スピリチュアルな人たちと災害について これまでのまとめ

 

お正月は参拝客でにぎわう神社仏閣。日本の伝統文化と信じられていたものは悪魔崇拝でした。

今年はコロナ騒ぎで始まり、コロナで終わる一年でしたが、

「私」の(観念の)何がいけなかったのでしょうか。

現在コロナ騒動によって失業者や自殺者が激増しています。

世の中はどんどん暗くなっていくようです。

誰がこんなリアリティを創造したのでしょうか。

それとも「本当の自分」を生きているスピリチュアル系の方々方は、このリアリティとは別次元で生きていて関係がないのでしょうか。

「自分の現実や、自分が接する人々は自分の写し鏡である」スピリチュアル教祖様は仰いますが、では現在このコロナや悪政によって人々が苦しめられているリアリティは、「私」の何を映し出していると仰るのでしょうか。

「自分がリアリティを創造する」とか「自分が現実世界の創造主」と言っても、誰もこの世界で自分一人だけで生きてはおらず、誰もが同じ次元で生きていると思うのですが。(この現実世界ではあなた一人しかおらず、その他にあるものは全て幻想だ等と洗脳するスピリチュアル教祖もいるようです。)いつでもポジティブで思い通りの現実世界を生きるスピリチュアルな方々は一体どこにいるのでしょうか。

「一人一宇宙」という人がいますが(震災予言が良く外れる自称サイキックの「ゲリー・ボーネル」など)、ではこの現実にいるスピリチュアル系の方々も、自分の現実が作り上げたバージョンのその人であり、「本当の自分」である完璧な方のその人は別次元で幸せに生きているという事でしょうか。

それとも、自分が創造主であり自分一人ですべて思い通りに幸せに生きているはずのポジティブなスピリチュアル系の人たちなども一緒にコロナに苦しめられているとしたら「私」のせいでしょうか。「私」がろくな「観念」を持っていないせいで、巻き込まれているという事なのでしょうか。

「観念」だの「ポジティブエネルギー」だの言う前にあまり知識がない方が多いようですが・・・・・(特に若い人は・・・・・)

とにかくいつでも良いことを引き寄せているスピリチュアル系の方々は、このコロナ騒ぎも多くの会社や店舗の閉店も、自殺者の増加も、悪政にも関係なく、天国のような、いつでも思い通りの人生を歩んでいるのでしょう。別の次元で・・・。(?)(「パラレル・リアリティ」とか「多次元宇宙」とか言ったような・・・・・。)スピリチュアル系の話は人々の脳を混乱させます。

 

スピリチュアル系の教えによると、「周りの人や現実がどうであろうと、ひたすら自分の事だけを考えていればいい、自分がワクワクすることを考えて実践し、ポジティブに生きれば自分も世界も変わる」と言われているようです。

そのため 周りでコロナ騒ぎが起きようと、マスク不足が起きようと、倒産が相次ごうと、自殺者が増えようと、とにかく自分の事だけを考え、わくわくと生きれば、自分はその影響を受けずに繁栄し、マスク不足も経済的打撃も受けず幸せに生きられるのだそうです

確かに前向きな努力などは良い事だと思いますが、倒産した企業の社長やお店の店長はそれ程までにネガティブな人であり、仕事を一切楽しんでなどおらず、不満や不安な人生を生きていたが故に不幸が引き寄せられたというのでしょうか。

政治家が悪政ばかりするのも、支配層が庶民を苦しめるのも私たちの観念のせいで、善も悪もすべてを愛して感謝をして文句ひとつ言わずに笑顔で過ごしていればやがて悪は浄化されるというのですか。しかし失礼ですがそのように語る人がどうも怪しいと思える人が多いようです。

 

マスコミは報じませんが、ネット上ではコロナは嘘で茶番であることが明らかになっています。しかしいつでも「ハイヤーセルフ」等からメッセージを受け、常に霊感が冴え、スピリチュアル第一線で活躍するような「サイキック」の方々は、コロナは嘘であることを見抜くことはできないようです。

 

日本各地で緊急事態宣言で自粛を要請されている中で、今年の4月に安倍昭恵が大分県へ旅行をしたことが報道され、批判を浴びていましたが、

大分県へ旅行した安倍昭恵夫人。「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。」

その旅行の主催者である「松久正」は、コロナウイルスについて以下のように語っています。

 

「コロナは物質じゃない、目に見えないエネルギー体」
「マスク、隔離して防ぐものではないの、エネルギー体なの。」
「必要なところに生まれて必要じゃないところでは消えるのです」
「じゃどういう所が必要で現れるのかというと、不安と恐怖がいっぱいのところ。」
「インターネットやメディアなどの情報で不安と恐怖で一杯のところに、あなた、気づきなさい、学びなさい、エネルギーを上げなさいと言って目の前に急に現れる、マスクしてる口の中に急に現れる、隔離している部屋の中に急に現れるの」
「ウィルスは役割を持って私たちに学ばせてくれる悪役(「わるやく」と言っている)。この世の中には悪役(わるやく)はいるけど悪者はいないの。」
不安と恐怖の感情でいっぱいになっている人は、マスクをしていようと隔離をしていようと感染し、詐欺師だろうが人殺しだろうが不安と恐怖などの「ネガティブな感情」を持っていない人は感染しないという事ですか。何を気付くようになるのかよく分かりません。
このようなスピリチュアルの嘘や、安倍昭恵の夫である安倍晋三が行った悪政の数々によって何を学ばせていただくのかよく分かりません。安倍晋三夫妻のような人物は、数々の悪政を行っていても不安と恐怖のネガティブな感情を持たない冷血な人間であり、常に悪のエネルギーが上がった状態でいるから新型コロナウイルスの影響は受けずにマスクも隔離も自粛も必要ないという事なのかもしれません。
今年12月8日~10日にもスピリチュアルな旅行を楽しむ安倍昭恵。
この大分県の旅行の主催者である「ドクタードルフィン」こと松久正という人物もかなり怪しげです。これでも慶応大学医学部卒の整形外科医なのだそう・・・・・・。
安倍昭恵も親しむスピリチュアル系は、悪人や悪と呼ばれるものは存在していない等と耳ざわりの良さそうなことを言って人々の様々な罪悪感や悪をなかったことに出来るような安心を与えているようです。どこからどう見ても悪人は存在しているのですが。
そのようにして彼らは「悪は存在しない、悪ではなく私たちに学ばせてもらっている役割を持つ存在」「悪魔なんかいない」と悪魔の存在を人々に知られないように導いています。その反対に、本当の神を知られないようにも導いています。スピリチュアル系の霊能力はほとんどが悪魔崇拝によるものであり、本当の神や天使からのものではありません。
この世を支配しているのは悪魔崇拝者であり、善良な人間が、イルミナティに都合の悪い真実を発見したり、彼らの悪について暴露しようをすると殺され、マスコミなどとグルになって事件をもみ消されてしまうような現実世界であるのに、スピリチュアル教祖は、彼ら悪人をも自分の責任だと考え、彼らを愛すれば悪は消えてなくなり、世の中は良くなるとでも言うのでしょうか。
参照
コロナはイルミナティ、創価学会の茶番のようです。
「コロナはただのインフルエンザ」の画像検索結果

