このブログについて / 管理人の言い訳

 

 

2017年、管理人はスピリチュアル系から、陰謀論を経てキリスト教を学び、今年で3年になりますが、管理人はそれまでずっとスピリチュアル系が大好きでワクワクと楽しんでいたのではありません。

霊的にも現実的にも答えを求めようとして、それらに関われば関わるほど疑問や怒りが湧き、幸せよりもイライラしていることが多かったようです。

彼らスピリチュアル系はとにかくポジティブ思考でいる事を推奨します。確かに、怒ったり愚痴を言ってばかりでも良いことはないですが、管理人がひねくれているのか、素直に言われた通りに捉えることも出来ませんでした。前向きにとらえて生きたところで悪人は善人に変わりませんし、観念を変えようとしたところで仲の悪い人が自分を評価するようになることもありません。

言われた通りのことを試してみても、言われた通りのことは起きない、むしろ妙な偶然が目立つ。話の内容にモヤモヤしたものが残り、時々話すことにも腹が立つ。語っているのは拝金主義のようなスピリチュアリスト。現実は自分が創造した幻であり、全ては自分が引き寄せた結果という教え。「自分自身が神だ」という教え。

拝金主義教師:「(高級品を身にまとい)だからこれからは私のようにお金でも、理想の家でも、車でも異性でも何でも欲しいものがなんでも手に入りますよ」と言うスピリチュアル教祖。さあ「宇宙」を信頼して、「宇宙」に何でも願い事を言って下さい、「宇宙」(或いは天使、神、ガイドなど)はあなたを助けたいと思っていて、あなたが呼んでくれるのを待っています、などと言う。「さあ、欲しいものを何なりと言ってごらんなさい。」欲しいのは車か、理想の家か、恋人かと聞いてくる。

 

いや、そういう事じゃなくて・・・・・・。

 

「欲しいものを願う事や自分中心に考える事は悪ではありません」、「そのような制限した考え方、観念が自分の人生を苦しめているのです」、などと言う「スピリチュアル・マスター」。

 

 

いや、別にそういう事じゃなくて、別にあんたのような成金趣味な夢は見てないんだが・・・・・・💢

 

「あなたがそのような考えを持ち続けていたいのなら好きにすればいいですよ、自分で自分の首を絞めて哀れな人だ」、「自分で悲劇や不幸を演じている」という様な話し方。

どう見ても頭や趣味が悪いとしか思えない人に「真実」だと言っては妙なことを説教される。

確かに中には良い事、というより耳ざわりの良いことを言っている。確かに正しいようなことも言っている事もあるけれど、自己啓発と同じで少し気分が良くなるだけ、やる気になるだけ。

真実の中に嘘を混ぜて話すのが詐欺師の家業。

スピリチュアルを学んでいる間、睡眠時は悪い夢を見ることも多かった。自分の身に何が起ころうと、スピリチュアル系の教祖はどれもこれも自分の観念のせい、起きること全ては自分の責任と認め、言う通りにポジティブに行うこと、と言うばかり。

霊的なことに悩んでも、それも全て、自分が「幻想」を信じているだけ、あるいは幽霊など他人から聞かされたことを信じて自分で幻想を創り上げているだけだから、自分が信じたいように信念を変えれば、全ては思い通りに魔法が起きると言わんばかり。

これまでの人生を振り返っても、不本意で、望んで起来たことではないと思えることは多々ある。それを「あなたが望んで起こしたこと」、「あなたの観念が引き起こしたこと」だと言う。

そして、この世で起きた事は全て自分の責任だと認め、新たに観念を持ち直して人生を生きればいいと言う。

そのうち「あなたは実はプレアデス星人なのです」、「実は人間ではなかったのです」、「あなた自身が神なのです。あなたが創造主です」などと変な人が語り始める。

 

矛盾に満ちているようでしかなく自分に答えはない・・・💢と思ってイライラしていた。彼らは「ポジティブ」だの「観念」だの同じような話を巡ってばかりで、探し回っていい加減飽きてきたところだった。規制のキリスト教会も僧侶も答えてくれそうにはない。

 

そうしているうちに、ある時ネット上で陰謀論に目が留まり、スピリチュアル系が嘘ばかりを言っていることに気が付き、(ほとんどの震災は人工地震であるのに知らないふり、テロなどのヤラセの事件もヤラセだと伝えない、悪魔崇拝の存在について否定する等)

それから何もかも一から考え直す羽目になり、この世は悪しかおらず、悪にコントロールされる以外になく、未来も、神も仏もないのかというように絶望しながら、いろいろな陰謀論を読み漁っているうちに、同じサイトしか読まなくなっていました。タイトルを見ると「Rapt」というサイトのようでした。

