助の伯父である市川猿扇は鬱病になった。そして市川猿之助も時々影武者が活動している(「半沢直樹」で叫んだり、チンピラのような役が多い?)

2011年からは不自然なほどに歌舞伎役者が相次いで死亡している。

(さらに…)