悪魔をヒーローにする映画、デスゲームばかりの日本映画。

 

「ヴェノム 映画」の画像検索結果関連画像

どこからどう見てもサタンです。正義なのか悪なのかわからない。

(改訂)

映画鑑賞は割と好きであった管理人ですが、この頃は全く観ていません。(観ようとしても古い映画が多い)ここ10年以上理解不能のヒット作が多すぎます。イルミナティがもうネタ切れなのか、サタン的な表現が露骨になっており、「霊感」が強いわけでもなく、波長の悪さに敏感である訳でもなく、バイオレンスや口の悪さや悪態などで傷ついて波長が乱れるというような繊細さはないような私でもさすがに気分が悪いです。明らかにサタンを表しているような作品が量産され続けています。近頃のイルミナティはこのようなものに親しみを持たせようとしているようです。 (さらに…)

クリスチャンの奇跡の動画とイスラム教について

 

「霊を解き放つ」と言いながらサタンの力で次々と人を倒す、「ベニー・ヒン」。
イスラム教から解放されたと語る少女(こちらより転載)

(改訂)

管理人がキリスト教を学び始めたばかりの頃は、様々なクリスチャンの動画に興味を持ってよく見ていましたが、私はこのような(特に次々と奇跡を起こすような)クリスチャンの動画の内容の全てを信用することはありません。

クリスチャンの動画を見てみると、瀕死の状態のときに神やイエス・キリストに会ったという人の証言や、天国を見たという人の証言、病気やけが人を「イエスの名によって」癒した「クリスチャン」の動画、サタニストからキリスト教に改宗した人の証し、罪を悔い改めてクリスチャンになった人の証しなどがありますが、その中には嘘も含まれている場合がありますので、これらの話を全て鵜呑みにする事のないように、注意しながら観ることをお勧めします。中にはカルトの様なスクールに導く自称クリスチャンも存在しているようです。 (さらに…)

『ザ・シークレット』が2000万部売れても世の中が変わらない

 

ザ・シークレット  ハードカバー – 2007/10/29

 

2007年に出版され、50か国で訳され、2000万部以上売り上げた『ザ・シークレット』の大嘘についてのまとめ。

この本は世界中で読まれたのだそうですが、世の中は全く変わっていないようです。それは『ザ・シークレット』の内容が嘘であり、語っていることが「秘密」でも何でもないからだと考えられます。

『ザ・シークレット』の著者や「偉大な師」たちがが言うには、自分の周りで起きている良い出来事も悪い出来事も、すべては自分の考えたことが引き寄せられたのであり、それらの出来事を全て自分の責任だと認め、「悪い考え」や「悪い感情」を自分の中から追い払い、常にポジティブ思考で生きることを選択しなさいという事ですが、本当にそうだとしたら、世の中の人の多くが神経症に陥ると思います。

(さらに…)

偽宇宙人バシャールとその仲間たち(3)HAPPYとお仲間の神様商法 

 

関連画像
ロスチャイルド=赤色。太陽の絵が飾ってあります。太陽信仰=悪魔崇拝。

ダリル・アンカというイルミナティのエージェントの霊媒を通して現れた、バシャールという未来から来た宇宙人という大嘘の悪魔の「いつでも完璧なタイミングで必要な情報がもたらされる」という情報の嘘と「起こるべくして起きた」対談者についての第3弾です。

今回はHAPPYという「引き寄せマスター」とその仲間の3人(LICA、FUMITO、YACO)やその仲間の霊能力者などについてと、バシャールが語っていた嘘をまとめました。 (さらに…)

イルミナティバシャールがMr.都市伝説、関暁夫と対談 無駄な抵抗を・・・

Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談単行本 – 2018/12/25
未だにこのイルミナティのただのおじさんを宇宙人とコンタクトができる人だと思って黒い三角形のUFOがバシャールの宇宙船でバシャールという宇宙人が本当に存在していて生まれ変わりや「引き寄せの法則」が本当にあると信じている人はこのまま行くと人生無駄にしたと後悔して終わります。 (さらに…)

偽宇宙人バシャールとその仲間たち(2) さとうみつろうと宇宙人とイエス・キリスト

 

「さとうみつろう」の画像検索結果ダリル・アンカとさとうみつろう

 

すべてが完璧なタイミングで、皆さん方に必要な情報をお届けしているらしい、バシャールという、300年か3000年もの未来から来た宇宙人との対談相手についてのまとめ、今回はさとうみつろう。

さとうみつろうは、バシャールという存在を信じ切って、自分が「宇宙人コンダクター」であり、地球で一番最初に宇宙人と会うことになる歴史的人物だと思い込んでいるようですが、宇宙人は存在していませんし、バシャールという存在もダリル・アンカの大嘘でしかありません。 (さらに…)

偽宇宙人バシャールとその仲間たち(1)自己啓発とカルト 

「バシャール 本」の画像検索結果

(加筆修正)

前回の記事で、ダリル・アンカ / バシャールがイルミナティロスチャイルドの詐欺師であり、悪魔崇拝者である可能性があることについて書きましたが、今回は、その300年だか3000年だかどこかからの未来から来た宇宙人バシャール(という悪魔、悪霊)が、完璧なタイミングで、起こるべくして起こったパーフェクトな対談をした人達の詳細や、その時に語ったバシャールの大嘘についてまとめました。

 

バシャールの仲間たち(1) 本田健  / 須藤元気  /  安藤美冬  (さらに…)

バシャール / ダリル・アンカの正体 宇宙人とUFOの大嘘

 

関連画像
1997年のアリゾナで目撃された、ナチスが開発していた「ホルテン H XIII」 現代人にUFOを開発する技術がないという大嘘。 

(文章削減、修正)

 

創世記 第2章 26節~27節

神 は また 言わ れ た、「 われわれ の かたち に、 われわれ に かたどっ て 人 を 造り、 これ に 海 の 魚 と、 空 の 鳥 と、 家畜 と、 地 の すべて の 獣 と、 地 の すべて の 這う もの とを 治め させよ う」。 神 は 自分 の かたち に 人 を 創造 さ れ た。 すなわち、 神 の かたち に 創造 し、 男 と 女 とに 創造 さ れ た。

 

世の中には、未だに宇宙人や、UFO が宇宙人の乗り物であると信じている人がいるようです。UFOは実際に多くの人が目撃をしているので、それを見て本当に宇宙人やUFOが存在するのではと思った人についてはまだ理解できますが、スピ系好きはダリル・アンカ/ バシャールがただのイルミナティの詐欺師という事に未だ気づけないでいるようです。人生の無駄ですのでスピ系やTVの洗脳から解かれてください。

(さらに…)