ウィリアム・レーネンさんの謎/チャネリングのピーブルズ博士とは何者か

関連画像
Reverend Willam Rainen/ BIll Rainen

(加筆、修正あり)

ウィリアム・レーネンという、ハワイ在住のサイキック、チャネラーが存在しますが、彼はどこから来たのでしょうか。数々の有名人と対談をするなどしてスピリチュアル系の中で人気が高いようで、「優しくて、信頼できるサイキックのおじさん」というイメージがあるようです。

でもスピリチュアル系というのはもう基本的に悪魔崇拝なのだと私管理人は考えているのですけど・・・・・・。

ウィリアム・レーネン (William Rainen ) 

チャネラー、スピリチュアル系の著作家。

 アメリカ生まれ。1960年代よりサイキックの世界でワールドワイドに活躍する第一人者。これまで、アメリカを中心にマスメディアや、教会、企業、大学などでのワークショップ・個人セッションを通じて、数十万の人々に、幸福に生きる方法を伝えてきた。この時代に幸せを実感するための新しいあり方や考え方をワークショップや著作物を通じて発信している 。(書籍より転載)
 ,
 ,
Wikipediaで調べてもこれだけでした・・・・(以下、Wikipediaより転載)

,ウィリアム・レーネン (William Rainen ) は、チャネラー、スピリチュアル系の著作家。

日本では、吉本ばなな、SPEEDの今井絵理子、道端ジェシカなどの 対談を収めた著書も多数。ハワイ在住。

 ,
,
 (IBOK Japanより転載)
,

ウィリアム・レーネンについて

ウィリアム・レーネンは、サイキック チャネラーであり、1960年代よりサイキックワールドで活躍し続けています。これまで全米のテレビ、ラジオ、教会、企業、大学などでその比類なき才能を発揮してきました。ウィリアム・レーネンは、ドクター・チャールズ・ジェームズ・アンドリュー・ピーブルズをチャネルしており、すべての人間が直感的であり、すべての人がそれぞれの時間、空間、方法で成長することを尊重しなくてはならないと一貫して言い続けています。ウィリアム・レーネンは、生きとしいけるすべての生命とのコミュニケーション、サイキック能力の開発、スピリチュアルワールドとの交信の仕方を教え、世の中が客観的な結果に到達できるための情報を、あらゆる方法で広めて生きたいと考えています。多くの人は、サイキックの領域を探索する準備ができていないと考えていますが、ウィリアム・レーネンは現在利用可能な事実へのオープンな態度、引き続き行われる研究と開発によって新しい認識が生まれると信じています。「レーネンさんのスピリチュアルなお話」、よしもとばななさんとの共著「超スピリチュアル次元 ドリームタイムからのさとし」、「幸運体質になれる瞑想CDブック―聴くだけで内なるエネルギーを高める 」などの著作があります。

,

ドクター・チャールズ・ジェームズ・アンドリュー・ピーブルズについて

ドクター・チャールズ・ジェームズ・アンドリュー・ピーブルズの地球での最後の人生は、スコットランドでの人生でした。スコットランドで医者として活動をした後、アメリカに渡り病気や事故の裏に潜む謎を研究し、1900年代の初頭に亡くなりました。現在は、スピリットの存在として、2000年から始まったみずがめ座の時代における人としてのあり方、霊的哲学に関するメッセージをウィリアム・レーネンを通して伝えています。

 ,
(転載ここまで)
 ,

ドクター・チャールズ・ジェームズ・アンドリュー・ピーブルズって誰ですか。

検索してもレーネン氏のプロフィール(かそのコピペ)くらいしか見つからない。それ程有名人ではないようだ・・・・・
,
「ドクター・チャールズ・ジェームズ・アンドリュー・ピーブルズの地球での最後の人生は、スコットランドでの人生でした。」ってどういう事でしょうか。繰り返した転生を終えるという事ですか。転生は存在していないと思いますけど。
 ,
スコットランドで名の知れた医者なのだろうか・・・・・画像検索をしても、英語でDr.Charles  James Andrew Peebles と検索をしても見つかりませんでした。
 

よくよく調べてみると、どうやらレーネン氏がチャネリングをしているのはジェームス・マーティン・ピーブルズと言う医者のようです。

 
Wikipediaより抜粋)

James Martin Peebles (1822年3月23日 – 1922年2月15日)は、米国の医師であり、多くの専門家、医師、宗教団体の著名な作家および主催者であった。

 

1970, Reverent William Rainen published his channeled messages from Dr. Peebles through his own publications in the 60’s, 70’s and later was a major contributor for a monthly magazine called, ‘Spirit Speaks,’ along with other famous names during that time frame.

