「エナジーバンパイア」とドリーン・バーチューのオラクルカードの危険性について

 

 

現在、世の中はコロナウイルスと安倍政権についてのニュースばかりで、スピリチュアル系の話どころではない様子ですが、このところ度々見かけて気になった、スピリチュアル系の間で語られている「エナジーヴァンパイア」という存在についてと、ドリーン・バーチューがスピリチュアルを脱退してキリスト教に転身したことについて、疑問や不満を持っている人がいるようですのでそれについて改めて書こうと思います。

「エナジーヴァンパイア(またはエネルギーヴァンパイア)」とは 「人のエネルギ―を吸いとる吸血鬼のような人」のことを言うようです。

そんな特殊能力を持った人間がこの世に存在するのかというと、そういう事ではなく、一般にいる人を指すのだそうです。そしてニューエイジに人気であったドリーン・バーチューもエナジーヴァンパイアだと主張する人がいるようです・・・・・・

ある人と一緒にいる間は良いけど、帰ったら疲れる。イライラする。寝込む。そんなときは相手が「エナジーバンパイア」であることを疑った方が良いようです。

「エナジーバンパイア」と一緒にいるときはあまり自覚症状はなく、離れるとはっきりと具合が悪くなっているのを自覚できるのだそうです。

その人と別れると、体調が悪くなる、なぜだかぐったりしてしまう。とにかく疲れたり、寝込んだりする。体調が悪くなる。めまい・吐き気、自分の身の回りに暗い話題が増える。なぜかイライラしてしまうという事に気づくのだそうです。

なぜだろう、どうしてかわからない、私が悪いのかもしれない。いや、私が悪いんじゃない、相手が「エナジーバンパイア」だからだ、という事のようです・・・・・・。

誰でも嫌いな人や苦手な人、仲の悪い人と接すれば怒りや緊張などのストレスで体調を崩すこともあると思いますけど・・・自分は完全純粋な被害者で、相手が人から気を奪う完全な加害者というように聞こえます。
「エネルギーヴァンパイア」が存在すると主張する人が語る、「ヴァンパイア」の特徴は以下の通りです。

こちらより転載)

別に嫌な人ではないんだけれど、関わると何故か疲れて気分はドンヨリ、ずーんと体が重くなってしまう、そんな人があなたの周りにもいませんか?

または、何かとトラブルを起こしたり、異様にテンションが高くて暑苦しい、または暗くて元気がなくて心配になってしまうような気になる人はいませんか?

もしかしたら、その人はあなたから気力を吸い取っていくエナジーバンパイアかもしれません。

知らずにノーガードで普通に関わっていると、いつの間にかエネルギーを奪われてグッタリしてしまいます。

この記事では、エナジーバンパイアの特徴と見分け方、対処方法をまとめました。エナジーバンパイアの対策をしっかり知って、撃退しちゃいましょう!

(中略)

エナジーバンパイアを一発で見分ける特徴は、とにかく「気」を引こうとしてくること、です!

「気」は全ての元となるエネルギーです。

「やる気」や「元気」が無かったら、何にも出来なくなってしまいますよね。

ですから、あなたのやる気を削いでくる人や、元気を無くすように仕掛けてくる人は超バンパイアなんですね。

文句や愚痴を言う人、ネガティブな言動をする人は非常に分かりやすい例です。

他にも、やたら突っかかる等してこちらが怒るように仕向けてくる人や、色々と世話を焼いてくれて「こんなにやってあげてるのに〜」と言わんばかりに注目を集めようとする人、トラブルや失敗を起こして心配してもらおうとする人などもいます。

子供の場合は熱を出したり、どこかぶつかって怪我をしたりすることもあります。大人でも気を引くために(本人の自覚はなくても)本当に病気になってしまう人がいます。

手法は様々ですが、何らかの方法であなたの気を引こうとしてくる、または感情を揺さぶろうとしてくる人はエナジーパンパイアの類と言えます。

気=エネルギーは感情が動いた瞬間に、ドバーっと流れ出てしまいます。エナジーバンパイアは、そこを狙って人の感情を動かしエネルギーをかっさらっていくのです。

(転載ここまで)

病気になった人には、無自覚に他人の気を引こうとして病気になってしまった「エナジーバンパイアタイプ」の人と、「エナジーバンパイア」にエネルギーを吸われて病気になった完全に無垢な人とがいるようです。具体的は特徴は以下の通り。

こちらより転載)
エナジーバンパイアの9つの特徴
  • 1.見下してくるタイプ
  • 2.脅してくるタイプ
  • 3.否定してくるタイプ
  • 4.目立ちたがり屋タイプ
  • 5.悲劇のヒロインタイプ
  • 6.人をこき使うタイプ
  • 7.正論で言いくるめるタイプ
  • 8.引きこもりタイプ
  • 9.小悪魔タイプ

 

これは単にあなたの嫌いな人の悪口では・・・と思えなくもないのですが。

その他、

こちらより転載)

□ わざと悪さをして、周りの人を怒らせる

□ 不平不満、愚痴、その他ネガティブな発言が多い

□ 高圧的で人をコントロールしようとする、パワハラ、モラハラ

自己犠牲に酔っている(例、不要なサービス残業をしまくって周りに心配を掛ける)

□ しょっちゅう対人トラブルを起こす

 自慢が多い、大げさに言う、虚言

□ 体調悪いけど頑張っていることをアピールする

□ 相手をおだてて気分よくさせて可愛がってもらう

□ とにかく元気が無い、暗い、機嫌が悪そう

□ 異様に親切かつ恩着せがましい

□ LINEなどで常に連絡を取りたがる

□ いつも誰かと一緒にいたがり、単独行動を嫌う

(転載ここまで)