コロナパンデミックが起きているところは、スマートシティ計画が進められています。ユダヤ人は緊急事態宣言によって経済を破綻させ、それらの土地を安く買いたたいて強奪しようとしているようです。

ウイルスも、医療崩壊も、感染者数も全て嘘。

コロナパンデミックは自然発生したものではなく、この世を支配しているイルミナティ李家(ユダヤ人)、創価学会などの支配者によって人為的に起こされた事件。

参照

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!! | Kawataのブログ

 

【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!!|YouTube

RAPT理論よりー【安倍晋三の悲願】憲法改正後の日本は朝鮮王朝〈李家〉による独裁国家!!|YouTube

1720年ペスト、1820年コレラ、1920年スペイン風邪、2020年コロナウイルス イルミナティは100年ごとにパンデミックを起こす


「RAPT理論」によるコロナに関する動画は、YouTube運営から勝手に削除されたようです。




YouTubeで削除された動画はVimeoにUP、Vimeoでも数日で削除されたようです。

 

VimeoKAWATAとNANAのRAPT理論

 

1080p(最高画質)

無料大容量 ファイル転送サービス GigaFile(ギガファイル)便

720p(高画質)

無料大容量 ファイル転送サービス GigaFile(ギガファイル)便

解説記事

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!! | Kawataのブログ

 

 

画像

「創価学会」は、学会のため、「池田先生」のためなら犯罪を犯しても構わない、学会のためならそれは犯罪ではないと考える悪質なカルト宗教。

集団ストーキングなどの嫌がらせを行って、脱会者を徹底的に叩き潰し、自殺にまで追い込む。さらに学会の利益の害になる者には「仏敵」と称して呪詛をかける悪魔教。

 

創価学会は、集団ストーカー犯罪の常習犯。

 

RAPT | ベネッセ・ユニセフ・外務省・皇室・創価学会との奇妙なつながり。この日本はごく一握りの人間によって支配されている。

RAPT | 天皇こそがこの日本の最高権力者であり、それを裏から支えてきたのが創価学会です。

RAPT | 創価学会「広宣部」は個人情報盗難のプロフェッショナル。盗聴・盗撮・尾行・情報収集・攻撃の請負人たち。

RAPT | 悪魔崇拝と創価学会との関連性について。これまでの簡単なまとめ。

RAPT | RAPT有料記事513(2020年11月14日)創価学会による集団ストーカー犯罪について、知恵をもって賢く情報拡散し、彼らを追い詰めていきなさい。

 

そのような悪人が存在するのも「すべて自分の責任」であり、「自分の写し鏡」であり「自分が創造した現実」なのであるから、それらすべてを自分の責任と認め、受け入れ、赦す心ですべてに感謝をすればこの世は魔法のように素晴らしい次元へと上昇するとでも言うのでしょうか。
コロナパンデミックの情報を拡散した後、Googleで検索をしても、RAPTさんのブログやその他コロナの嘘について情報を拡散しているサイトが表示されなくなっているようですが(当ブログを検索しても表示されません。)このような結果になったのも自分の信念の弱さや間違った観念のせいなのでしょうか。何も間違った情報ではないと思いますが。明らかに言論弾圧です。
「あなたの信じた通りになる」ともよく言いますが、そのこの世の裏側にいる悪魔崇拝者は私たち一般庶民が思いもしない、信じられないような悪を行い、サタンから私たち凡人が知りようもない霊力や知識を得ているようですが・・・・・・それらも私たち凡人の観念や潜在意識が原因だとでも言うのでしょうか。
「どんな現象も、自分がそれに与える以外の意味を持たない。(現実は中立である)」と言いますが、悪魔崇拝の事件のような、どんな惨い現実も中立であり、「あなた」の「リアリティ」に起きたままであり、後はそれに「あなた」が意味を与えるだけであり、その与えたものがあなたに返ってくるから、何事もポジティブな意味を与えなさい、そうすれば何も悪いことなど起きず、ポジティブな現実が鏡となって帰り、悪に見えたものは幻想のように消え去りますという事ですか。
エリザベス女王やローマ法王などの世界のトップたちがルシファーを拝んでおり、悪魔を崇拝することで悪魔から霊力やサタンの知恵を授かり、生贄として子供たちを誘拐し、子供を虐待してその血を飲んで皮膚を(生きたまま?)剥いでその皮膚を使って靴を履いて満足しているという現実を、数十年程度生きただけの庶民の人生を生きている「私」のどんな思考によって作り上げられたというのでしょうか。
それらも全て「私」の反映であるというのですか。彼らスピリチュアル系は「あなた自身が神なのです」「あなたが現実の創造主です」ともよく語ります。それなら誰も苦労しません。そんな出鱈目を信じる人はまず神について聖書を読んで学んだ方が良いと思います。
それとも「神」も「悪魔」もあなたの作り上げた幻想とでも言うのでしょうか。「私」の無意識にはに計り知れない無限の能力や想像力があるようですね。そんなわけないでしょう。
ルシファーとは神に反逆をした元天使長のことであり、神が創造した人間を憎み、苦しめることが生きがいでしかない存在なのですが、その反逆の歴史も人間の想像に過ぎないというのですか。
天地創造をなされたのは人間ではなく神様です。「私」にそんな力があるなら何も苦労しません。

「あなたはすべて知っています」「それを思い出すだけです」ともよく言いますが知りませんよ何も。すべて知っていたらわざわざ後悔したり苦労しません。

そのような話を真に受けたスピリチュアル好きの人が、「自分は神だ」とか「宇宙を動かす力を持っている、どんなことも可能」等と宣言したら、それを聞いた本当の神様はどうなされるでしょうか。恐ろしいことになる前に止めた方が良いと思います。