William channeled Dr. Peebles for decades, and taught many how to raise their vibration and communicate with Dr. Peebles too.

Rev. Rainen also lectured on these same principles in the USA, and abroad.

 

1970年、Reverent William Rainenは、ピーブルズ博士からのチャネルのメッセージを、60年代、70年代の出版物を通して発表。その後は他の著名人とともに「Spirit Speaks」と呼ばれる月刊誌の重要な貢献者であった。 

ウィリアムはピーブルズ博士を数十年間チャネリングし、波動を上げる方法や、ピーブルズ博士とコミュニケーションをとる方法を教えていた。

レーネン牧師はまたそれらの原理をアメリカや海外で講演をした。

 

Reverent William Rainen とはレーネン氏の本名かと一瞬思いましたが、reverend(牧師)の間違いですか。

(ちなみにReverentは「敬虔な」という意味)

Rev.Rainen とはレーネン牧師と訳してよいのでしょうか。

ピーブルズ博士のチャネルだそうですが、でもそれが本当にそのピーブルズ博士だとどうやってわかるのでしょうか。

ドクター・チャールズ・ジェームズ・アンドリュー・ピーブルズと言う名前もどこから来ているのかわかりません。

 

 5月15日、2009年に覚せい剤取締法違反事件により逮捕され、昨年12月に芸能界に復帰した女優、酒井法子(42)が、スピリチュアル本『ウィリアム・レーネンさんから学んだ「つらい過去」を手放す方法(仮)』(主婦の友社)を出版することが明らかになった。発売日は9月30日で、同書には二人の対談の様子が収められたDVDが付属するということで、アマゾンでは既に予約受付を開始していると自身のブログでもアナウンスしている。

 共著であるレーネン氏は、ハワイ在住のスピリチュアルカウンセラー(サイキックチャネラー)であり、1960年代よりサイキックワールドで活躍し続けてきたという人物。美輪明宏、よしもとばなな、道端ジェシカなど、有名人にも信奉者が多いことで知られており、スピリチュアルな関係者からも評判が高いという。

よしもとばなな氏とは、過去に共著『超スピリチュアル次元 ドリームタイムからのさとし』(徳間書店)を出しており、よしもと氏の公式ホームページでは「ほんとうに信頼できるサイキックの優しいおじさん」と紹介されている。

「ウィリアム・レーネン氏は、日本スピリチュアル界のドンといわれている大物翻訳者にこそ翻訳はされていませんが、セッション内容、人柄など、業界内での評価は低くありません。セッションの価格(ウェブカメラ・4万円)も、一般的には高いと感じるかもしれませんが、業界的には妥当だといわれています。ただ、気になるのは、プロフィールでは“1960年代よりサイキックワールドで活躍し続け、全米のテレビ、ラジオ、教会、企業、大学などでその比類なき才能を発揮”と書いてあるのですが、アメリカでは本を1冊も出していないということ。かわりに、日本では23冊本が出ています。本人のホームページを見ても、自己紹介などは英語で書かれているのですが、本の紹介だけは「本」「伝記」と漢字で書いてあるんです」(元スピリチュアル系雑誌編集者)

確かに、ホームページを見る限り、本の紹介だけは日本語である。

screenrainen.jpg
ウィリアム・レーネン氏公式HPより

 さらに、レーネン氏のアメリカ本国での評判を調べると、スピリチュアル心理学者のTricia Kelly氏が、自身のサイトにおいて、レーネン氏は「19世紀の偉大なスピリチュアリストであるJames Martin Peeblesとチャネリングできる人物」として紹介しているのはわかったが……。「アメリカのスピリチュアル界では、“日本デビュー”を希望するスピリチュアルカウンセラーが多くいると聞いています。理由として、アメリカ人の大半がカトリック、プロテスタントなどの宗教的な背景があるため信者がつきにくいことや、一般的に、スピリチュアルな領域は“聖なる世界”としてビジネスの対象とは考えてられていないということが挙げられます。そのため、価格も日本より安く、“食っていけない”という現実があるんです。故に、日本に訪れるようなアメリカのスピリチュアルヒーラーは、実際にはアメリカでは売れていないことも多々あります。だからといって、彼らに才能がないかというと、そういうわけではない。ハリウッドで売れないスターがカンヌで受け入れられることがあるのと同様、ニーズに合う場所がたまたま日本だったということだと思います」(同)

