「私がACIM『奇跡のコース』を捨てた理由」ドリーン・バーチュー|YouTube

 

ニューエイジからクリスチャンに転身したドリーン・バーチューの最新動画を転載します。

「私がACIM『奇跡のコース』を捨てた理由」ドリーン・バーチュー

 

(Freedom in Christ |YouTubeより転載)

ニューエイジの聖書と言われているACIM「奇跡のコース」は、ヘレン・シャックマンという女性が1965年に書いたものですが、「自分はイエスだ」という声が聞こえ、その声は「聖書で教えられていることは間違っており、自分はそれを正しに来た」と彼女に言ったそうです。そして、その声は「正しい教え」を書きとめるように彼女に指示したのでした。 本の内容は、聖書の正反対を教えるもので、これは、まさに2000年前から聖書が警告していた偽キリストであることを説明します。(第2コリント11:4) イエスを名乗る偽りの霊によって書かれたものを読む人が、本当の聖書を読んで、彼らの目が開かれることを祈ります。

(転載ここまで)

 

『奇跡のコース』は、全国の書店で販売されていますが、それよりも聖書を購入されることをお勧めします。

 

ドリーン・バーチューは天使の書籍やカードでスピリチュアル、ニューエイジの間で人気でしたが、ある日教会でイエス・キリストの姿を見て以来、ニューエイジから足を洗い、クリスチャンに転身しました。

 

 

詳細

「ドリーン・バーチューがイエスに出会い、占いもアセンデッドマスターもオラクルカードも止める!」 – YouTube

ドリーン・バーチュー紹介|ドリーン・バーチュー日本語公式サイト

 

天使とは神(創造主ヤハウェ)の御使いのことですが、ドリーン・バーチューがそれまで受けていた天使のメッセージやインスピレーションなどは全て偽物だったようです。

管理人も本を読みながら、聖書に現れるような大天使のミカエルやガブリエルが誰に対しても寛容で、仕事だろうと、人間関係だろうと、お金だろうと、どんな悩みでもどんな願でも耳を傾けて助けてくれるという話がどうも納得しないと思うことがありました(-_-;)。天使は神の御心だけを行う存在であり、どんな人間にも耳を傾け、どんな些細な願いも全て叶えるお手伝いをするために存在しているのではありません。

ヨハネの手紙1 第4章 1節ー6節

偽りの霊と真実の霊
1愛する者たち、どの霊も信じるのではなく、神から出た霊かどうかを確かめなさい。偽預言者が大勢世に出て来ているからです。 2イエス・キリストが肉となって来られたということを公に言い表す霊は、すべて神から出たものです。このことによって、あなたがたは神の霊が分かります。 3イエスのことを公に言い表さない霊はすべて、神から出ていません。これは、反キリストの霊です。かねてあなたがたは、その霊がやって来ると聞いていましたが、今や既に世に来ています。 4子たちよ、あなたがたは神に属しており、偽預言者たちに打ち勝ちました。なぜなら、あなたがたの内におられる方は、世にいる者よりも強いからです。 5偽預言者たちは世に属しており、そのため、世のことを話し、世は彼らに耳を傾けます。 6わたしたちは神に属する者です。神を知る人は、わたしたちに耳を傾けますが、神に属していない者は、わたしたちに耳を傾けません。これによって、真理の霊と人を惑わす霊とを見分けることができます。
マタイによる福音書第24章 15節ー27節
大きな苦難を予告する
15「預言者ダニエルの言った憎むべき破壊者が、聖なる場所に立つのを見たら――読者は悟れ――、 16そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。 17屋上にいる者は、家にある物を取り出そうとして下に降りてはならない。 18畑にいる者は、上着を取りに帰ってはならない。 19それらの日には、身重の女と乳飲み子を持つ女は不幸だ。 20逃げるのが冬や安息日にならないように、祈りなさい。 21そのときには、世界の初めから今までなく、今後も決してないほどの大きな苦難が来るからである。 22神がその期間を縮めてくださらなければ、だれ一人救われない。しかし、神は選ばれた人たちのために、その期間を縮めてくださるであろう。 23そのとき、『見よ、ここにメシアがいる』『いや、ここだ』と言う者がいても、信じてはならない。 24偽メシアや偽預言者が現れて、大きなしるしや不思議な業を行い、できれば、選ばれた人たちをも惑わそうとするからである。 25あなたがたには前もって言っておく。 26だから、人が『見よ、メシアは荒れ野にいる』と言っても、行ってはならない。また、『見よ、奥の部屋にいる』と言っても、信じてはならない。 27稲妻が東から西へひらめき渡るように、人の子も来るからである。 28死体のある所には、はげ鷹が集まるものだ。」