偽宇宙人バシャールなどは、「すべての出来事にもともと持っている意味はない、あなたが意味を与えるのです」とよく語っています。

ではこの世のトップによる悪魔崇拝や幼児虐待や人身売買の情報を見て、どうとも思わずに、「反応」はせずに、「自分の身に起こるどんな悪やトラブルも全て、もともと持っている意味はないのです、さあポジティブな意味を与えてごらんなさい、ポジティブな結果が返ってきます」というのですか。

恐ろしいと思ったけど、自分の思い込みだった、自分のネガティブな思いによる勘違いで何も悪いことなど起きていないのだとうような結果にでもなるというのですか。それともいつものように「私の観念が悪いからこのような事が引き寄せられた」とでも言うのか。

悪など存在しない、すべては不安や恐れによる幻想だと信じて、善も悪も全て愛すれば魔法のように世界が変わるというのですか。恐ろしい。

それを真に受けたお人好しな人が厄介なことに巻き込まれたら、「それはあなたの信念の強さが足りなかった」とか、「まだあなたの観念に恐れや不安がなどのネガティブな要素があった」、「何か間違った観念がないか、もっと自分の心に聞いて調べること」とでも言うつもりなのでしょう。気味が悪い。清濁併せ吞んで死亡。かようにスピリチュアル系は巧妙に自分の言ったことの責任を逃れられるようになっているようです。

スピリチュアル系の教祖は、これまで人類はただ「恐れ」や「不安」などの人間の勝手なネガティブな信念や思い込みのせいで自分で自分の首を絞めてきた、だからこれからは完全に「宇宙」(或いは「自分」)を信じて、起きることすべてにポジティブな意味を与え、どんな悪い出来事でもポジティブにとらえ、自分の思い通りの世界を作り上げればいい、あなたが「今、ここ」で天国を作ればいい、と語っているようです。

地獄から来た悪魔教が基礎であるスピリチュアル系に聞き従ったところで天国など作れません。

彼らスピリチュアル系教祖は「神」や「高次元の存在」等に従ってワクワクと幸せな人生を送っているように装っていますが、実際は悪魔崇拝者であることが多く、イルミナティの家族として生まれ育ち、一生をサタニストとして生き、最期は地獄へ迎え入れられるような人だったりするので要注意です。

スピリチュアル系は「宇宙人とも話ができる」とか「宇宙人からメッセージを受けました」などと主張しますが、宇宙人は存在していないようです。
,
この世の創造主である神は宇宙人は創造していないようです。聖書を読んでも宇宙人らしき記述は何処にもありません。
スピリチュアル系の教祖様は、聖書を持ち出しては「これはこういう意味なのです」等と勝手な解釈やこじつけをよくしているようですが、それは止めた方が良いと思います。いずれ恐ろしい事になるのかもしれません。
チャネリングを通して現れるバシャールという偽宇宙人(悪魔、悪霊)も、古代から高度な技術が存在していたことについて語ることはありません。イルミナティはそのような事実を庶民に隠しておきたいために、オーパーツなどは宇宙人がやってきてそれらを作った(或いは作る手伝いをした、アドバイスをした等)とか、かつて「古代宇宙人」が存在していて、それを祀ったことが宗教の始まりだとか、古代人は宇宙人とコンタクトを取っていた、などという出鱈目を語って人々に嘘を吹き込ませようとしているようです。
髑髏のオーパーツ(こちらより転載)
関連画像
バシャールの公式サイトで販売されたオーパーツそっくりの Crystal Skulls ($44.95) 。悪魔崇拝や生贄を思わせるデザインです。これを持っていたらさぞ幸せなことがあるのでしょう。いいえないと思います。
バシャール / ダリル・アンカはそのような洗脳詐欺を行う役割を担うイルミナティのカルト工作員です。
,
上:イルミナティのロゴ 下:バシャールのロゴ
参照
さらに宇宙人系のスピリチュアル教祖(バシャールなど)は、世界中で増えている誘拐事件も宇宙人のせいにするつもりのようです。かようにイルミナティにとって宇宙人という存在は、自分たちの悪事や真実を隠すのに都合がいいようです。
誘拐は人間によって行われている犯罪であり、誘拐された子供たちは悪魔崇拝者の生贄などに利用されている疑いがあります。
参照
宇宙人系スピリチュアルは霊や神の存在について語りません。とにかく「すべては一つ」であると言い、すべては「私」の観念や思考、潜在意識が原因だから、ネガティブな思いなどは一切捨ててポジティブに振る舞い、宇宙を完全に信じて生きろ、そうしてあなたがこの世を天国にしろと言わんばかりです。
スピリチュアル系の教祖たちは、次々とコロナウイルス関する本を出版しているようですが、どなたも言っていることは同じのようです。

新型コロナウイルスへの霊性と統合 並木良和

 

(内容紹介より)

中国・武漢を発端に全世界に急激に広がった新型コロナウイルス!!
コロナウイルス発生の原因とは?今なぜこの現象が起こっているか?
日本政府はどう対峙するべきか?そして中国はどうなるのか
並木良和氏と矢作直樹先生が明かしていきます。

この事件をきっかけに、改ざんされた歴史に疑問をもつことで、
特定の組織に動かされていた私たちの意識も解放されていきます。

【目次】
第一章新型コロナウイルスの発生
新型コロナウイルスはどこから来たか?

第二章ウイルスとの付き合い方
ウイルスは不安や恐怖を吸収して増殖している
人間は寿命までは死なない、その覚悟が大事
波動を順調に上げている時こそ、恐怖や不安でドーンと波動を落としてくる
コロナウイルスの意識に話しかけることで、活性化が終息する

第三章中国共産党政府から足抜けを
韓国を支えるみずほ銀行、その裏にも中共政府が
魂を売らずにアメリカと歩調を合わせていれば、解決する
中共政府は既に役目を終えた、イルミナティの代行者の意を体したアメリカによって
潰される運命
一旦、中共政府と縁を切りましょう
あなたは覚醒めている人のいる世界に住みたいですか?それとも違う世界に住みたい
ですか?
コロナウイルスに恐怖を感じている人は国民の8割

第四章近現代の真実
霊性とスピリチュアルの違い
歴史の真実は改竄されている!殺された坂本竜馬は別人だった
真実の大正天皇像
日本がアメリカより先に原爆を開発したが、天皇が使用をお止めになった
日本人のお役目
不安や恐怖を払拭した集合意識になれば、真実はみえる

(転載ここまで)

 