 

などの人たちのことを言うようです。そのような人が自分の「エネルギー」を気づかぬうちに「吸い取る」のだそうです。暗く、元気がない人は、意図的にそのように振舞ってエネルギーを奪い、その結果元気になる、という事でしょうか。

依存されたり頼られる人、相手の期待に応えようとする人などがよく被害に遭うのだそうです。

 

アメリカ在住の大人気心理カウンセラー、Dr.タツコ・マーティンが「エナジーバンパイア」を10タイプに分類。あなたも当てはまっているかもしれないバンパイアのタイプは以下の通り。

●被害妄想バンパイア
●優柔不断バンパイア
●不平不満バンパイア
●自分優先仕切りたがり屋バンパイア
●批判大好き上から目線バンパイア
●嘘つきバンパイア
●一見ポジティブ偽善者バンパイア
●矛盾だらけ自己正当化バンパイア
●気分屋バンパイア
●生きる屍バンパイア
さっきから悪口を聞かされているような。
あなたの精気を吸い取っていく「エナジーバンパイア」をほっておくと、
邪気を受けてあなたの思考がどんどんネガティブになっていくという、
恐ろしい事態に!「エナジーバンパイア」から身を守ると、「周りに素敵な人たちがたくさんいる部署に異動できた!」
「今までの恋人と別れてやっと自分を取り戻せた!」
「プライベートの時間が充実できるようになった」
「慢性的な疲れがスッキリとれて、健康的になった!」etc.これらのように、人生が明るく好転したという報告が数多く届けられています!

「エナジーバンパイア」から身を守る方法  Dr. タツコ・マーティン 著書の説明より

かように「エナジーバンパイア」とは邪悪な存在であり、そんな邪悪な存在にエネルギーを吸いとられる純粋無垢で一切悪くない被害者様の為に素晴らしいアドバイスが「エナジーバンパイア」対策本に書かれてあるようです。
言いたいことはなんとなくわかります。しかし誰も好き好んで被害妄想を抱いたり鬱になったりイライラしているわけではないとも思うのですが。だからと言って下手に同情すると人によっては依存されかねないので話はなんとなく分かりますが。
「エナジーバンパイア」とはイギリスのオカルティスト「ダイアン・フォーチュン」の概念だそうです。
Dion Fortune.jpg

ダイアン・フォーチュンDion Fortune /ˈdiːɒn ˈfɔ:tʃuːn/ 、1890年12月6日 – 1946年1月8日)は、英国のオカルティスト、著述家、神秘家である。西洋の秘教を学び、近現代の魔術復興において重要な役割を果たした。フロイトユングの影響を受けて魔術精神分析学分析心理学の概念を導入し、性魔術の研究も行った。儀式魔術英語版の優れた教育者として知られる。小説とノンフィクションの両面において超自然とオカルティズムに関する多作な書き手でもあり、長編『あの人は悪魔』や『タヴァナー博士の秘密』シリーズを執筆している。

(中略)

最初にフォーチュンに魔術の手ほどきをしたのはアイルランド人オカルティストにしてフリーメイソンのセオドア・モリアーティであった。フォーチュンはモリアーティの運営する合同メイソン・ロッジ英語版(男女の入会を認めるフリーメイソンリーのロッジ)に加入し、1923年にモリアーティが死去するまで、かれの講義する「普遍的神智学」と称する隠秘学教義を学んだ

(転載ここまで)

ダイアン・フォーチュンは1918年にオカルト協会である神智学協会に接触してたびたび研究会に参加をしていたようです。

ヘレナ・P・ブラヴァツキ―-Wikipedia

神智学協会-Wikipedia

 

更に1919年頃、には彼女の親友マイヤ・トランチェル=ヘイズ(後にカーティス=ウェブ夫人)の紹介で隠秘学結社「黄金の夜明け団」(以下G∴D∴)に入会。

「黄金の夜明け団」は、魔術師アレイスター・クロウリーが一時入団していた魔術結社。

1898年に魔術結社「黄金の夜明け団」に参入したクロウリーは、先輩団員アラン・ベネットの指導下で数々の秘儀知識を習得した。1900年春に発生した団内の内紛で師匠マサースと共に黄金の夜明け団を追放される。
アレイスター・クロウリーが制作した「トート・タロット」

 

占い師やスピリチュアル、オカルト信者の間では、アレイスター・クロウリーは、近代西洋儀式魔術の秘密結社「黄金の夜明け団」から独立し、エジプトのカイロで魔術儀式を行った際に降りてきたアイワスと名乗る霊的存在からの幻聴を書き留めた『法の書』を執筆、「トート・タロット」という独自のタロットカードとその解説書「トートの書」を制作した、20世紀最大の魔術師と称賛されているようですが、フリーメイソンのメンバーにより創設された「黄金の夜明け団」には2年しか所属しておらず、内部紛争により追放されたのち、魔術結社「銀の星」を結成し、ドイツのオカルト団体「東方聖堂騎士団」に見込まれ、「銀の星」と「東方聖堂騎士団」の2つの団体を主催するようになるものの、その異端思想から、世界で最も邪悪な男(the wickedest man in the world)と名指しされ、麻薬と淫行に耽る悪魔主義者と書き立てられ国外退去をされ、晩年は流浪の民になるという悲惨な運命をたどっているようです。

「トート・タロット」を制作したのもクロウリーが自己破産をした後の1944年のことであり、「東方聖堂騎士団」は第二次世界大戦のためにすでに壊滅状態、魔術結社「銀の星」もクロウリーの身内サークル程度のものになっていたようです。「トート・タロット」と「トートの書」により名誉を挽回したというわけでもなく、最期は静かな片田舎でひっそりと息を引き取ったのだそう。