スピリチュアル系、ニューエイジは、口を揃えて「聖書は改ざんされた」「全て作り話、嘘」と話し、悪魔の存在を否定し、聖書の神やイエス・キリストの存在を否定し、神の冒涜に当たるような言動をとっています。

彼らは祝福された善人を装い、あなたは100%、あるがままで完璧です、あなたはとても良い人であり、完全に限りなく自由です、あなたが何を選ぼうとそれが正しいのです、「心の声」に従ってください、罪も悪魔も存在しません、恐れと不安が創り上げる幻想です、と嘘ばかりを語ります。

更に「恐れるな」と聖書にも書いてあるではないか、と聖書を曲げて解釈をし、罪に陥れるように誘導をして堕落をさせ、最後は地獄に送り込みます。

ニューエイジの間でよく行われるチャネリングとは、聖書で禁じられている霊媒のことです。チャネリングをした人物は、宇宙人、イエス・キリスト、大天使ミカエル、神様などからメッセージを受けたと言っていますが、それを通して現れる霊は全て偽物です。

ドリーン・バーチューは新宗教「クリスチャン・サイエンス」の両親のもとで育ったようですが、この『奇跡のコース』で、イエス・キリストをチャネリングした「ヘレン・シャックマン」もクリスチャン・サイエンスの影響を受けているようです。そしてやはり悪魔教である神智学からも影響を受けているようです。オカルト、魔術は神への反逆です。

 

