サタンの趣味、娯楽に満ちた世界(2)悪魔をヒーローにするイルミナティ

 

「ヴェノム 映画」の画像検索結果関連画像

どこからどう見てもサタンです。正義なのか悪なのかわからない。

 

映画鑑賞は割と好きであった管理人ですが、この頃は全く観ていません。(観ようとしても古い映画が多い)ここ何年も、いや10年以上も理解不能のヒット作が多すぎます。イルミナティがもうネタ切れなのか、サタン的な表現が露骨になっており、「霊感」が強いわけでもなく、波長の悪さに敏感である訳でもなく、バイオレンスや口の悪さや悪態などで傷ついて波長が乱れるというような繊細さはないような私でもさすがに気分が悪いです。明らかにサタンを表しているような作品が量産され続けています。近頃のイルミナティはこのようなものに親しみを持たせようとしているようです。 (さらに…)

カバラ生命の樹 / アインソフとは  

 

生命の樹(アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」より)

 

創世記第二章 十五節~十六節

 主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。

 主なる神はその人に命じて言われた。「あなたは園のどの木からも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう。」

(旧約聖書 口語訳)

 

スピリチュアル系を検索していると「カバラ生命の樹」というものを見かけますが、この「カバラ生命の樹」とは一体何なのかと思い調べました。

調べてみると、「カバラ」とは「神」から生み出された、ユダヤの神秘思想であり最高の叡智であり、このカバラの「生命の樹」とは、聖書の「命の木」のことなのだそうです。

そしてそのカバラの「生命の木(セフィロトの木)」は、10個の「セフィラ」と22個の「小径」からなり、一つ一つのセフィラは「神名」を持ち、一つのセフィラにつき一人の「守護天使」(大天使ミカエルなど)がいるのだそうです。 (さらに…)

クリスチャンの奇跡の動画とイスラム教の嘘について

 

「イスラムの本では死刑に値することです」(こちらより転載)

私のブログの記事の中に時々YouTubeのクリスチャンのチャンネルから動画を転載させていただいてますが、私はこのような(特に奇跡を起こして回るような)クリスチャンの動画の内容の全てを信用することはないようにしています。 (さらに…)

『ザ・シークレット』が2000万部売れても世の中が変わらない

 

ザ・シークレット  ハードカバー – 2007/10/29

 

2007年に出版され、50か国で訳され、2000万部以上売り上げた『ザ・シークレット』の大嘘についてのまとめ。

この本は世界中で読まれたのだそうですが、世の中は全く変わっていないようです。それは『ザ・シークレット』の内容が嘘であり、語っていることが「秘密」でも何でもないからだと考えられます。

『ザ・シークレット』の著者や「偉大な師」たちがが言うには、自分の周りで起きている良い出来事も悪い出来事も、すべては自分の考えたことが引き寄せられたのであり、それらの出来事を全て自分の責任だと認め、「悪い考え」や「悪い感情」を自分の中から追い払い、常にポジティブ思考で生きることを選択しなさいという事ですが、本当にそうだとしたら、世の中の人の多くが神経症に陥ると思います。

(さらに…)

悪魔と繋がる瞑想と、松果体、DMT、第三の目の覚醒について。

「アセンション、スピリットガイド、意識変革は全て嘘」元サイキック、マリオ・ブリソンの証

(動画  Freedom in Christ | YouTubeより転載)

※この文章だけを呼んで終わるよりも動画を見ることをお勧めします。

 

(2017年10月にUP した記事を 加筆、修正)

 

イザヤ書 第44章 第6節~11節

 

六 主、 イスラエル の 王、 イスラエル を あがなう 者、 万 軍 の 主 は こう 言わ れる、

「わたし は 初め で あり、 わたし は 終り で ある。

わたし の ほか に 神 は ない。

七 だれ か わたし に 等しい 者 が ある か。

その 者 は それ を 示し、 また それ を 告げ、

わが 前 に 言い つらねよ。 (さらに…)

生贄の祭典ハロウィンのトリック・オア・トリートと仮装の起源 

関連画像

最近日本でも、10月になると、毎年の渋谷駅の騒ぎを始め、ハロウィンの商品が店頭に並べられるなど、国内でも流行になりつつあるハロウィンですが、ほとんどの人が、ハロウィンがどのようなお祭りなのかわかっていないようです。

ハロウィンは悪霊を追い出すお祭りや収穫をお祝いする日だと思っている人が多いようです。

中にはキリスト教の祭典だと思っている人もいるようですが、ハロウィンは収穫祭でもキリスト教のお祭りでもありません。

ハロウィンは、古代ケルトのドルイド教徒たちの行っていた「サウィン祭」という祭りが起源であり、10月29日から31日までの間に、多くの人が悪魔に生贄を捧げる為に殺されてきました。

そのような残酷なお祭りであるにも拘らず、世の中はハッピーハロウィンと言っては仮装やパーティーなどを楽しんでいるようです。

(さらに…)

神様とお話が出来るというスピ系の人たちの嘘。その神の正体は悪魔、悪霊。

 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける

 

スピリチュアル系について検索をすると、自分は神様をお話が出来る、天使とお話が出来ます、神様からメッセージをいただきましたと言う人を見かけますが、そのような人は全て詐欺師だと思って間違いはありません。

彼らは神と対話をしたり、メッセージを受け取ったりすることが出来るようですが、それらが本当の神様の本であるのなら、なぜその神は多くの人の中からよりによって彼らを選び、このような下らない本ばかりを出版しているのかと首を傾げます。

世の中には既に聖書と言う書物が存在していますが、スピリチュアル系の誰もそれを超えたことがありません。それなのにどこから来たのか分からない「神様」がただの一般人のような人間に突如表れ、「限りない自由」を謳ってはモラルを破壊するような教理を語り、聖書や、イエス・キリストの存在や、聖書に書いてある神の存在などを否定しています。 (さらに…)

「チャネリングされたメッセージの危険性」ドリーン・バーチュー

「チャネリングされたメッセージの危険性」ドリーン・バーチュー

(Freedom in Christ|YouTubeより転載。)
チャネリングすること、また著者が霊をチャネリングして書いたような本を読むことの危険を説明します。彼女自身も含めて、霊をチャネリングする人は、その声の持ち主の正体を確認しません。「自分は~だ」という声を鵜呑みにし、そのメッセージを真理として信じてしまいます。でも聖書は「それらの霊が神からのものかどうかを ためしなさい」と警告しています。(第1ヨハネ4:1)

(さらに…)