ロック・ミュージシャンたちは、このクロウリーの魔術書の影響を受けている者が多い。 中でもそれを最も熱心にやっていたのが、ビートルズ。特にジョン・レノンはクロウリーの魔術とオカルトに魅かれ、本棚にはその著書をずらりと並べていたほどであるという。

参照

RAPT | ビートルズを使った洗脳工作の実態。またはビートルズを大々的に宣伝する村上春樹について。

 

アレイスター・クロウリーは現在でも一部の映画監督やアーティストなどに支持されているようです。クロウリーは「黄金の夜明け団」を追放されたあと、哀れな末路を辿ったはずなのですが。

 

(こちらより転載)

退団後は、独自の魔術研究に没頭し、自らの魔術を体系化を著した「法の書」を執筆した

この魔術書がクロウリーの名をよに広め、さらに魔術の研究をしていくこととなる

自らの研究を進化させるべく1920年にシチリアで「テレマ僧院」を設立

しかし、ここで麻薬や性魔術を応用した悪魔的な儀式を繰り返し、厳しいバッシングにあう

次第にクロウリーは魔術研究は過激なものとなっていき、「食人鬼」や「堕落の魔王」「世界最悪の変人」などと批難され、ある信者がネコの血を飲んで感染死したことから、国外退去を命じられ、祖国イングランドへの立ち入りさえ禁止されてしまった

晩年のクロウリーは、もはや魔術師としての面影は見られず、欲にまみれ変わり果てた人間の姿で、事実、いつしか彼の魔術は快楽主義的なものになっていった

それが影響して後半生は流浪の身になり、その後、流浪の魔術師として72歳でこの世を去った

1947年12月1日のことだった

(転載ここまで)

晩年のクロウリーの変り果てた姿はあまりに気持ちが悪いので転載しませんご了承ください。(「アレイスター・クロウリー 晩年」などで画像検索してください。)

オカルティストの晩年はたいてい悲惨であるようです。悪魔を崇拝していたのだから当然です。

 

その「エナジーバンパイア」の概念を生み出したダイアン・フォーチュンの設立した魔術結社「インナーライト(内光友愛会)」からは小児性愛で複数の逮捕者を出しているらしい。

ブラヴァツキー、神智学協会、フリーメーソン、クロウリー、黄金の夜明け団、性魔術の研究、小児性愛で逮捕者・・・説得力なし。
神智学協会や隠秘学結社、魔術結社などは悪魔崇拝組織なので、小児性愛も子供の生贄儀式もカニバリズムも当たり前のように行われていた可能性があります。この他にもオカルト、ニューエイジの教祖などを調べれば小児性愛で訴えられている例はいくつも見つかります。
魔術は悪魔崇拝であり神の反逆です。現実にこの世のトップたちが陰で悪魔に生贄を捧げ、本気で「神(創造主ヤハウェ)」に反逆をして、悪魔から知恵と力を授かるというおぞましい儀式が行われています。
参照
多くの子供たちが誘拐されているのは悪魔崇拝者の生贄のためである可能性がある。
その悪魔崇拝から来るスピリチュアル、ニューエイジは「ポジティブ教」とも言えるような教義であり、そのスピリチュアル、ニューエイジの教祖、信者は、この世の裏側の深い闇も知らず、或いは知っていながら、自分たちの悪なる正体を隠しておき、ポジティブと、明るさと、ワクワクする事と「愛」や「心の在り方」の大切さを明るく元気に語り、庶民個人個人のネガティブな性格や感情がこの世の全ての諸悪の根源と言わんばかりの嘘を伝える偽善者ばかりです。
ニューエイジやオカルトは、神や聖書についての嘘を吹聴し、そんな宗教なんかよりもこちらの方が自由で生きるのが易しく幸せになれるかのように宣伝し、これらは自分たちが研究して得た真実だと信じ込ませ、自由や幸せを謳いながら気づかれないように悪魔を崇拝させて地獄へ送る偽善活動です。
そして現在そのオカルティズムの暗さ、恐ろしさを隠し、キラキラと天使や愛や自由を装っているのがここ数年で流行ったスピリチュアル系です。占い、おまじない、タロットカードなどもオカルティズムから来ています。これらはキリスト教やオカルトに無知な人(主に女性)が容易く趣味として取り入れやすくなっています。(私管理人もかつては占いなどが好きでした)
一般的なタロットカード
スピリチュアル系が教える神々は悪魔ばかりであり、その儀式や呪文も悪魔崇拝から由来し、神を冒涜する代物ばかりですのでご注意ください。
エナジーバンパイアが発生する原因は以下の通りです。

 

(こちらより転載)

エナジーバンパイアは、その人が本来持つ性質ではありません。たまたまエネルギー切れになった人が、周りの人からエネルギーをもらおうとしてバンパイア化してしまったものです。

(❓)

たとえば、エナジーバンパイア自身も感情の起伏が激しく、エネルギーを感情で消費しやすいため、少しのことで落ち込んでバンパイア化してしまうパターンがあります。

または、愛情不足でエネルギー切れになってしまうこともあります。

パートナーがいつも機嫌が悪くてどうしたらいいか分からないというときは大抵、愛情が足りていないだけです。わざと怪我をしたり、悪さをしたりする子供も単に愛情不足かもしれません。

愛情不足と言われても・・・・・・

本当にその子供の母親が虐待などで愛情がないのならその親が考える必要があるのでしょうけど、赤の他人の場合は何の義理でその人の愛情不足というものをこちらが埋めなければならないのでしょうか。誰でも常にその愛情が満たされている(?)というわけでもないと思いますが。問題がある人が自分で研究、分析して改善してほしいものです。巷の情報やフロイト心理学や専門家はインチキばかりでしょうけど。私は香〇リカを始め個人的に(特に国内の)精神科もカウンセラーもいまいち信用できません。