ヘレナ・P・ブラヴァツキー‐Wikipedia

神智学 – Wikipedia

ブラヴァツキー、神智学 参照
申命記18章 9節ー14節
異教の習慣への警告
9あなたが、あなたの神、主の与えられる土地に入ったならば、その国々のいとうべき習慣を見習ってはならない。 10あなたの間に、自分の息子、娘に火の中を通らせる者、占い師、卜者、易者、呪術師、 11呪文を唱える者、口寄せ、霊媒、死者に伺いを立てる者などがいてはならない。 12これらのことを行う者をすべて、主はいとわれる。これらのいとうべき行いのゆえに、あなたの神、主は彼らをあなたの前から追い払われるであろう。 13あなたは、あなたの神、主と共にあって全き者でなければならない。 14あなたが追い払おうとしているこれらの国々の民は、卜者や占い師に尋ねるが、あなたの神、主はあなたがそうすることをお許しにならない。
ヨハネの手紙1 第1章 5節ー7節
神は光
5わたしたちがイエスから既に聞いていて、あなたがたに伝える知らせとは、神は光であり、神には闇が全くないということです。 6わたしたちが、神との交わりを持っていると言いながら、闇の中を歩むなら、それはうそをついているのであり、真理を行ってはいません。 7しかし、神が光の中におられるように、わたしたちが光の中を歩むなら、互いに交わりを持ち、御子イエスの血によってあらゆる罪から清められます。
8自分に罪がないと言うなら、自らを欺いており、真理はわたしたちの内にありません。 9自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。 10罪を犯したことがないと言うなら、それは神を偽り者とすることであり、神の言葉はわたしたちの内にありません。
,
,
この動画でドリーン・バーチューは 創世記の蛇の誘惑について、「何かを体験したいという欲望のせいでアダムとエヴァは罪を犯した」「知識を得たい自分は蛇に騙され、誤った知識を学び、それを人にも教えててしまった」というように解釈しているようです。それは確かにそのような意味にも取れますが、これは、「神を第一に愛する」という掟、順番を破り、蛇(サタン)に唆され、異性の罪を犯したために霊的に堕落をしたので、園から追い出されざるを得なくなった、ということのようです。(聖書はたとえを多く用いるので、文字通り「木の実」を食べ、「エデンの園」から追い出された、という事ではないようです。)
,
,
,
,
創世記第3章 1節ー23節
,
蛇の誘惑
,
1主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった。蛇は女に言った。
「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか。」
2女は蛇に答えた。
「わたしたちは園の木の果実を食べてもよいのです。 3でも、園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神様はおっしゃいました。」
4蛇は女に言った。
「決して死ぬことはない。 5それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ。」
6女が見ると、その木はいかにもおいしそうで、目を引き付け、賢くなるように唆していた。女は実を取って食べ、一緒にいた男にも渡したので、彼も食べた。 7二人の目は開け、自分たちが裸であることを知り、二人はいちじくの葉をつづり合わせ、腰を覆うものとした。
8その日、風の吹くころ、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた。アダムと女が、主なる神の顔を避けて、園の木の間に隠れると、 9主なる神はアダムを呼ばれた。
「どこにいるのか。」
10彼は答えた。
「あなたの足音が園の中に聞こえたので、恐ろしくなり、隠れております。わたしは裸ですから。」
11神は言われた。
「お前が裸であることを誰が告げたのか。取って食べるなと命じた木から食べたのか。」
12アダムは答えた。
「あなたがわたしと共にいるようにしてくださった女が、木から取って与えたので、食べました。」
13主なる神は女に向かって言われた。
「何ということをしたのか。」
女は答えた。
「蛇がだましたので、食べてしまいました。」
14主なる神は、蛇に向かって言われた。
「このようなことをしたお前は
あらゆる家畜、あらゆる野の獣の中で
呪われるものとなった。
お前は、生涯這いまわり、塵を食らう。
15お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に
わたしは敵意を置く。
彼はお前の頭を砕き
お前は彼のかかとを砕く。」
16神は女に向かって言われた。
「お前のはらみの苦しみを大きなものにする。
お前は、苦しんで子を産む。
お前は男を求め
彼はお前を支配する。」
17神はアダムに向かって言われた。
「お前は女の声に従い
取って食べるなと命じた木から食べた。
お前のゆえに、土は呪われるものとなった。
お前は、生涯食べ物を得ようと苦しむ。
18お前に対して
土は茨とあざみを生えいでさせる
野の草を食べようとするお前に。
19お前は顔に汗を流してパンを得る
土に返るときまで。
お前がそこから取られた土に。
塵にすぎないお前は塵に返る。」
20アダムは女をエバ(命)と名付けた。彼女がすべて命あるものの母となったからである。 21主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた。
22主なる神は言われた。
「人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。今は、手を伸ばして命の木からも取って食べ、永遠に生きる者となるおそれがある。」
23主なる神は、彼をエデンの園から追い出し、彼に、自分がそこから取られた土を耕させることにされた。 24こうしてアダムを追放し、命の木に至る道を守るために、エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた。
マタイによる福音書第22章 第34節ー40節
最も重要な掟
34ファリサイ派の人々は、イエスがサドカイ派の人々を言い込められたと聞いて、一緒に集まった。 35そのうちの一人、律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。 36「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」 37イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』 38これが最も重要な第一の掟である。 39第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』 40律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」
ニューエイジのような誤った教えに限らず、サタンは「自由」などの聞こえのいい言葉で、巧妙に人間たちを地獄に貶めようと、今日も知恵を働かせて悪を働いています。
,

『奇跡のコース』はニューエイジのバイブルを言われ、高い評価を受けているようですが、そのような異端、冒涜の書物を読むより、聖書を読むことをお勧めします。そうすれば、偽の霊に騙されずに済むようになります。

