悪魔崇拝カトリックのノートルダム大聖堂 異教の女神崇拝から来るイースターと聖週間

 

火災に遭ったノートルダム大聖堂
聖週間を祝うカトリック信徒 (C)   AFP BBNews

先月4月14日にフランスのパリにあるノートルダム大聖堂で大規模な火事が起こったようです。火災の原因は事故の可能性が高いとのことですが、一部ではフランス政府の自作自演だとの情報もあるようです。

火災が起きたこの時期は、「聖週間」と呼ばれる行事が行われていたようですが、この「聖週間」とは「イースター(復活祭)」の前日までの一週間、イエス・キリストの受難と死とを偲ぶというカトリックの行事なのだそうです。

火災を見届けていたパリの市民たちは、この聖週間の奇跡を願って「アヴェ・マリア」を唄ったとのことですが、その「聖週間」の「カピロテ」という帽子をかぶって行進をする様子は悪魔崇拝者の式典のようです。

そもそも、「イースター」とは本来は異教の女神のお祭りであり、聖書に基づいたものではないようです。

(さらに…)

ローマ法王を未だに純粋な聖職者だと思っている人は、彼がどれだけ悪であるかを知るべきです

「ローマ法王」の画像検索結果

ここ数年、バチカンによる性的虐待のニュースが取り上げられることが多い中、未だに現ローマ法王フランシスコを純粋な聖職者だと信じている人がいるようです。現ローマ法王はまるで何も知らないかのように振舞っているようですが、彼とて例外ではありません。現ローマ法王にも幼児虐待及び人身売買のかどで有罪判決が下されていますが、マスコミはこのことについてほとんど報道をしていないようです。

ニュースなどを観ても、多くの人が法王を慕っている様子が伺えますが、彼の正体は裏で悪魔の生贄儀式に参加をする悪魔崇拝者であり、「イエスはサタンの子」「聖書は嘘」等の発言をする反逆者であり、TVに映し出される姿は偽善でしかありません。

バチカンによると、法王には誕生日を祝う5万通以上のメールが寄せられたのだそうですが、陰で悪魔に生贄を捧げ、虐待を繰り返している偽の聖職者の誕生日を祝う理由はどこにもありません。 (さらに…)

サタンの趣味、娯楽に満ちた世界(2)悪魔をヒーローにするイルミナティ

 

「ヴェノム 映画」の画像検索結果関連画像

どこからどう見てもサタンです。正義なのか悪なのかわからない。

 

映画鑑賞は割と好きであった管理人ですが、この頃は全く観ていません。(観ようとしても古い映画が多い)ここ何年も、いや10年以上も理解不能のヒット作が多すぎます。イルミナティがもうネタ切れなのか、サタン的な表現が露骨になっており、「霊感」が強いわけでもなく、波長の悪さに敏感である訳でもなく、バイオレンスや口の悪さや悪態などで傷ついて波長が乱れるというような繊細さはないような私でもさすがに気分が悪いです。明らかにサタンを表しているような作品が量産され続けています。近頃のイルミナティはこのようなものに親しみを持たせようとしているようです。 (さらに…)

カバラ生命の樹 / アインソフとは  

 

生命の樹(アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」より)

 

創世記第二章 十五節~十六節

 主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。

 主なる神はその人に命じて言われた。「あなたは園のどの木からも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう。」

(旧約聖書 口語訳)

 

スピリチュアル系を検索していると「カバラ生命の樹」というものを見かけますが、この「カバラ生命の樹」とは一体何なのかと思い調べました。

調べてみると、「カバラ」とは「神」から生み出された、ユダヤの神秘思想であり最高の叡智であり、このカバラの「生命の樹」とは、聖書の「命の木」のことなのだそうです。

そしてそのカバラの「生命の木(セフィロトの木)」は、10個の「セフィラ」と22個の「小径」からなり、一つ一つのセフィラは「神名」を持ち、一つのセフィラにつき一人の「守護天使」(大天使ミカエルなど)がいるのだそうです。 (さらに…)

クリスチャンの奇跡の動画とイスラム教の嘘について

 

「イスラムの本では死刑に値することです」(こちらより転載)

私のブログの記事の中に時々YouTubeのクリスチャンのチャンネルから動画を転載させていただいてますが、私はこのような(特に奇跡を起こして回るような)クリスチャンの動画の内容の全てを信用することはないようにしています。 (さらに…)

『ザ・シークレット』が2000万部売れても世の中が変わらない

 

ザ・シークレット  ハードカバー – 2007/10/29

 

2007年に出版され、50か国で訳され、2000万部以上売り上げた『ザ・シークレット』の大嘘についてのまとめ。

この本は世界中で読まれたのだそうですが、世の中は全く変わっていないようです。それは『ザ・シークレット』の内容が嘘であり、語っていることが「秘密」でも何でもないからだと考えられます。

『ザ・シークレット』の著者や「偉大な師」たちがが言うには、自分の周りで起きている良い出来事も悪い出来事も、すべては自分の考えたことが引き寄せられたのであり、それらの出来事を全て自分の責任だと認め、「悪い考え」や「悪い感情」を自分の中から追い払い、常にポジティブ思考で生きることを選択しなさいという事ですが、本当にそうだとしたら、世の中の人の多くが神経症に陥ると思います。

(さらに…)

偽宇宙人バシャールとその仲間たち(3)HAPPYとお仲間の神様商法 

 

関連画像
ロスチャイルド=赤色。太陽の絵が飾ってあります。太陽信仰=悪魔崇拝。

ダリル・アンカというイルミナティのエージェントの霊媒を通して現れた、バシャールという未来から来た宇宙人という大嘘の悪魔の「いつでも完璧なタイミングで必要な情報がもたらされる」という情報の嘘と「起こるべくして起きた」対談者についての第3弾です。

今回はHAPPYという「引き寄せマスター」とその仲間の3人(LICA、FUMITO、YACO)やその仲間の霊能力者などについてと、バシャールが語っていた嘘をまとめました。 (さらに…)

イルミナティバシャールがMr.都市伝説、関暁夫と対談 無駄な抵抗を・・・

Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談単行本 – 2018/12/25
未だにこのイルミナティのただのおじさんを宇宙人とコンタクトができる人だと思って黒い三角形のUFOがバシャールの宇宙船でバシャールという宇宙人が本当に存在していて生まれ変わりや「引き寄せの法則」が本当にあると信じている人はこのまま行くと人生無駄にしたと後悔して終わります。 (さらに…)

偽宇宙人バシャールとその仲間たち(2) さとうみつろうと宇宙人とイエス・キリスト

 

「さとうみつろう」の画像検索結果ダリル・アンカとさとうみつろう

 

すべてが完璧なタイミングで、皆さん方に必要な情報をお届けしているらしい、バシャールという、300年か3000年もの未来から来た宇宙人との対談相手についてのまとめ、今回はさとうみつろう。

さとうみつろうは、バシャールという存在を信じ切って、自分が「宇宙人コンダクター」であり、地球で一番最初に宇宙人と会うことになる歴史的人物だと思い込んでいるようですが、宇宙人は存在していませんし、バシャールという存在もダリル・アンカの大嘘でしかありません。 (さらに…)