 

「気づかないうちにエネルギーを奪ってくるエナジーバンパイア」撃退法

とは以下の通りです。

こちらより転載)

バンパイア撃退の9つの方法

  • 1.同情・共感せずに聞き流す
  • 2.過度に拒絶しない
  • 3.距離を取る
  • 4.姿勢に注意する
  • 5.イエスマンになりすぎない
  • 6.本音を伝える
  • 7.対策マニュアルを作成する
  • 8.環境を変える
  • 9.仲良くしようとしない

 

その他、「家族にエナジーバンパイアがいる場合」の「撃退方法」、「エナジーバンパイア撃退の注意点」など、エナジーバンパイアの被害者様に対する説明がなされています。

 

そしてその「エナジーバンパイア」がそんなに関わらなくてもいい人の場合は、無視でOK。友達や知り合いから、頭に来るようなことや心配するようなことを言われたときも無視でOK。その「バンパイア」と付き合ってあげる義務はない、何かしつこいようなら着信拒否やブロックをすればいい・・・・・

要するに、自分が嫌だと思う人、迷惑な人、波長が合わないと思う人はあまり相手にせず、うまく距離を取れという事のようです。

それ程問題のない人や信頼できる人が嘆いたりしているなら適切に励ませばいいという事らしい。

 

しかし相手が実際にエネルギーを「奪っている」、「吸い取っている」かどうかの根拠はあまりないようです。

「エネルギー切れになった」と言ってどのようにして他人からエネルギーを咄嗟にもらうことが出来るのかよくわかりません。甘ったれた人がが甘ったれたら気が補充される感じになるという事ですか。飲食や運動でもすればよいのでは・・・・・・。

良く食べて良く運動するような人でも迷惑な人はいますけど。昔からの心や性格の問題では。

 

「ヴァンパイア」とは要するに「クレクレ君」ですか。要求がましい人の事でしょうか。

なんとなく言いたいことは分かります。他力本願な人も当てはまるのかもしれません。

良い人だと言っては「いつも教えてくれる」(自分で考えない)、「元気や勇気をくれる」、「~してくれる(のはあなただけだ)」などと恩に着るような事を言う人も、一見すると感謝の心があるように見えますが、他人が調子のいい時に限ってやって来ては、おだてて持ち上げて、おいしいところを奪い去って行くなど都合のいいときに利用するような偽善者である場合があるようです。

そう言う人に限ってこちらに何かがあった時に無関心で助けません。自分のことしか関心がない人なので。それでいてしかも「与えることが大切」だの「絆」だのきれいごとを言って「良い人」と褒められるのが大好きだったりするようです。

どうもクレクレ君=マザコンであることが多いようです。「母親不在」は社会問題かもしれない。

 

最近は中途半端な知識で「愛情不足」で性格などに難(嫉妬、怒りっぽさなど、それが親の不満から由来するなどと言う)があるのだと勝手に心理分析して、他人に言いふらしたり、相手を哀れな人だと思ったり、人格攻撃をする一般人が多い気がします。

専門家でもない、どこかの心理学を齧ったような人が、自分が違っていると思う他人をなんでも愛情不足のせいだろうとか、「毒親」に育てられたのだろうとか、お前は今までこんな風に生きてきたのだろうと一方的に決めつけるのは止めた方が良いと思います。人によってそれまでの人生や家族や人間関係に対する見方は違ったり変わったりするので。家族ばかりが原因ではないと思います。

 

かつて騒がれた少年Aも親子関係が取り沙汰されていましたが、それらは全て嘘です。少年Aは冤罪です。

RAPT | 少年Aの手記「絶歌」を出版させたのはロスチャイルド。ネットに広まった少年A冤罪説を火消しするための工作か。

【神戸児童連続殺傷事件】の裏で行われた270億円もの「巨額利益供与事件」の真相 | Kawataのブログ

 

私は親と仲良しのいじめっ子も知っていますが。悪人は善人のふりをするのが上手いとも言いますので、悪人が社会的評価をされ、良い人と思われ、その被害者は踏み台にされた挙句に隅に追いやられエナジーバンパイア扱いされているという状況も少なくないのかもしれません。

 

しかし上記に上げられた「バンパイアの特徴」についてあまり気にしない人もいると思いますけど・・・・・。

「何かとトラブルを起こしたり、異様にテンションが高くて暑苦しい、または暗くて元気がなくて心配になってしまうような気になる人はいませんか?」

気にするな、余計なお世話をするなという事ですね。誰でも上記に挙げられた症状になり得るとも思えません。

そして「エナジーバンパイア」からエネルギーを奪われた時の対処法は、
こちらより転載)
1.風呂にゆっくり浸かる
2.手足の末端をマッサージをして温める

3.前向きになる言葉や音楽に触れる

4.アロマで部屋の中を良い香りで満たす

5.前向きなイメージをしながら寝る

6.朝起きて、前向きな言葉を宣言する

7.食べるものを光のエネルギーに見立てる

とにかく嫌な人と接して疲れたら、ヒーリングなどをして良く休みましょうという事らしい。

それでも明日も、明後日も、その「エナジーバンパイアども」と仕事をするしかない。

出来るだけ距離を置く事を心がけ、毎日セルフケアでエネルギーを補充することという事か。そうして自分で自分をどうにかケアすることだけが自分の救いという事なのか。

さもなければ「エナジーバンパイア」に該当する人がいない完璧な職場を見つけるしかないようです。余程の運がないと叶いそうにないのではないかと思うのですが、「エナジーバンパイア」の対策についての本によると、この本に書いてある通りに「エナジーバンパイア」に正しく対処をすれば、そのバンパイアがいなくなったり、自分が移動になったりと良いことが訪れるようになるのだそうです。