更にそのサイトには有料記事もあり、「神様が仰った」だとか・・・また何かスピリチュアル系なんかによくあるインチキのチャネリングや偽物のメッセージや妄想かと一瞬思いましたが、こちらはインチキではありませんでした。

そうして「RAPTブログ」でたいていの疑問は解けました。陰謀論を読み漁って2か月くらい絶望的でしたがそのような感情もなくなりました。

 

スピリチュアル系は悪魔崇拝でした。この世は悪魔崇拝者に支配されており、本気で神に反逆をして悪魔に生贄を捧げて崇拝し、悪魔から霊力を授かっているのだと知りました。

参照

RAPT | 〈TALK RADIO〉悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。

RAPT | 「悪魔」と「悪霊」の違いについて。「イルミナティ」と「フリーメーソン」の違いについて。(1)

RAPT | 「悪魔」と「悪霊」の違いについて。「イルミナティ」と「フリーメーソン」の違いについて。(2)

RAPT | 天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。

RAPT | 世界を支配しているのはイエズス会 (イルミナティ) であり、イエズス会のトップは天皇です。

 

世界中で人気のスピリチュアル系などはたいていイルミナティの一員なので、世の中の都合の悪い真実は語りません。人々の人生がうまくいかない原因や、世の中がおかしくなっている原因を何でも一般庶民の感情や観念のせいにしています。そうして存在もしない異星人や宇宙人を信じさせ、神や宗教を否定します。

参照

RAPT | 現代人にUFOを開発する技術がないという大嘘。

RAPT | UFOが宇宙人ではなく、天皇派の乗り物であるという幾つもの証拠。

RAPT | 天皇派が既にUFOを開発しているという確たる証拠。

RAPT | 世界の支配層たちが古代から高度な科学技術を密かに独占してきたという幾つもの証拠。

RAPT | 佐野千遙氏に関する調査結果のまとめ。またはこの世の超常現象が全て天皇派の科学技術によって引き起こされてきた可能性について。

 

スピリチュアル系は「自分を愛すること」とよく言いますが、自分を大好きになったところで、この世の中も、この世で生きる自分の悪いところも変わりません。

 

そうして「RAPTブログ」の一般記事を読むうちに、有料記事も読み始め 思いもよらずキリスト教を信じて学び、一度捨てた聖書も再び読むようになりました。

 

別に私は宗教アレルギーでもなく、神道も仏教もキリスト教も特に否定せず生きてきました。先祖も仏教や神道の家系であり、それにまつわる冠婚葬祭や季節の行事を行ってきた家庭で、それをまさか悪魔崇拝だと疑いもせず一般的な日本人として当たり前のことのように捉えていました。

神様についても存在は否定していませんでした。仏教だろうが神道だろうがキリスト教だろうがどこかしらにはいると思っていました。

聖書を読むことも初めてではなく、以前に読んだことがあり、自分がずれた道に行ったり、理解できなくなるなどの事情で一度手放したような状態でいました。

何年も昔に図書館等で手当たり次第に本を読んでいたときに、その小説の中などでよく聖書の聖句等について書かれてあったので興味を持ち、軽い気持ちで、自分も読んでみようと思ったのがきっかけです。

 

太宰治 - Wikipedia
その一例

 

「宗教アレルギー」ということもなかったので、読んでいた時は特に拒絶感もなく読んでいました。特に怒ったり拒絶する理由はありませんでした。

が、その後はまた日常のストレスなどに流されてしまい、「RAPTブログ」を読むようになるまで忘れてしまいました。

 

御言葉によりますと、神様は伝道することを願っているとのことでしたので、私が出来ることと言えば、スピリチュアル系や精神世界に長い歳月時間やお金を浪費してきた経験から考えてきたことや得たことを、RAPT理論に基づいて書くことくらいしかないと思いつき、2年半ほど前にこのブログを立ち上げるに至りました。

私の記事にRAPTブログのリンクばかり貼りつけているのはそのような理由からです。

カルトの勧誘かと思う人がいる様ですが、カルトではなくキリスト教です。「RAPTブログ」は創価学会や統一教会などこの世のカルトや既成のキリスト教の現状にも言及しております。

信じるか信じないかは個人の自由意思にお任せします。

 

私管理人はこれまでまともに文章を書いたことがなかったため、このブログはかなりの駄文で始まっております。そのため過去記事はほとんど全て修正が加えられており、特に始めてから1~2年目のほとんどの記事の文章が原形をとどめておりません。あまりに変えると卑怯のような気もするのでなるべく元の形は残しておいているつもりですが。

