Before you read

当ブログはほぼすべて長文になっております。あらかじめご了承ください。

「歌舞伎座の呪い」は存在しない 中共の歌舞伎座乗っ取り疑惑 市川猿之助、香川照之親子、松たか子、海老蔵など偽者揃い 

 

 

10月20日、両親に睡眠薬を服用させ自殺手助けした罪に問われている歌舞伎役者の市川猿之助(本名、喜熨斗孝彦)被告の初公判が東京地方裁判所で開かれ、検察は市川猿之助に懲役3年を求刑しました。

市川猿之助は出来るなら歌舞伎座に復帰したいと話しているようです。それを聞いた一般人からは「許さない」「親を殺して3年は軽すぎ」など批判の声が上がっています。

 

そもそも市川猿之助は影武者だらけです。本当に血のつながった親子が自殺をしたのか疑わしい事件です。

睡眠薬で死ねないとも言われており、それだけ大量の処方薬をどうやって手に入れるのかも謎です。その他証言にも矛盾があったのですが、結局警察は他殺の可能性を認めず、市川猿之助を逮捕。

 

当ブログで以前にも猿之助一家の自殺についてと澤瀉屋の問題について(香川照之親子が乗っ取りの偽者である疑い等)書きましたが、更によく見ると他の歌舞伎役者も偽者ばかりです。

 

2011年から歌舞伎座の建て替えが始まってから、歌舞伎界では死亡者数の増加や歌舞伎役者の事故など、不吉と思える出来事が続いたため、「歌舞伎座敷地内にある稲荷神社を壊して巨大なビルを建てたから呪いにかかったのではないか」と恐れられているようです。 (さらに…)