 

自分がエナジーバンパイアにならないためには、自分で自分のエネルギーを満たす必要があるのだそうですがそもそもエネルギー切れになるという状態がよくわかりません。

 

こちらより転載)

 

まず、自分の都合ばかり考えて、思うがままに人を利用しないように意識することが大事です。

そして、元気で明るく前向きで『ご機嫌な状態』を自分で作れるようになることが必要です。

 

だそうですが、誰でも、どんな性格の人でもそのように変貌し得るとは思いません。機嫌よく振舞えばうまく行くということでしょうか。

「自分の行動が相手のエネルギーを奪っていないかな」

と考えるのはもちろん、

「今の自分はエネルギーが落ちていないかな?」「落ちているのなら自分で回復させよう」と、自分の状態をチェックしたり、相手の反応を見たりします。

もしくは親しい人に自分の状況を指摘してもらいながら、調子を整えていくことが大切です。

 

そんなこと普通の人にはわからない。おそらく私が自分のエネルギーの状態がどうか、ひとのエネルギーを奪っていないだろうかなどと近くの人に聞いたら「何を言っているのか」と不審がられるでしょう。自分の健康状態くらいしか自覚できません。

 

自分がエナジーバンパイアになってしまった時の対処法や治す方法

それでも自分がエナジーバンパイアになってしまった場合は、

「今のネガティブな自分は自分ではありません」「私は人のエネルギーを奪いません」と声に出したり、心の中で宣言したりしましょう。

あなたがもしネガティブな思考を持ってしまっているなら、それは、他のエナジーバンパイアに影響されているだけかもしれません。そんなネガティブな自分は本来の自分ではない、と思うようにしましょう。

先ほどお伝えしたエナジーバンパイアの撃退法を実施し、自分のエネルギーを上記の方法で回復させ、エネルギーに満ち溢れる自分に戻します。

そして、関わる人の幸せや喜びのために、自分ができることを考えて行動しましょう。

確かに質の悪い人や合わない人の波長や気に影響されることはあるかもしれませんが、それはただの人間であってバンパイアではない。

あんな嫌な人やこんな嫌な人・・・・と言うのを一括りにまとめた言葉がバンパイアということらしい。

そう言って調子が悪い原因を人のせいにしている自分は天使だと言っているように聞こえなくもない。

 

確かに波長に敏感な人もいるようですが、そんなに世の中、他人の波長が悪いなどとジャッジ出来るほどに霊的に敏感な人は数多く存在していないと思います。

「エネルギーヴァンパイア」という事にされてしまうドリーン・バーチュー

「天使のオラクルカード」等でニューエイジの信者に人気だったドリーン・バーチュー

2017年にある教会でイエスキリストに出会い、これまで自分が製作した天使のオラクルカードを捨ててクリスチャンに転身した、元ニューエイジのドリーン・バーチューですが、
その証について、祝福する人もいれば、良く思っていないファンもいるようです。
ドリーン・バーチューが天使のオラクルカードを捨て、キリスト教に転身したら、「彼女はエナジーバンパイアだった」と言う人もいるようです。スピリチュアル系の人たちの間では、ドリーン・バーチューが「私は悪魔に騙されていた」、「今は神の御心だけを行おうと思うようになった」と語ったことに対して警戒心を持っている人がいるようです。
キリスト教にもかなり偏見があるようです。

こちらより転載)
自転車に乗るとき、三輪車のママチャリをみっともないと思う人もいるかもしれませんが、目的地に着ければいいと思います。タロットカードも三輪車のようなもので、それで望む答えが得られればいい気が私はします。

ただ、スピ系のアイテムはカードや本に持ち主の元気を吸い取ったり、発行者の邪気や病気を捨てたりする仕掛けがしてある場合も多いです。その魔術の解除が面倒なので私自身は自分がヤバいと思った人物の本やスピグッズはすべて廃棄しました。

(元々、絵に描いたような金髪美人でしたが、数年前まではこんな感じだったようですよ)

ドリーンさんがしばらく前までは美魔女で美しさと若さを保っていたのに、ここ数年でいきなりお婆さんのようになってしまったのも、読者やファンから若さを吸い取る仕組みが外れたからではないかと思ってしまいます。(エネルギーバンパイヤだったんでしょうね。一人ずつが取られたりネガティヴ注入される量は少ないから、みんな気づかなかっただけでw)

自分の頭で考えること、自分の心で感じること。全肯定とか全否定ではなく、自分で消化して、その上で必要な情報を自分の手で取捨選択していく。それが大切なんじゃないでしょうか。

本来、私たちは自分の中に判断力があり、パワーがあり、愛情があり、神性が宿っています。「こんな素敵な人の言うことなら間違いない」とか「あなたについて行きます」ではなく、自分が元々持っていたパワーを思い出して最大限に使っていきたいですね。

(転載ここまで)

ドリーン・バーチューがキリスト教に転身したことを告白した動画はこちら

「ドリーン・バーチューがイエスに出会い、占いもアセンデッドマスターもオラクルカードも止める!」

こちらより転載)

でもあの~ドリーン・バーチューさん、キリスト教って、悪魔崇拝教ですよね?(;´・ω・)??

あなたほどの方ならそのくらいのことは分かってると思うのですが、何故?(;´・ω・)??