毎度自分の駄文に苦悩しながら、アップしてはまた修正するのに精一杯で、ましな文章を書けるようになるまで1年以上の歳月がかかり、更にそれまで溜め込んでいた怒りなどが文章に込められていて少々感情的であり、稚拙で攻撃的でもありました。そのように見える箇所はたいてい書き直してあるので現在その初期の駄文を読むことはほとんど出来ません。

現在でも文章が少々おかしい、誤りだと思えるところがあるかも知れませんが、そのような箇所は発見次第訂正して読みやすいように努めているつもりです。

書き始めて1、2年は書き方が分からず、言いたいこともまとまらず、コピペだらけなどもあってダラダラと長すぎることもありました。はじめの頃の記事は長文である事が多いです(それでも直した方ですが)。お時間のない方、時間を取られたくない方はご注意ください。

 

それ以外はわたくしの文章の特徴等と思っていただければ幸いです。何か「違うよね」等と思うならご自分で、おもねっていて丁寧で、感じが良く、好感が持てると思う人のブログを訪ねればよいのではないでしょうか・・・(¬_¬ )。最近、似たような内容のブログやSNSを書く人が現れ始めているようですし・・・・・・。

スピリチュアル系に関わった人でも色々な種類、趣味がありますので、自分の個性・趣向で語ればいいとは思いますが・・・・・・(ひとの真似のような記事を書く人が神に導かれているものなのだろうかとも思います。)

ブログを訪ねてくださってありがとうございます、どうか怒らず聞いて下さい、如何でしたでしょうか、最後まで読んでくださりありがとうございました、と悪についての自分の(たいてい怒りの)経験を交えて説明するのは私の性に合わないようです。

そもそも、ブログ初心者の無知や、駄文をさらしている恥ずかしさと、スピリチュアル系に対する(まだまだ消化しきれていない)怒りの感情に日々格闘していたので、そのようなおもねった態度をとる余裕もありませんでしたが。

私もおもねった方が良いでしょうか。私の性格ではないようです。不快にならないように読みやすいようには努めているつもりですが・・・駄文は発見次第修正いたします。現在の時点でも駄文ですが。

おもねったあとで内容がどこか他人を見下していたり陰口のようであったり、説得力がなかったりしても仕方がありません。

各自で自分が面白いとか、自分が合うと思う方向に行けば良いと思います。

 

そのようにしてスピリチュアルから抜け出して、彼らの嘘を拡散しようと書き始め、3年になります。

いずれ自分の怒りも晴れてくるだろうと見込んで書き続け、現在はこのブログを始めたばかりと比べて怒りは収まっています。実際に、一時は主婦や若い女性を中心に人気があったスピリチュアル系はもう影を潜め始めているようです。

当ブログは、ただのアンチサイトではないつもりでおります。単なる誹謗中傷を書き連ねているつもりではありません。

始めはスピリチュアルに対する怒りがまだあったので少々感情的、攻撃的ではあったと思いますがそのような個所はたいていは修正しております。

2年以上も書けば怒りは収まり、調べて書いて行くことで更にスピリチュアル、ニューエイジについての知識も改めて身につき、スピリチュアルについてモヤモヤしていたこともだいぶ片付いてきたような気がします。

現在はこのブログを始めたころの様な怒りはありません。

管理人自身も「RAPTブログ」の情報がなければ、このようなブログを書くことを思いついたりすることはなく、自分で思いついて始めてたとしても、ただのアンチの怒りを書き連ねた愚痴ブログになり、そのうち埒が明かなくなって止めてしまっただろうと思われます。

 

 

スピリチュアル系やカルトに頼る人というのは、何かしら信じていることや信じたいことがあるのだと思いますが、(そうでなければ自分の考えや努力のみで行動していると思います)

残念ながらスピリチュアル系が伝えている神々が悪魔崇拝から来る偽物であり、そのまじないや儀式なども悪魔崇拝から来た悪霊を引き寄せる儀式であり、彼らが悪魔崇拝、イルミナティの一員で 本当は人々の救いなど考えておらず、スピリチュアルマスターやサイキックと呼ばれる人たちは嘘つきばかりで真実を伝えてなどいないので、時間とお金を投資するだけ無駄になります。

 

神社にも使用されている六芒星や五芒星は、悪魔崇拝が実際に悪魔召喚に使っているシンボルです。

 

スピリチュアル系の教師などは、人の心の弱さなどに付け込んで、鴨が葱を背負って来るのを狙って商売をしてやろうとでも考えている悪人や、それらのオカルトの教えを本当だと純粋(?)に信じて従ってスピリチュアルマスターだとか言う職業になった人など、人によって色々な動機で始められたのだと思われますが、