そもそもコロナウイルスは存在しない嘘なのだから、霊性も何も関係ありません。霊能力者はコロナが嘘であることはわからないようです。或いは、イルミナティの嘘であると知っていて、グルになってこのような出鱈目を話しているだけなのかもしれません。

帯で宣伝をしている矢作直樹は天皇崇拝者です。天皇は悪魔崇拝者です。悪魔崇拝者がお勧めする本を信用することはできません。

参照

RAPT | 天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。

RAPT | 古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで。

RAPT | 天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。

RAPT | 天皇家が悪魔崇拝に関わっているとしか思えない幾つかの理由。

 

RAPT | どの角度から見ても「天皇」こそがこの世界の悪の頂点です。

 

天皇家の悪魔崇拝儀式に18億6600万円(税金)

RAPT | 天皇が行う「大嘗祭」はまさに悪魔崇拝そのものです。

天皇制の廃止を祈ります。

 

癌は嘘の病気です。人間が1日にできる癌細胞は3000〜5000個 。 毎日がん細胞が発生しても、いずれ死滅するようになっています(アポトーシス【apoptosis】)。その癌を不治の病だと嘘をつき、抗がん剤で癌の症状を作り上げ、医者が抗がん剤で苦しんでいる患者に対して薬剤をさらに投与するというマッチポンプであると思われます。そして医療業界とガン保険会社が儲かる仕組みのようです。

参照

RAPT | RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT | RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

RAPT | RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

RAPT | ガン利権と保険金不払いで儲けるアフラック。黒いアヒルは彼らそのもの。

 

がん保険会社「アフラック」の広告。

 

『新型コロナウイルスへの霊性と統合』によると、

 

「ウイルスは不安や恐怖を吸収して増殖している」

「波動を順調に上げている時こそ、恐怖や不安でドーンと波動を落としてくる
コロナウイルスの意識に話しかけることで、活性化が終息する」

 

のだそうですが、コロナウイルスは嘘なので、一般人の感情などに何の因果関もありません。インフルエンザ患者やその他以前から病状がある患者をコロナウイルス感染者数や死亡者数に計上しているだけです。

 

そのようにして存在もしないウイルスに感謝したり話しかけたりしたら、頭のおかしい人と思われてしまいます。それでは解決になりません。

 

ここしばらく見かけなかったスピリチュアル系に人気の「ウイリアム・レーネン」も同じような話をしています。スピリチュアルでお馴染みの「ヒカルランド」から動画が配信されています。

 

【配信動画販売中‼】ウィリアム・レーネン「コロナはここにいる」セミナー動画(2020/5/12収録) – YouTube

5月12日(火)に開催された、 ウィリアム・レーネン氏によるセミナー動画を緊急配信‼ 題して、 「ここにコロナウィルスがいる」 テーマは、 コロナウィルスとの無闇な戦いを避け、 むしろウィルスの存在そのものを愛することで、 共存の道を見つけだすこと! 大事なのは、人生を楽しみ、自分の直感を信じる生き方 コロナ時代を生き抜いていくために必要なことを、 ウィリアム・レーネン氏が底なしの愛で優しく説く!! ▽配信動画の購入はこちら http://hikarulandpark.jp/shopdetail/0… ▽『アフターコロナと宇宙の計画』(ヒカルランド刊) ウィリアム・レーネン著 伊藤仁彦訳 2020年7月下旬出版予定!(YouTube より転載)

アフターコロナと宇宙の計画 | ウィリアム・レーネン, 伊藤 仁彦 |本 | 通販 | Amazon

アフターコロナと宇宙の計画 単行本 – 2020/7/22

 

(動画より抜粋)

ウイリアム・レーネン:

「ウイルスは闇で、皆さんは光、ウイルスを敵にして排除をする人は、逆にウイルスにエネルギーを与えている。」

「ウイルスを責めることはしないで、愛してください、ウイルスそのままを。」

「そうすれば彼ら去っていく。」

コロナは愛によって突然変異することもあり得る新種のウイルスのようです。

ウイリアム・レーネンの新刊『アフターコロナと宇宙の計画』によりますと、以下のような事が書かれてあるようです。

 

「宇宙と銀河の至高のリーダーが、階級・奴隷制度を壊すツールとしてウイルスを利用している」

「宇宙と銀河の至高のリーダー」とはどちら様ですか。

階級制度を壊すどころか、支配者がさらに貧富の格差を広げているように思われるのですが・・・・・・。

「世界家族(戦争のない世界)を創造するのが宇宙の意図で、ウイルスは人類を目覚めさせるために使われている」

「宇宙は地球を救うために、ウイルスを使って人口を減らそうとしている」

 

「世界家族」や「統合」と言われるとまるでNWOを目指していることを仄めかしているようにも聞こえなくもないのですが。

今回の災害もまた「地球の意思」や「宇宙の意思」なのだそうですが、何から地球を救うためにそれほど多くの人々に死んでもらわなければならないのですか。「宇宙」は「ネガティブなエネルギー」から地球を守るためにネガティブな人間から「始末」するつもりなのでしょうか・・・。

人間のネガティブな思いは地球を破壊させるほどの恐ろしい力があるという事でしょうか。人間を始末して、地球は残す・・・というよりその他の生物は残しておくらしい。

 

ウイリアム・レーネンが言うには、「向こうの世界」から見たら、人間に生まれた時が「死」であり、皆さんの死ぬ時が「向こう」にとっての「誕生」であり、「ハイヤーセルフ」や「魂」にとっての誕生なのだそうです。そのほか、この動画以外でも、「死んだらスピリットは平等に扱われ、誰も地獄になど行かない」とも言っているようです。「自殺はその人の選択肢」とも言っており、自殺を肯定しているようです。

だから「地球」に殺されたとしても心配することはないという事でしょうか。あるいはその人の背負っている「カルマ」がそのような結果を招いた等と言うつもりなのかもしれません。

しかし自分が死んでから、信頼していたあの人は嘘を言っていたのだと気が付いても遅いと思います。

 

レーネンさんもご多分に漏れず輪廻転生があると説いています。しかし輪廻転生は嘘であり、自分の人生は一度きりのようです。

「人間は皆、前世のカルマを背負っている」という話も嘘であると思われます。「人は皆、カルマの解消のために、生まれる前にこの自分として生まれてくることを選んでいる」とか、「親を選んで生まれてくる」と言う話も根拠のない嘘であると思われます。「私はフランスが好きで、親しみを感じるから、前世はフランス人だったのかもしれない」という可能性もありません。残念ですが・・・・・・。