・・・て、最初からそっちだったんですよ、彼女。最初から変わってなどいないんです。ずっと悪魔崇拝者だったということです。

彼女がイエスに出会ったのは2017年1月7日とのこと。

2+0+1+7+1+7=18→6+6+6。やっぱり悪魔の数字666!彼女が出会ったのはサタンです。

 

今まで彼女がやっていた天使とか女神のワークも、そのベールを剥がせば悪魔が姿を現します。そしてキリスト教というベールを剥がしても、やっぱりその向こうには悪魔が控えています。どっちを転んでも悪魔です。

でも同じ悪魔なら、わざわざこんな面倒なことしなくてもいいのに、何故なのか?・・・考えられる理由の一つに、「上げて上げて落とす作戦」があります。

夢見心地から突然落とされたときの人間から出る強いショック感、がっかり感、戸惑い、混乱といったエネルギー、これ、ネガティブETにとって非常に美味なんだそうです。

人々に自分を信頼させ、ステキな世界・夢を見させ、心地よ~くさせてさせてさせて~・・・・・・・(*˘︶˘*)・・・・・・・・・ある日突然落とす!!!☆⌒Σ(≧□≦)イタァ‼!

これ、レプ組織がよくやる手です。

アゲてアゲてアゲて~(ノ゜ー゜)ノ

・・・・・・・ (*˘︶˘*)・・・・・・・・突然落とす!!!☆⌒Σ(≧□≦)プギャー‼!

落下距離が高ければ高いほど、つまり、ドリーン・バーチューさんへの信頼や憧れの気持ちが強ければ強いほど、そしてそれが長く続けば続くほど、裏切られたときのショックは大きいものがあります。そのショックのエネルギーを摂取するのです。

彼女はこの時のためにレプ組織からずっと持ち上げられてたのかも知れませんね。

スクリーンショット (519)

て言うかそれが目的です<(_ _)>

恐れ、混乱、炎上バンザイ!!\(^o^)/

また、彼女は女性からの支持が圧倒的だったように思いますが、女性って男性よりも念エネルギーが強いと言われています。そして彼女を慕う女性たちは一般の女性より更に念のパワーが強そうです。

私は彼女(とそのバックにいる存在)はそういった念の強い女性たちからエネルギーを摂取していたのではないかと思っています。女性エネルギーをたくさん摂取して、若さや美をキープしていたのかも  (・_・;)

そんなことをやってきたからか、彼女、随分お婆さんみたいになっちゃいましたね。

59歳だそうですが、私には「若く見える80代」に見えます。

virtue_doreen3

(転載ここまで)

なんだか根拠のない話で苛めている様子を見ているような。

一部情報によると、ドリーン・バーチューはこれまで「ボトックス注射」(シワやえらをなくす注射)を定期的に行っていて、現在はもう止めたのだそうですが、ブロガーやファンの人たちが「ここ数か月でお婆ちゃんのようになった」ように見えると言うのは単にそのせいではないでしょうか。

顔が別人…ボトックスでの若返りに失敗しちゃったセレブたち|NAVERまとめ

 

因みに彼女はヴィーガン(完全菜食主義者)のようです。キリスト教は菜食を勧めていませんが、彼女がこれからもヴィーガンを貫き通すつもりなのか不明です。

栄養の偏るヴィーガンを実践し、ボトックス注射で若さを保つ・・・・・・「天使のガイダンス」によって完璧な美容法を実践していたわけではないようです。

それからドリーンは元々金髪ではなく、長い歳月暗めの色の地毛をまめに脱色していたようです。

現在60代ですが、見た目は相応では。

まあ、そんな話は私はどうでも良いのですが(¬_¬ )、ドリーン・バーチューの若い写真と現在とを比較して見せ、根拠もなく「彼女はエネルギーヴァンパイアで、ファンの女性から若さを吸い取っていたから若さを保てただけのですねw」と言う人が何人かいるようです。

ドリーン・バーチューはいじめられっ子だったそうですが、いじめられっ子の傾向は大人になっても変わらないのでしょうか。

このようなやり取りを見るとスピリチュアルは何の為にあるのかわからなくなります。

そのように言うスピリチュアル好きの人たちは、ドリーンがキリスト教に改心した話についてはちっとも聞かない、というより全く話が通じないようです。今は幸せだと言う彼女に祝福はおろか悪人扱いのようです。

スピリチュアルも悪魔だけど、キリスト教もただの恐ろしい悪魔崇拝という認識らしい。では彼らは何を信じているのでしょうか。意味が分かりません。スピリチュアル系に騙されたと思い、今は神社仏閣にいる神々が本物の神様だと信じているのかもしれません。

その他レプ組織の仕業だとか言っていますが意味不明なので無視します。

参照

RAPT | レプタリアン陰謀説の真偽について。http://rapt-neo.com/?p=16786

,

ドリーン・バーチューがキリスト教に転身したことについて更に詳しく語っている動画はこちら

「キリスト教徒になったドリーン・バーチューが、皆から良く聞かれる質問に答える」Doreen Virtue answers Frequently Asked Questions

ドリーン・バーチューが動画でも話しているように、そもそも、占いやスピリチュアルというのは神の反逆、聖書に反することであり、占いのリーディングや、チャネリング、高次元のメッセージを受け取ったという話は全て悪魔、悪霊からくる偽の存在で、そのメッセージの内容もほとんどが嘘であり、低い例からの視点で語っているに過ぎないものと思われます。

それらからくるメッセージは、たいてい真実に嘘を混ぜ、聖書やキリスト教は嘘だと言い、神やキリストについて人々に誤解を与え、信じるに値しないと思わせ、自由や肯定などの聞こえのいい言葉を使っては、堕落をさせたり、最後は人々を地獄へ送るようなものばかりです。

