Before you read

当ブログはほぼすべて長文になっております。あらかじめご了承ください。

マイケル・ジャクソン死の真相 マイケルは98年(39歳頃)から偽者だった ソニー闘争、裁判、子供、死亡まですべて偽者の茶番   

 

 

(2024年3月2日 更新)

前回(2003年3月)マイケル・ジャクソンが生きている説とすでに死んでいた節についての長文記事を書いた後で、まだまだ疑問が残っていたところやモヤモヤしていたところを書いてまとめた記事です。

マイケルは2000年代にはすべて別人だと書いた後に、さらによく調べると98年頃から別人、2002年頃からソニーと争っていたのも、この世の陰謀について訴えていたのも、バシールが監督したドキュメンタリーに出演していたのも、小児性愛で裁判に立たされていたのも、2009年に死亡したのも、子供たちも、すべて偽者の茶番だった。

98年頃から現れた奇妙な偽者たちのせいで、マイケルは小児性愛の疑いがある、気持ちの悪い、怪しげで不気味な男のように世界中で思われ、整形中毒になったと哀れに思われれ、はげた、鼻が崩れたなどおかしなところををからかわれ、主に顔についてネタにされるような笑い者になってしまった。

本物は整形中毒でも小児性愛者でもハゲでも変な顔でもありません。整形のしすぎで顔が崩れたり鼻がもげたという事もあり得ません。ただ偽者が変だっただけです。 (さらに…)

マイケル・ジャクソン生存説と2001年頃に既に死亡説 大やけどをして指を切断してデイブ・デイブになりすまし?

(2023/11 /05 更新)

※かなりの長文になっておりますのでご注意ください。

 

マイケル·ジャクソンが生きているという情報を見かけたので、それについて調べた事と、マイケル・ジャクソンの死亡に関していまいちよくわからないままだったことと、詳しく知らなかったところを自分なりにまとめた記事です。

最近、マイケルはデイブ・デイブというアメリカのアーティストに成りすまして生きていたという情報を発見、その「マイケルそっくりのデイブ・デイブ」が出演した番組を確認してみると、確かに声はマイケル・ジャクソンそっくりでした。

動画は2009年(マイケル死亡の報道からしばらくして?)のもののようです。放送後、マイケルにそっくりだという問い合わせが殺到したらしい。

デイブ・デイブは、幼少の時に父親から殺害未遂で大やけどを負ったアメリカのアーティストだそうで、その事件を知ったマイケルは、彼のやけどの治療費を負担し、父親のように面倒を見てあげたのだそう。

そんな彼の父親のような存在であったマイケルが、デイブ・デイブに成りすまして、自分がまだ生きているという事をほのめかしたとでも言うのか。彼は殺されたはずではないのか。不可解なので調べました。 (さらに…)

カニバリズムと菜食とハリウッドの生贄について。(改題)

 

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017年)

 

(閲覧注意)

スピリチュアル系にハマった人は、「自分目の前の現実はすべて自分で創り上げている」、「自分の考えをポジティブにさえすれば何でも可能になる」、「ネガティブなことを思うから出来ない、出来ると信じればどんな奇跡も起こすことができる」と心から信じているようです。(その他「自分が変われば世界が変わる」と偽宇宙人カルト「バシャール / ダリル・アンカ」と親しい「須藤元気」なんかがよく言っているようですが)

そしていずれはスピリチュアル教祖の「チャネリング」などを通して現れる「高次元の存在」の正体が明らかになり、ゆくゆくは宇宙人と人間がコンタクトを取れるようになる等と信じてワクワクしているような人たちもいるようですがそのようなことにはなり得ません。そのようなことを信じているお花畑の人たちが未だに存在している事には開いた口が塞がりませんが、スピリチュアル系のファンは「現実を創り上げる」という以前に「現実」を正しく理解しておらず、騙されているだけであると思われます。 (さらに…)

超能力者と魔術師について

 

(2023/2/07  更新)

日本では1970年代から80年代にかけオカルトブームが起こり、スプーン曲げを行う「超能力者」が注目を集め、トリックを見破られてから超能力ブームは終息、当時注目を集めた「超能力者」たちは次々と姿を消したようです。(それなのに、なぜか「ユリ.ゲラー」だけは生き残っている様子。)彼らは「スプーン曲げ」を特別な能力を持って曲げているように語っていた。スプーン曲げは特殊能力を持たなくても誰でも簡単に出来るただの手品です。 (さらに…)