「スピリットガイドが語る死後の世界の話」にご注意ください。

 

エリック・メドフス 、ドメフス・エリーサ(著) 死は終わりではない .

「人は死んだらどこへ行くのか」「死後の世界はあるのか」「天国はあるのか、それはどんな世界なのか」と疑問に思う人は多いようですが、それにはっきり答えてくれる人はなかなか見つかりません。

書店をのぞけば、「スピリットガイドが教えてくれた死後の世界」、「死んだ息子が霊となって語り掛けた」、「あの世について神様が答えてくれた」といった内容のスピリチュアル系の本が数多く出版されているようです。

そしてそのような本は必ず、「死は怖くない」、「あの世では、あなたの大切な人はこんなに明るく平和に暮らしていますよ」、「死後の世界を恐れることはありません」、「亡くなったあの人は、あなたを見守っています」、「天国で大切な人と再会出来ますよ」、「僕は死んだけど、今は霊界で幸せに生きているよ(自殺した少年の霊)」、「誰でも皆、天国でハッピーエンド」などと言う、とても優しくて安心で、悲し (さらに…)

Googleに言論弾圧されている 

 

 

ところでGoogleで「occult to chirstianity」で検索しても私のサイトが表示されないのはなぜですか👹。昔は一度サイト名を入力すれば自分のサイトが上位にアップされていたと記憶しているのですが(あまり自分のサイトは客観的に検索や確認をしていない)。Googleで検索してもオカルトとキリスト教についての英語のブログが表示されます。その他のスピリチュアル、嘘、などのキーワードで検索しても当ブログが表示されません。

最近閲覧数が落ちていると思ったらこのような事になっていたようです。(当ブログに訪れる人もGoogleのユーザーが圧倒的に多い)

「Bing」などの他のブラウザでは表示されるようです。当ブログは終了してはおりません。

私がよく参照している「RAPTブログ」も Google で検索しても表示されず、「RAPTブログ」の批判記事ばかりが上位に表示されているようです。こちらも「Bing」や「Duck Dukc Go 」など他のブラウザで「RAPTブログ」と検索すると表示されます。

DuckDuckGo Privacy Browser - Google Play のアプリ

Googleが「RAPTブログ」とそれを拡散している人たちを、コロナパンデミックと言う嘘をついて土地を強奪したがっている支配層が言論弾圧をしているのだと考えられます。

(さらに…)

「エナジーバンパイア」とドリーン・バーチューのオラクルカードの危険性について

 

 

現在、世の中はコロナウイルスと安倍政権についてのニュースばかりで、スピリチュアル系の話どころではない様子ですが、このところ度々見かけて気になった、スピリチュアル系の間で語られている「エナジーヴァンパイア」という存在についてと、ドリーン・バーチューがスピリチュアルを脱退してキリスト教に転身したことについて、疑問や不満を持っている人がいるようですのでそれについて改めて書こうと思います。

「エナジーヴァンパイア(またはエネルギーヴァンパイア)」とは 「人のエネルギ―を吸いとる吸血鬼のような人」のことを言うようです。

そんな特殊能力を持った人間がこの世に存在するのかというと、そういう事ではなく、一般にいる人を指すのだそうです。そしてニューエイジに人気であったドリーン・バーチューもエナジーヴァンパイアだと主張する人がいるようです・・・・・・ (さらに…)

コロナウイルス パンデミックの嘘

 

 

世の中はコロナウイルスのニュースばかりで、もはや誰もスピリチュアル系を相手にしているどころではない状況のようですので、このブログも多少方向性を考え直す必要があるのかもしれません。

常に良いことを引き寄せているスピリチュアル系の人たちは緊急事態宣言の中でも何も心配するような事はないのかもしれません。それどころか「コロナに愛情を注げば消えて無くなる」「不安、恐れ、宇宙に対する信頼のなさがウィルスを引き寄せる」「コロナに感謝する」などというトンデモ発言をしているスピリチュアル系教祖がいるようです。いい加減にしてほしいです。 (さらに…)

嘘ばかりの世の中 「この現実世界を生きる」と言われても・・・

 

コロナウィルスのパンデミックが嘘であるという事実は広まりつつあるようです。

 

管理人は昔から霊的なことに興味があり、幼少から、私が今死んだらどこへ行くのか、どこから来たのか、神様はいるのか、人知を超えた力や魔法のような働きは存在するのかなどと考え、子供の頃は空を飛んだりするヒロインなど、魔法を使ったストーリーを好んで鑑賞していた(ハリーポッター世代ではない)。

大人になってもこの世の霊的な事象に疑問を持ち、書店に立ち寄り、宗教、ニューエイジ、スピリチュアル (さらに…)

コロナウイルスについても嘘を吐くスピリチュアル系

 

コロナウイルスはただのインフルエンザウィルスであるらしい。

 

「目の前の現実世界は、自分自身が創り上げている」

「全てを赦し、受け入れる事」

「自分自身が神なのです」

「それに気づけば、奇跡が起きます」

 

未だにそのようなことを語るスピリチュアルな人がいますが、私はその言葉を聞いても、それを何年、何度聞かされたか、それがどれだけ無意味だったかということことを思い出させられるだけです。

(さらに…)

スウェーデンボルグの信奉者だったヘレン・ケラー

 

 

「私の宗教 ヘレン・ケラー」の画像検索結果

(加筆修正しました)

目が見えない、聞こえない、言葉を知らないという三重苦でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした奇跡の人と言われているヘレン・ケラーが、ニューエイジ、オカルトの源泉とされるスウェーデンボルグの信奉者であったようです。

ヘレン・ケラーは、いったい誰が世界の万物を創ったのかを知りたいと思い、神について考えるようになったものの、正しいクリスチャンによって正しい聖書や神の知識を教わるのではなく、異端の本を手渡されて、その教えにすっかり心酔してしまったようです。

ヘレン・ケラーは異端であるスウェーデンボルグの信奉者でありながら、呪いにかかるような不幸もなく生涯を幸せに生きたようですが、聖書に反する教えを広めたり、その教えに従ったりすれば罪と見なされ、裁きを受ける恐れがあります。このようにして神や霊界について知りたいと願う人たちをサタンは誤った方向へ導き、滅びに向かわせます。そのようなオカルトや異端の人物は現代でも蔓延っている様です。

「自分は神に遣わされた人間だ」と主張しながら人々を地獄へ導くオカルト詐欺師や異端が滅びることを願います。

(さらに…)

偽宇宙人バシャール、次は Naokimann Show との共著を発表

 

 

BASHAR×Naokiman Show 望む未来へ舵を切れ! – 2020/1/20

偽宇宙人バシャールがまた懲りずに新刊を発売するようです。今度はチャンネル登録者数や視聴数の怪しい Naokimann Show との共著だそうです。
エササニ星人も宇宙人の住む星も存在しませんよ。そんなイルミナティの宇宙人ごっこの大嘘に付き合っても人生の無駄です。嘘と悪霊を取り込んで頭も悪くなります。
イルミナティの詐欺師に付き合いながら「引き寄せの法則」も何もあったものではありません。このような嘘に付き合っていたら「望む未来に舵を切る」ことなど一生出来ません。

(さらに…)