申命記第18章9節~12節

異教の習慣への警告
9あなたが、あなたの神、主の与えられる土地に入ったならば、その国々のいとうべき習慣を見習ってはならない。 10あなたの間に、自分の息子、娘に火の中を通らせる者、占い師、卜者、易者、呪術師、 11呪文を唱える者、口寄せ、霊媒、死者に伺いを立てる者などがいてはならない。 12これらのことを行う者をすべて、主はいとわれる。これらのいとうべき行いのゆえに、あなたの神、主は彼らをあなたの前から追い払われるであろう。 13あなたは、あなたの神、主と共にあって全き者でなければならない。 14あなたが追い払おうとしているこれらの国々の民は、卜者や占い師に尋ねるが、あなたの神、主はあなたがそうすることをお許しにならない。
神社やタロットカードにも使われている五芒星や六芒星は悪魔召喚にも使われている。
六芒星

占いや魔術(ウィッチクラフトワークス)などで以上のような五芒星や六芒星が使われますが、これらは悪魔召喚に使われるシンボルであり、そこから悪魔を呼び出し、その後、誘拐した人間を使った生贄儀式などが行われます。

参照

RAPT | ボヘミアン・グローブでの悪魔崇拝。目撃者の証言が見られる動画。

そのようなシンボルが使われたカードなどから得られる答えは悪魔、悪霊によるものです。当たることもあるかも知れませんが、本当の神様から来た情報ではありません。

五芒星や六芒星は神社でも使われていますが、神道も仏教もヒンズー教も悪魔崇拝です。それを神様と信じて拝んだり、写経をしたり、マントラを唱えたりするのも個人の自由ですが止めた方が良いと思います。
五芒星が使われている清明神社

【京都】定番の観光スポット|NAVERまとめ

このような商品の購入はお勧めしません。

レビ記第26章1節

あ な た が た は 自 分 の た め に 偶 像 を 造 っ て は な ら な い 。 ま た 自 分 の た め に 刻 ん だ 像 や 石 の 柱 を 立 て て は な ら な い 。 あ な た が た の 地 に 石 像 を 立 て て 、 そ れ を 拝 ん で は な ら な い 。 わ た し が あ な た が た の 神 、 主 だ か ら で あ る 。

ヨハネの手紙一 第4章1節-6節

偽りの霊と真実の霊

1愛する者たち、どの霊も信じるのではなく、神から出た霊かどうかを確かめなさい。偽預言者が大勢世に出て来ているからです。 2イエス・キリストが肉となって来られたということを公に言い表す霊は、すべて神から出たものです。このことによって、あなたがたは神の霊が分かります。 3イエスのことを公に言い表さない霊はすべて、神から出ていません。これは、反キリストの霊です。かねてあなたがたは、その霊がやって来ると聞いていましたが、今や既に世に来ています。 4子たちよ、あなたがたは神に属しており、偽預言者たちに打ち勝ちました。なぜなら、あなたがたの内におられる方は、世にいる者よりも強いからです。 5偽預言者たちは世に属しており、そのため、世のことを話し、世は彼らに耳を傾けます。 6わたしたちは神に属する者です。神を知る人は、わたしたちに耳を傾けますが、神に属していない者は、わたしたちに耳を傾けません。これによって、真理の霊と人を惑わす霊とを見分けることができます。

ドリーン・バーチューがメッセージを受けていたと信じていた天使たちは皆悪魔、悪霊から来ている偽物であり、本当の天使や神からの啓示ではなかったようです。神(創造主ヤハウェ)の御使いである天使がオカルトに関わるということはあり得ません。

ドリーン・バーチューが動画でも語っているように、祈りの答えは神様(創造主ヤハウェ)から受けるものであって、天使やその他の神々に願いを何でも聞いてもらって叶えてもらうのではありません。(「引き寄せの法則」のようにお金でも車でも何でも欲しいものが手に入るというものでもありません。)

スピリチュアル系の教祖はそのような人を惑わす偽の神や天使の霊感を受けている人ばかりです。

その偽の霊が語ることは、神の冒涜と言えるような内容ばかりで、冒涜とわからないように、自由などの聞こえのいい言葉を使って騙します。

ドリーン・バーチューが「悪魔に騙されていた」と言われているのははそういう事です。

「オラクルカード」やオカルト、ニューエイジの本、占いや魔術の商品などは持っていると気や波長などが良くないようですので捨てた方が良いと思いますが、だからと言ってドリーン・バーチューが「エナジーバンパイア」で、意図的にカードから悪い気を発生させたり、カードからエネルギーを吸いとるように作っていたというわけではないと思います。

コリント信徒への手紙第11章12節~15節

1 2 わ た し は 今 し て い る こ と を 今 後 も 続 け る つ も り で す 。 そ れ は 、 わ た し た ち と 同 様 に 誇 れ る よ う に と 機 会 を ね ら っ て い る 者 た ちか ら 、 そ の 機 会 を 断 ち 切 る た め で す 。 1 3こ う い う 者 た ち は 偽 使 徒 、 ず る 賢 い 働 き 手 で あ っ て 、 キ リ ス ト の 使 徒 を 装 っ て い る の で す 。

1 4 だ が 、 驚 く に は 当 た り ま せ ん 。 サ タ ン で さ え 光 の 天 使 を 装 う の で す 。 1 5 だ か ら 、 サ タ ン に 仕 え る 者 た ち が 、義 に 仕 え る 者 を 装 う こ と な ど 、 大 し た こ と で は あ り ま せ ん 。彼 ら は 、 自 分 た ち の 業 に 応 じ た 最 期 を 遂 げ る で し ょ う 。

ドリーン・バーチューのキリスト教の転身によって、オラクルカードや天使の本を(騙されたかのように不満で)捨てたという人がいるようですが、ドリーン・バーチューの商品に限らず、悪い波長をもったオカルト商品は全て捨てて、出来れば聖書を購入して読むことをお勧めします。