 

参照

RAPT | 「前世」はない。「輪廻転生」もない。その確固たる証拠。

RAPT | 偶像崇拝を強要し、輪廻転生はあると嘘をついた「釈迦」は、悪魔崇拝者だったのか。

RAPT | 「輪廻転生」の概念が悪魔から生まれた可能性について。または真に悟りを開いた人とはどんな人なのかについて。

 

コロナウイルスはイルミナティが作り上げた嘘です。コロナに罹ったり、コロナによって死亡するのは政治家や有名人ばかり。病院に行けばコロナ患者など見当たらず待合の椅子はガラガラ。彼らはグルになって庶民をだましているものと思われます。死亡者数も、感染者数も嘘。

 

人口削減と言えばビル・ゲイツ。嘘のコロナ・パンデミックを起こし、コロナウイルスワクチンを開発し、人口削減の実現を目指す。

 

アメリカ、14日からワクチン接種開始へ 新型コロナウイルス – BBCニュース

 

RAPT | RAPT×読者対談〈第113弾〉ワクチンも薬もただの毒。論より証拠。

RAPT | エボラワクチンは殺人兵器。投与した人のみがエボラに感染する仕組みです。

 

「ウイルスは光を生きている人の中には入れず、ネガティブな人に入り込み、ネガティブを餌にして、もっと強くなろうとしている」

「人類が目覚めなければ、人類は滅んでしまう。目覚めるための手始めが新型コロナである」

嘘のコロナパンデミックにより倒産や自殺者が増加しているのですが、嘘のパンデミックを起こしている悪人たちを愛して尊重すれば世の中は良くなるのでしょうか。

 

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!! | Kawataのブログ

 

ウイリアム・レーネンさんによると、皆さんが「全ての個性を尊重すること」や、「人生を楽しむこと」を学ばない限り、「次にまたコロナがやってくるときに本当にやられてしまう」のだそうです。ゆえにコロナウイルスを愛して感謝して、人生を楽しめば、コロナウイルスなどの災害は収束するのだそうです。

コロナウイルスは支配層の茶番なのですが・・・・・・。

「次」は来るのでしょうか。支配層が感染者数等をでっち上げているだけだと思われます。

 

いつでもポジティブに人生を楽しむこと、そうすれば世界は天国のようになるという事のようですが、それよりコロナが茶番であり、その茶番を行っている犯人を知らない限りは、何も解決に向かうことはないと思われます。悪人を愛しても、悪政をする政治家に感謝をしても状況は良くなりません。

スピリチュアル系は皆、「コロナを愛すること」だの、「今私たちが本当に目覚めない限りは救われない」というようなことを語っているようです。

存在しない、ただのインフルエンザと思われるウイルスを「愛してください」と言われても・・・・・・。

コロナウイルスは結局のところ、人々のネガティブな思いによって地球が危機に陥らない為に創造された愛と正義の新種のウイルスという事でしょうか・・・・・・。そんなウイルスは存在しません。

愛して感謝をすれば去って行き、敵対すれば強くなるというようなウイルスは存在しません。

 

かつてはスピリチュアル系の話にイライラと怒ったりしていましたが今はもはや笑ってしまう。と同時に未だにこのような話が愛のスピリチュアルなメッセージとして伝えられ、神様や霊的に秀でた人と崇められ商売が出来ているということに怒りを通り越してもはや勝手にしろという気持ちにもなります。

 

誰かに証明しよう、わかってもらおうなんて生き方、捨てませんか?ウィルスがどこから来たかを知ろうとする、ウィルスの感染を責める、もう止めませんか?何も達成しません。今、あらゆることを変えていかない、そうすればもっとこのウィルスは強くなり、もっと多くの人が大きな影響を受けるのです。(ウィリアム・レーネン:こちらより転載)

 

コロナウイルスなど存在していないので、そんなことは起こりません。根拠のない話で不安をあおるのは止めましょう。ウイルスがどこから来たかを知ろうともせずに、そのように「コロナウイルスが感謝や愛によって変異する可能性がある」等という話を鵜呑みにしていたら現実の対処になりません。

この世の裏側を知らない限り、いくら自分たちが愛情を持とうが、ポジティブに生きようが世界を変えることはできないと思われます。

,

 

なんでも原因を人々のネガティブなエネルギーや心や感情に結び付けるスピリチュアル系。

悪魔崇拝や悪魔の存在やこの世の支配者や嘘の才能などについてはスルー。

 

私たちがポジティブだろうがなかろうが、悪魔崇拝者は常に陰で悪魔崇拝を働き、悪人は悪を働いて庶民を苦しめているので、私たちのネガティブな感情などほとんど関係がありません。彼らイルミナティの思考の方がよほど悪質で強力です。私たち庶民が何人ポジティブであろうが、明るかろうが優しかろうが、おそらく彼らに影響はありません。むしろお人好しに付け込まれる可能性があるので気を付けた方が良いと思います。

そのような悪人の存在にポジティブな意味を与えて現実をごまかしても自分に幸運はないと思います。

それからスピリチュアル系や自己啓発等でよく「笑顔でいること」と言います。確かに笑顔も良いことでしょうが、詐欺師もいつでも明るい笑顔でいますし、誰よりも良い人を装っていますので、そのような詐欺師を詐欺師と気づかず信用して笑顔でポジティブに行動してもどこかで躓くと思われます。

「笑う門には福来る」「笑顔でいればいいことが~」とよく言いますが、問題を抱えながら、罪を犯しながらも笑顔でいたら問題や裁きは逃れられるという事でしょうか。苛められている人に言っても解決にならないと思います。

スピリチュアル系でも「現実は写し鏡なのですから、まずはあなたが笑ってください。そうすればそれがあなたに返ってきます」と言います。「何事にもポジティブにとらえ、怒らず不満を持たず、幸せでいること」と耳ざわりの良いことを言いますが、そんなことを人間関係に怒っている人や、何かがおかしいとモヤモヤ、イライラしている人に言っても聞かないでしょう。

そもそも、そのように語る人が悪魔崇拝の詐欺師なのですから、まずは悪魔崇拝と詐欺に気づかないとならないと思います。いつでも笑って詐欺師にお金を払い続けても幸せになることはおそらくありません。

 

スピリチュアル系は平和なうちは優しいような話や、耳ざわりのよい話を聞かせますが、いざ災いが起きた時に全く役に立たないようです。むしろおかしな話をするなどしてボロが出てしまうようです。

 