異端の教理を広めるニューエイジの滅びを祈ります。

コリントの信徒への手紙2 第11章 1節―6節
偽使徒たち
1わたしの少しばかりの愚かさを我慢してくれたらよいが。いや、あなたがたは我慢してくれています。 2あなたがたに対して、神が抱いておられる熱い思いをわたしも抱いています。なぜなら、わたしはあなたがたを純潔な処女として一人の夫と婚約させた、つまりキリストに献げたからです。 3ただ、エバが蛇の悪だくみで欺かれたように、あなたがたの思いが汚されて、キリストに対する真心と純潔とからそれてしまうのではないかと心配しています。 4なぜなら、あなたがたは、だれかがやって来てわたしたちが宣べ伝えたのとは異なったイエスを宣べ伝えても、あるいは、自分たちが受けたことのない違った霊や、受け入れたことのない違った福音を受けることになっても、よく我慢しているからです。 5あの大使徒たちと比べて、わたしは少しも引けは取らないと思う。 6たとえ、話し振りは素人でも、知識はそうではない。そして、わたしたちはあらゆる点あらゆる面で、このことをあなたがたに示してきました。

ペトロの手紙2 第2章1節ー10節

偽教師についての警告
1かつて、民の中に偽預言者がいました。同じように、あなたがたの中にも偽教師が現れるにちがいありません。彼らは、滅びをもたらす異端をひそかに持ち込み、自分たちを贖ってくださった主を拒否しました。自分の身に速やかな滅びを招いており、 2しかも、多くの人が彼らのみだらな楽しみを見倣っています。彼らのために真理の道はそしられるのです。 3彼らは欲が深く、うそ偽りであなたがたを食い物にします。このような者たちに対する裁きは、昔から怠りなくなされていて、彼らの滅びも滞ることはありません。
4神は、罪を犯した天使たちを容赦せず、暗闇という縄で縛って地獄に引き渡し、裁きのために閉じ込められました。 5また、神は昔の人々を容赦しないで、不信心な者たちの世界に洪水を引き起こし、義を説いていたノアたち八人を保護なさったのです。 6また、神はソドムとゴモラの町を灰にし、滅ぼし尽くして罰し、それから後の不信心な者たちへの見せしめとなさいました。 7しかし神は、不道徳な者たちのみだらな言動によって悩まされていた正しい人ロトを、助け出されました。 8なぜなら、この正しい人は、彼らの中で生活していたとき、毎日よこしまな行為を見聞きして正しい心を痛めていたからです。 9主は、信仰のあつい人を試練から救い出す一方、正しくない者たちを罰し、裁きの日まで閉じ込めておくべきだと考えておられます。 10特に、汚れた情欲の赴くままに肉に従って歩み、権威を侮る者たちを、そのように扱われるのです。
ペトロの手紙1 第5章8節ー11節
8身を慎んで目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、だれかを食い尽くそうと探し回っています。 9信仰にしっかり踏みとどまって、悪魔に抵抗しなさい。あなたがたと信仰を同じくする兄弟たちも、この世で同じ苦しみに遭っているのです。それはあなたがたも知っているとおりです。 10しかし、あらゆる恵みの源である神、すなわち、キリスト・イエスを通してあなたがたを永遠の栄光へ招いてくださった神御自身が、しばらくの間苦しんだあなたがたを完全な者とし、強め、力づけ、揺らぐことがないようにしてくださいます。 11力が世々限りなく神にありますように、アーメン。

参照

RAPT | RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。http://rapt-neo.com/?p=37426

RAPT | RAPT×読者対談〈第85弾〉江原啓之・美輪明宏から始まったスピリチャルブームもすべてはルシファー信仰。http://rapt-neo.com/?p=37128

RAPT | キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。http://rapt-neo.com/?p=9309

RAPT | 過去の全ての宗教戦争は悪魔崇拝者が起こしたものです。現在のすべての戦争が金融ユダヤによって引き起こされているのと同じことです。http://rapt-neo.com/?p=16269

RAPT | キリスト教がミトラ教から誕生したという大嘘。ミトラ教は悪魔教であり、悪魔崇拝者たちが悪魔教の要素をキリスト教に混入していったのです。http://rapt-neo.com/?p=16269

RAPT | 神様はこの世界を善と悪とに裂き、悪魔はこの世界を一つにしようとします。http://rapt-neo.com/?p=34250

RAPT | 悪魔を拝んで人生を破壊する生き方から、神様を拝んで人生を幸福にする生き方へ。http://rapt-neo.com/?p=26065