彼らはたいてい、もともとお金持ちであったり、新興宗教の家系であったり、イルミナティや上級国民、在日やマルチ商法などのお仲間である場合が多く、成功するのは(マルチ商法のように)仲間内だけであり、庶民がポジティブに生きようと真似をしても、あまり意味がないと思われます。

自己啓発も、たいていは話を聞いているとやる気になったりモチベーションが上がる気がすると言うだけで終ってしまいます。

 

彼らは、平和な間は耳ざわりの良いことを言いますが、いざ災害などの問題が起きたという時にぼろが出て救いになりません。

そして問題の原因はいつも「私たちの心の在り方」「人々の不安、恐れ、怒りなどのネガティブな感情」「地球の変革期で浄化のときだから」などいつも同じ文句。

「インナーチャイルドの記憶」のせいだとか、「前世に問題があるから、前世療法で癒さなければ自分の人生は好転しない」などと言う人物もいましたが。

「今こそ私たちが、恐れや不安の感情を捨て、愛しあう事を選択しなければこの世はまた恐ろしいことになる」などと脅すような話もする。

そして、「目を覚ましてください」「今、あなたたちが目覚めるときなのです」「災いは自分の観念に気付くチャンスなのです」などと言いますが、いい加減、同じような話を聞いて飽きませんか、と疑問に思います。

彼らが話すことこそが嘘ですので、スピリチュアル系をいまだに信じている人は、そんな詐欺商売から目を覚まして、足を洗い、スピリチュアルに関わる以前の、ごく普通の自分の人生に戻ることをお勧めします。

詐欺師を信じながらポジティブ思考をもって生きても真実や幸運は手に入らないと思います。

管理人自身振り返っても、スピリチュアル系や偽の神などに費やした歳月はもったいないものだったと思います。現在このような記事を書いているのだから多少は無駄ではないかもしれませんが、コメントなどは一切受け付けていないので、当ブログがどのように思われているはあまりよく分かりません。数字ならわかりますが、ある記事がたくさん読まれたからと言って評価されているかどうかまではわかりかねます。

 

 

そもそも、私がこのようにスピリチュアルについて批判をするブログを書くという事態になったことは、夢にも思わず、言ってみれば不本意なことでした。

本来このようなオカルト等には一切関わらず、霊的にも悩まされることもなく、自分の人生を生きられていたら、私としては一番良かった(詳細省)と思ったこともありました。

なぜ私はこのような記事を書いているのか、バシャールだのなんとかバーチだの私が書き連ねているこの人達は一体何なのか、現在、私の人生に関わると思いもしなかったような、昔の自分が知らなかったようなこの自分の目の前にいる詐欺師たちは何なのか、私はここで下手な文章を書いて馬鹿かと疑われながら何をやっているのか、別にこんな事は自分がしたかったことや夢に見ていたことではない、止めろというならいつでも止める、皆そのままポジティブ思考だの真実だの言って騙されていれば良いのではないか(逆切)等とブログを書きながら思う事もありました。

かなりの駄文である状態がなかなか変わらないということでまだまだ精神的に安定していなかったようです。

しかし1年、2年と書いているうちに慣れ、稚拙で感情的な駄文はいくらか解消されたようです。当時の文章を目にした方には長文駄文をお詫び申し上げます。

 

このブログはこれからも何年も続くのか、このブログが今後どのような方向に向かうのかはわかりませんが、御心なら今後も続けて行こうと思います。

 

時代の転換を迎えているこの時に、悪人は次々と裁かれ、この世を支配する創価学会をはじめとするカルト、悪魔崇拝者や、悪魔崇拝から来る嘘ばかりのスピリチュアル系が滅び、義人がこの世を統治する世の中になることを祈ります。

マタイによる福音書第7章 13節

狭い門
13「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。 14しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」

参照

RAPT | キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。

RAPT | 過去の全ての宗教戦争は悪魔崇拝者が起こしたものです。現在のすべての戦争が金融ユダヤによって引き起こされているのと同じことです。

RAPT | キリスト教がミトラ教から誕生したという大嘘。ミトラ教は悪魔教であり、悪魔崇拝者たちが悪魔教の要素をキリスト教に混入していったのです。

RAPT | 本当の自由とは。本当の幸福とは。悪魔の作った偽物の宗教に騙されないために幾つか知っておくべきこと。

RAPT | 神様はこの世界を善と悪とに裂き、悪魔はこの世界を一つにしようとします。

RAPT | 悪魔を拝んで人生を破壊する生き方から、神様を拝んで人生を幸福にする生き方へ。