東日本大震災などの災害で、スピリチュアル系好きの被災者の方々はどれだけスピリチュアルな恩恵を受けたのでしょうか。おそらくほとんど役に立たなかったと思います。

むしろスピリチュアル系の教祖たちが怪しい(放射能関連の)商品販売などで被災者をも食い物にしようとしていたようです。

東日本大震災などの自身も人工地震がほとんどですが、スピリチュアル系はこれもまたネガティブなエネルギーが関係しているかのような話をするばかりでした。

彼らは人工地震であるという真実は見抜くことはできなかったようです。「ハイヤーセルフ」や「ガイド」はあまり役に立っていないかったようです。さもなければ知っていながら嘘をついたのでしょう。

 

RAPT | RAPT×読者対談〈第46弾〉人工地震3.11の目的は、天皇家による福島遷都に向けての土地の強奪。

RAPT | 「麻生太郎」こそ人工地震「3.11」と「熊本地震」を起こした主犯格である可能性大。

RAPT | TALK RADIO 〈Vol.10〉 北海道地震と大阪地震は100%人工地震である。 (真犯人は麻生太郎・安倍晋三・東出融)

RAPT | 「麻生太郎」一族が「関東大震災」「阪神大震災」「東日本大震災」の主犯であると見られる幾つもの証拠。

 

地震が起きたのはネガティブな思いのせいでも「アセンション」のせいでも運命でもありません。この先再び大地震が起きたとしても、それはイルミナティによる人工地震だと思ってほぼ間違いはありません。

私たちがどんな気持ちを持とうと、ほとんど何も変わりはありません。震災の予言をするサイキックなどがいたら、その人物はイルミナティのお仲間であり、地震を起こす日時を知らされているだけであると思われます。

2015年に再び地震が起きると予言して外れたサイキックのゲリー・ボーネル。

 

ゲリー・ボーネルは存在もしない宇宙人やUFOについても様々な嘘を語っているようです。

光のアカシャ・フィールド 超スピリチュアル次元の探求 | よしもとばなな, ゲリー・ボーネル |本 | 通販 | Amazon

その中で「宇宙人が遺伝子操作をして巨人が誕生した」などと語っていますが全て嘘です。

確かにかつて巨人は存在していたようですが、それは宇宙人の遺伝子操作をしたからではないと思われます。

参照

RAPT | 世界の支配層たちが古代から高度な科学技術を密かに独占してきたという幾つもの証拠。

 

それからゲリー・ボーネルは「アカシックレコード」という宇宙の記録庫に自由にアクセスが出来る数少ないサイキックの内の一人だそうで、その「アカシックレコード」には、地球の未来や個人の過去世などが全て記録されているのだそうです。

しかし輪廻転生は存在していないようです。自分は自分一人でしかなく、誰も見ず知らずの他人に生まれ変わった人はいないようです。「アカシックレコード」とは、偽の霊による嘘の情報である疑いがあります。

 

「アカシックレコード」は、悪魔崇拝の聖地であるチベットに物理的に存在しているらしい。

 

こちらより転載)

 

『光の記憶』

(アカシックレコードで解き明かす人類の封印された記憶と近未来)

(高橋克彦・ゲリー・ボーネル)(VOICE)   1999/12

 

<ゲリーはシャンバラをどう見ているのだろうか?>

(脚注)シャンバラ(チベット語で「幸せに守られた」を意味する。現在の中央アジアの奥地、ヒマラヤ山脈の地下とゴビ砂漠の地下に伝説の楽園があるとされている。

 

(ゲリー)「アカシックレコードが物理的に存在するのがチベットなんです。チベットの中で、クリスタル化された形として、全ての情報が詰まったものが存在している。チベットの僧院の中に、凍りついた形でアカシックレコードというのが存在している。だからこそ、人間は、結局過去から未来への時間軸の中で自分の体験を探求できる」。

これは「異次元のチベット」という意味なのでしょう。

「アカシックレコードというのは物理的でない形の情報の倉庫」といわれております。

 

(転載ここまで)

 

シャンバラについて参照

RAPT | 地底都市アガルタ (シャンバラ) が真の地獄であるという幾つもの証拠。

RAPT | 天皇中心のNWO計画とは、地底都市アガルタを地上に再現するための計画に他なりません。

RAPT | ナチスとチベットと緑龍会との関係について。そこには地底都市シャンバラの存在がありました。

 

RAPT | 「チベット仏教」なる悪魔教を国教とするブータンが世界一幸福な国であるという大嘘。

RAPT | 〈閲覧注意〉チベットは悪魔崇拝の聖地です。

 

悪魔崇拝の聖地であるチベットにアカシックレコードが物理的に存在するという事は、アカシックレコードとは悪魔の情報源という事でしょうか。地獄である地底都市シャンバラに存在しているのかもしれません。

RAPT | 天皇中心のNWO計画とは、地底都市アガルタを地上に再現するための計画に他なりません。より転載。

ナチスとチベットと緑龍会との関係について。そこには地底都市シャンバラの存在がありました。

一言で言うなら、ヒトラーがチベットに関心を持ち、調査に乗り出したのは、チベットに「シャンバラ」なる地底都市が存在しているからということになります。

そして、その地底都市とは、おおよそ以下のような構造になっています。昨日もご紹介しましたが、もう一度ここに貼り付けておきます。

o0438044311465139963

一応、地球空洞説というのは前々から噂には聞いていましたし、ご多分に漏れず、この説も一般的にはトンデモ話と言われていますが、つい最近、スノーデンが「地底人はいる」などと証言したりもしていますし(詳しくはこちら)、悪魔崇拝者はやたらと地下を好み、数多くの地下施設を作ったりもしていますので、私としてはやはりこの「シャンバラ伝説」をトンデモといって一蹴するわけにはいきません。

では、この地球空洞説。科学的に見てどれほどの信憑性があるのかというと、実はかなり信憑性がありそうです。以下の図を見てください。

img_1

この上の図が、地球空洞説を唱えている学者たちの説をまとめて図にしたものです。

この説を一言で説明すると、我々が普段生活している地球の表面はおおよそ千キロぐらいの厚さがあって、その下が空洞の空間になっている。で、その空間のことを「アガルタ(シャンバラはその一部地域)」と言い、その空洞の中央に「セントラルサン」という太陽が輝いているとのことです。