ドリーン・バーチューは悪魔崇拝から来る偽の神や天使を使ったニューエイジの活動を悔い改め、本当の神の御心を行う人になったのであって、崇拝する悪魔教を変えたわけではありません。キリスト教は何千年も異教徒を神の名のもとに殺してきた残虐な宗教だ言う人がいるようですが、キリスト教は悪魔教ではありません。
参照

「エナジーヴァンパイア」のレッテルを貼られた人は、

その人自身のが調子が悪い原因を、

「あなたがエネルギーを奪いとったからだ」と身に覚えのない事を言われ、

「あの人がエネルギーを吸いとったんだよね」と陰で自分のせいにされ、

白髪が増えたら、

「あいつにエネルギーをこんなに吸いとられた」と恨まれ、

「エナジーヴァンパイア」と思われている人が、顔色が良くなり、健康になったとしても、

「あの人はエナジーヴァンパイアだから、人からエネルギーを沢山吸いとったんでしょうね」

と陰口を言われ

そしてしばらくして顔色が悪くなったりすれば、

「人からエネルギーを吸ってばかりいたから、とうとう罰が当たったんでしょうね」

「今まで若々しくて元気だったのは、あの人がエナジーヴァンパイアだったから」

「若い人からわからないように奪っていたんでしょうね」

「あの人もその血筋なんだろうね」

とでも言われるのかもしれない。

というより、実際にそのように言う人がいるようです。

「エナジーバンパイア」のレッテルを貼られたらどちらに行っても悪口を言われるようです。

根拠のない話を使ったいじめでしょうか。まるで小中学生では。

確かに対人関係のストレスでも白髪は増えるでしょうが、それは「相手がエネルギーを奪ったから」ではないでしょう・・・このような誤った霊的な知識が中途半端に人々に認識され、浸透しているのは気味が悪い。

確かに迷惑な人に対しては適切な対処をすべきですが、それにしてもあいつはただの人間ではなくバンパイアだとジャッジするその様は現代の魔女狩りのようでもあり、大人が言うよりもそれは小学生のいじめで言うことのようにも見えるのは私だけでしょうか。
それにヴァンパイアというのは伝説であって実在したかどうかは疑わしい。

ドラキュラ、バンパイアとは、悪魔崇拝の存在を隠してごまかすために、そのような伝説が創られたのだろうかとも想像しますが、違うでしょうか。

RAPT | 〈TALK RADIO〉悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。

RAPT | バチカン、イエズス会、ローマ法王、王族による生贄儀式と児童虐殺が法廷で明らかに。

幼児虐殺事件で逮捕状が出ているエリザベス女王
サタン ルシファー

普段からにオカルトの知識が頭にある人は自覚がないのかもしれませんが、そのような霊感やスピリチュアルなど全く信じていない現実的な人からすれば、自分が「エナジーヴァンパイア」と本気で思われていると知ったら「この人は何を言っているのか」と怪しまれるのでは。

そんな風に誰かが自分を人間として見ておらず、害獣扱いしてるのだと気が付いたら、その人もそう思っている相手に対してネガティブな存在だと思って避けると思います。

そのようなことを本気で言っている人が多い人間関係は考え直した方が良いのかもしれません。

今はコロナウイルス(という嘘)の問題や緊急事態宣言による経済破綻で多くの人たちが職を失いそうになっているので、こんな根拠のない話で争っている場合ではないでしょうけど。

そしてその「エナジーバンパイア対処法」の本などの評価を見ると、

、、
現在のスピリチュアリズムやニューエイジは、悪魔崇拝が姿形を変えたものです。そのような事実を知らずに、本気で神(創造主ヤハウェ)に反逆をしている悪魔崇拝者がこの世を支配していることを知らずに、悪魔崇拝化から来ている偽の神々の呪文や儀式を覚えてポジティブに振舞っても、愛も真実も自由も何もあったものではありません。
確かに波長が合わない人などはいるでしょう。だからと言って自分が疲れた原因を「あいつがエネルギーを吸ったから」というのは根拠がありません。まるで子供の空想話を使ったいじめのようにも聞こえます(いい大人が)。相当に健康に気を使っている人でもその「エナジーバンパイア」には逆らえないのでしょうか。そうでない人の違いがあるならその説明もして頂きたいです。
神も霊も天国も気も波長も天使も悪魔も存在しますが、悪魔崇拝から来るスピリチュアル、ニューエイジからは真実を学べるわけがありません。そのようなオカルトの本は捨てて、ドリーン・バーチューのように聖書を読むことをお勧めします。
別に何を信じようと自由ではないか、日本人には必要ない、キリスト教がよそに向かって間違っているなどと余計なお世話だなどと言うのなら仏様でも何でもご自由に信じて従えば良いと思います。
以下のブログで悪魔崇拝や霊界について詳しく書かれていますのでご参照ください。
オカルト、悪魔崇拝の滅びを祈ります。
ヨハネの手紙1 第1章 5節ー10節
神は光
5わたしたちがイエスから既に聞いていて、あなたがたに伝える知らせとは、神は光であり、神には闇が全くないということです。 6わたしたちが、神との交わりを持っていると言いながら、闇の中を歩むなら、それはうそをついているのであり、真理を行ってはいません。 7しかし、神が光の中におられるように、わたしたちが光の中を歩むなら、互いに交わりを持ち、御子イエスの血によってあらゆる罪から清められます。
8自分に罪がないと言うなら、自らを欺いており、真理はわたしたちの内にありません。 9自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。 10罪を犯したことがないと言うなら、それは神を偽り者とすることであり、神の言葉はわたしたちの内にありません。