で、この地球の北極と南極には実は大きな穴があって、その穴からこの「アガルタ」に出入りすることができるようになっているとのこと。

まさかそんなわけがないと思うかも知れませんが、それではなぜグーグルマップなどの衛星写真には南極と北極の写真がきちんと載っていないのか、と考えざるを得ません。

実際、ネットにはこんな画像も出回っています。

img_2

穴の開いた北極の写真です。一応、ネットなどの説明(プロパガンダ?)によると、きちんとした北極の写真データがなく、無理やり衛星写真を貼り合わせた結果、こんな写真が出来てしまったなどと誠しやかに書かれていますが、正直、写真を貼り合わせて、こんな綺麗な円が出来上がるものなのかと疑ってしまいます。

あと、こんな画像も見付かりました。まあ、信じるか信じないかはあなた次第ですけれども。

img_0-2

しかし、このような写真がこの世に出回る以前から、実は地球の内部は空洞になっているのではないかとの説を唱えた科学者はこの世に大勢いました。その中でも特に有名なのが、数学者レオンハルト・オイラー。「オイラーの等式」で有名な人ですね。

彼は18世紀には既にこんな想像図を描いていたそうです。

euler

で、彼もやはり地球の内部に「太陽」があると主張していたそうですが、どうやらこの話、まんざら間違いでもなさそうです。
 、

(転載ここまで)

スピリチュアル系とは悪魔崇拝から来る情報源ばかりです。

これからも、相変わらず彼らスピリチュアル系の教祖たちは、「現実のネガティブな出来事」は「恐怖や不安のエネルギーのせい」だと説得するつもりのようです。そうして自分たちが拝む悪魔崇拝の神を拝ませたりするようです。

この世が悪魔崇拝者一族によって支配されていることを知らないまま、一般庶民が、いくらポジティブに振舞い、優しい気持ちでいようとも気休め程度にしかならないと思います。

それとも、普通に良心のある一般人の「恐れや不安のエネルギー」があまりにも強いせいで、子供たちを生贄に捧げ、その血を飲んだり、その肉を食べたりする事が出来るような、良心の呵責もないような悪魔崇拝者が存在しているとでも言うのでしょうか。

彼らは「あなた自身が創造主」等と言いながら、世の中の災難をなんでも一般庶民の思考のせいにするつもりのようです。

 

参照

ニューエイジ – Wikipedia

RAPT | RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

RAPT | RAPT×読者対談〈第85弾〉江原啓之・美輪明宏から始まったスピリチャルブームもすべてはルシファー信仰。

RAPT | RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

 

スピリチュアル系は悪魔崇拝から来ています。彼らが販売している商品には、六芒星や五芒星、ピラミッドなど、悪魔崇拝のシンボルが使われています。そのような商品を悪魔のシンボルであるという事は隠して、「縁起物」として販売しています。神社仏閣、新興宗教などの建物などにも飾られています。

スピリチュアル系の教祖や風水師などは、神社やお寺は良い気に満ちていると言い、足を運ぶことをお勧めしています。

五芒星や六芒星は、悪魔崇拝者が実際に悪魔を呼び寄せるために用いる悪質なシンボルです。そのような事実も知らずに、五芒星や六芒星のアクセサリーなどを持っている方は捨てることをお勧めします。

参照

RAPT | ボヘミアン・グローブでの悪魔崇拝。目撃者の証言が見られる動画。

 

さらに悪魔召喚でしかないマントラや、ヨガ、ウィジャボードなどをお勧めして悪魔を取り込ませ、悪魔の霊気に満たし、その異様な感覚を「スピリット」や「ガイド」、「ハイヤーセルフ」によるものだと嘘をついているようです。

参照

RAPT | 仏教の「お経」や「真言」が悪魔を召喚するための呪文であり、仏教が悪魔教であるという確たる証拠。

RAPT | この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。

RAPT | RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。

 

彼らに従って、いくら何を愛そうと、いくらポジティブに生きようとお金と時間を無駄にしているだけであると思います。あとはそれに早く気づくか、気づかないか、その人次第ということになります。

彼らとて嘘ばかりをついているわけでもなく、世の詐欺師がよく行うように、真実に少しずつ嘘を混ぜて攪乱させているようです。そうして時々耳ざわりの良い言葉や正しそうなことを語って信用させようというつもりのようです。

 

神社では蛇や龍が祀られ、龍は龍神様とも呼ばれ、スピリチュアル系ではよく崇拝されているようです。

 

聖書では蛇や龍は悪魔の象徴とされています。神道や仏教は悪魔崇拝であり、その悪魔教の神社仏閣に悪魔の象徴である龍や蛇を神様だと信じて祀られています。龍神を崇拝するという事は、悪魔を崇拝するという事と同じであると思われます。

 

ヨハネの黙示録 第12章

7さて、天で戦いが起こった。ミカエルとその使いたちが、竜に戦いを挑んだのである。竜とその使いたちも応戦したが、 8勝てなかった。そして、もはや天には彼らの居場所がなくなった。 9この巨大な竜、年を経た蛇、悪魔とかサタンとか呼ばれるもの、全人類を惑わす者は、投げ落とされた。地上に投げ落とされたのである。その使いたちも、もろともに投げ落とされた。 10わたしは、天で大きな声が次のように言うのを、聞いた。

 

悪魔は巧妙に嘘をついて騙します。悪魔は悪魔や悪霊を神や天使を装ってあらわれます。それらに従っても、一時的によい事はあるのかもしれませんが、おそらく長くは続かないでしょう。幸運は彼らの化けの皮がはがされる時までであると思われます。それらから真実が得られることはありません。

スピリチュアル系の龍神についての本の著者も、ペンネームやプロフィールから怪しげな人が多いようです。

 

コリントの信徒への手紙2 第11章

 14だが、驚くには当たりません。サタンでさえ光の天使を装うのです。 15だから、サタンに仕える者たちが、義に仕える者を装うことなど、大したことではありません。彼らは、自分たちの業に応じた最期を遂げるでしょう。

 

参照

RAPT | 古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで。

RAPT | 天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。

RAPT | 「日ユ同祖論」は疑うまでもない事実です。だからといって、日本人が偉いとも悪いとも言えません。

 

今年も正月には神社仏閣は参拝客で溢れかえると思われますが、そのお賽銭は日本会議に使われたり、僧侶のボーナスに利用されたりするようですが、それで本当にご利益があるのか疑問です。

あなたのお賽銭は右翼団体と自民党のために使われている|21世紀の日蓮仏法

 

神道や仏教以外にも、ヒンズー教なども悪魔崇拝であり、ヨガやマントラ チャクラを開くことなども悪魔につながることなのですが、スピリチュアル系はそれらをポジティブな行動として多くの人に実践をするように勧めています。

RAPT | この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。

 

スピリチュアル系の教祖や自称サイキックの中には、「イエス・キリストは実は世界中を旅していた。その中で最も長く滞在していたのはインドで、彼はそこで修行をしていた」などと言う出鱈目を堂々と語っている人もいます。

キリスト教では神は「創造主ヤハウェ」御一人だけであり、その他の神々は神に反逆をする悪魔の作った偽の神だと信じられているので、神の子イエス・キリストがヒンズー教などの悪魔教が信じられているインドで修行をしていたという話はあり得ません。その話を真に受けた方は、もう少し聖書やキリスト教について学んだ方が良いと思います。

その他にも、「イエス・キリストは、単に数多くいる優れた霊能者の内の一人であった」、「イエスの弟子たちは5000人位いた、その中で一番不出来な人たちが12人の中に入っていた」、「2000年前の当時は完全にホモセクシャルの文化だったんです、だからイエスを結婚させるわけにはいかなかった」、「パウロはホモセクシャルでした」、「福音書はパウロが全部書いたんです」、「マグダラのマリアがイエスの奥さんです」、「実はマグダラのマリアがキリストなんです」などと罰当たりな出鱈目を講演などで語っているようです。スピリチュアル、ニューエイジはサタンによる神や聖霊の冒涜であると考えられます。

Amazon.co.jp: アセンデッドマスターオラクルカード 日本語説明書付 (ドリーン・バーチューオラクルカードシリーズ): おもちゃ

 

それからスピリチュアル系では「アセンデッド・マスター」という地球に住む人間を見守り、サポートするために、天界から見守っている崇高な魂を持った聖人たちが存在するとよく語られていますが、そのメンバーは、イエス・キリスト、イエスの母マリア、大天使ミカエル、モーゼ、マハコハン・ラゴッジーというレムリア文明の神(??)エジプト神話の神々、ヒンズー教の神々、釈迦、仏陀、サナト・クマーラ、ガンジー、サタニストの疑いのあるマザー・テレサなど、その他、神の子や天使と、悪魔教や悪人をごちゃ混ぜにしたメンバー構成となっています。神の子や神の御使いの天使と悪魔が天界から一緒に見守っているわけがありません。

このような嘘ばかりを次々と頭に詰め込み、信じたところで幸運に恵まれるという事はあり得ないと思います。むしろその嘘で霊魂が汚れ、頭も悪くなる恐れがあります。

そのような話を平然と語る方も罰当たりで恐ろしいですが、それを信じてしまう信者も同様に罰当たりだと思われますので、このような偽の叡智からは足を洗うことをお勧めします。

未だにスピリチュアル系の教祖たちは同じようなことを言ってばかりでききません。いまだに彼らを特別な人間であると思い、コロナは愛で変異する等と言う彼らを信じて従う人はこれからの時代取り残されると思います。

コロナウイルスに話しかけ、愛そうとしても意味がありません。全く現実の対処になっていません。

ヒーリングや赦しなどを説くスピリチュアル系は、「あなたが許さない限り、あなたたちが目を覚まさない限りは、次にまた災害が来た時にやられてしまいます」等とむしろ不安を煽り、脅すようなことを語ります。

そんな嘘を聞いて信じてもリアリティも自分も変われないどころか置いて行かれます。コロナが嘘だとわかれば、何も恐れることはないと思います。

ただコロナパンデミックを捏造して企業を潰そうとしたり、劇薬であるワクチンを打たせたがっている支配者がいるので、それには注意した方が良いと思いますが、スピリチュアル系が言うようにその茶番を起こしている悪人を愛したり許す心を持ったところで世界は変わりません。

 

RAPT | RAPT×読者対談〈第113弾〉ワクチンも薬もただの毒。論より証拠。

RAPT | エボラワクチンは殺人兵器。投与した人のみがエボラに感染する仕組みです。

RAPT | エボラ熱騒ぎの最大の目的は、ロスチャイルドが西アフリカにあるダイヤモンド原石を独占すること。

 

今年一年ももうすぐで終わり、スピリチュアル系では神社で参拝することなどをお勧めしているようですが、神社仏閣に住まう神様は本当の神様ではないようです。

神社の作りには淫乱な意味が隠されているようです。

参照

RAPT | 日本と古代エジプトと悪魔崇拝のつながりが一発で分かる幾つもの物的証拠。

 

管理人はあのお金をお賽銭箱に入れて鈴を鳴らして拝むポーズをする参拝が苦手であまり好きではありませんでした。それで改まって今年一年が良い年であるようにと拝んだり、自分の欲しいものや願いをかなえるように願って拝んで帰るというのもどこか恥ずかしいような感じもしていました。別にどこで祈ろうが神様からは見えるのだから同じではないかとも思っていたような記憶があります。子供のころから何か違和感があったのを覚えています。

それらの神々が偽物と知ったら納得しました。あの神社の鳥居をくぐってから拝むまでにどんな意味が隠されているか知ったら二度と行こうとは思いません(上記のリンクを参照)。

それでも自分はそんなことは信じない、神社仏閣の神様や僧侶や神主に失礼だ、これからもお正月には参拝に出かけて、今年一年感謝をして来年もよろしくお願いしますと神社の神々や仏に挨拶をしたいとでも仰るのならご自由にどうぞ・・・・・・。

悪魔崇拝、カルト、スピリチュアル系が滅び去りますように祈ります。

 

参照

RAPT | 悪魔とは空想の産物ではなく、架空の存在でもありません。悪魔崇拝者たちはそんな非現実的なものを拝む連中ではありません。

RAPT | 「霊界」という奥義について。悪魔崇拝者たちは「霊界」の存在をひたすら我々一般庶民に隠してきました。

RAPT | キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。

RAPT | キリスト教がミトラ教から誕生したという大嘘。ミトラ教は悪魔教であり、悪魔崇拝者たちが悪魔教の要素をキリスト教に混入していったのです。

RAPT | 過去の全ての宗教戦争は悪魔崇拝者が起こしたものです。現在のすべての戦争が金融ユダヤによって引き起こされているのと同じことです。

RAPT | 本当の自由とは。本当の幸福とは。悪魔の作った偽物の宗教に騙されないために幾つか知っておくべきこと。

RAPT | 神様はこの世界を善と悪とに裂き、悪魔はこの世界を一つにしようとします。

RAPT | 悪魔を拝んで人生を破壊する生き方から、神様を拝んで人生を幸福にする生き方へ。