ちなみに、本書に同封される対談内容をおさめたDVDの撮影現場を取材したサンケイスポーツの報告によると、レーネン氏は「(酒井が)注目されるのはエネルギーがすごい証。彼女の成長で、人々はつらい過去にしがみつかなくてもいいと励まされる。批判も褒め言葉と思い、前向きな選択を」と力説したという。

ただ、同書には早くも、「覚せい剤に手を出して自業自得なのに、辛い過去とはなんたる無責任さ!」「そんなインチキ本より元旦那の暴露本を出してくれ!」「つらい過去は手放しても、白い粉は手放さないんじゃないのか」と、反感ムードが漂っている。レーネン氏のスピリチュアルパワーで巻き返せるのか、今後の展開に注目である。
(アナザー茂)

(転載ここまで)

現在その公式ホームページは利用できません。

「ウィリアムレーネン」の画像検索結果

酒井法子×ウィリアム・レーネン対談DVD付 レーネンさんから学んだ「つらい過去」を手放す方法  – 2013/9/21

 ,

,

ウィリアム・レーネン氏を「19世紀の偉大なスピリチュアリストであるJames Martin Peeblesとチャネリングできる人物」として紹介している、Tricia Kellyという人物もよくわかりません。元モデルの精神心理学者で、数冊精神世界の本がベストセラーになったようです。

Tricia Kelly No degrees for what I have studied for 25 years.より転載)

Tricia Kelly
Tricia Kelly

主な分野:精神心理学
ベストセラー: SPIRIT BOY – 地球のスパイ
キャリアフォーカス:著者、講演者。 親と十代のインスピレーションのコーチ
所属: ASCAP

 

It was in 1986, that I first met Rev. William Rainen, and this was the start of a long friendship with both him and Dr. Peebles, a great spiritual master. William channeled DR. PEEBLES for well over half a century.

 

………………………………………………………………………………………………………

 

レーネン氏についてはこれ位しか書いてありませんでした。

Rev.とはReverent の略なのか、それとも牧師の略なのか・・・

Google翻訳では「1986年、私はウィリアム・レーレン牧師(原文ママ)と初めて会った。そして…..」

と訳されています。

レーネン氏は牧師だったのでしょうか。

 

こちらより転載)

reverend

音節rev・er・end 発音記号・読み方/rév(ə)rənd/

形容詞限定用法の形容詞

1

[the R[N16-A12A]; 聖職者の敬称または呼び掛けに用いて] …師,…尊師 《★【用法】 聖職者に対する敬称として用いる場合には,姓と名とをつけて,さらに the をつけるのがていねいな用法: the Reverend Martin Luther King (マーティンルーサーキング師); 略 the Rev

2

聖職者の,牧師の.

3

〈人・事物・場所など〉あがめるべき,尊い.

 

(転載ここまで)

 

ひょっとして元々カトリックの牧師なのでしょうか。

聖書には霊媒や占いは禁止と書いてあるのですが・・・霊媒や占いなどをする人が牧師になれるはずがありません。

 

旧約聖書 申命記第18章9説~12節

9 あ な た の 神 、 主 が あ な た に 与 え よ う と し て お ら れ る 地 に 入 っ た と き 、 あ な た は そ の 異 邦 の 民 の 忌 み き ら う べ き な ら わ し を ま ね て は な ら な い 。 1 0 あ な た の う ち に 自 分 の 息 子 、 娘 に 火 の 中 を 通 ら せ る 者 が あ っ て は な ら な い 。 占 い を す る 者 、 卜 者 、 ま じ な い 師 、 呪 術者、1 1 呪 文 を 唱 え る 者 、 霊 媒 を す る 者 、 口 寄 せ 、 死 人 に 伺 い を 立 て る 者 が あ っ て は な ら な い 。 1 2 こ れ ら の こ と を 行 う 者 は み な 、 主 が 忌 み き ら わ れ る か ら で あ る 。 こ れ ら の 忌 み き ら う べ き こ と の た め に 、 あ な た の 神 、 主 は 、 あ な た の 前 か ら 、 彼 ら を 追 い 払 わ れ る 。

(新日本聖書刊行会. 旧約聖書 新改訳  )

 

レーネン氏は日本国内では信頼と人気は高いようですが、どこから来たのかよくわかりません。

いつからこんなに人気のサイキックとして活動しているのですか。

私は2010年代に入ってから知りましたが・・・・吉本ばなな氏とよくスピリチュアルについて対談をしたり、ツーショットが撮られている本を書店で見かけるようになったのを覚えていますけど・・・。

本を調べても、古い本は余りないようです。一番古くて2008年でしょうか・・・・それまでどこで何をしていたのか、さっぱりわからない・・・・アメリカでは有名でもないようですし、本人の口からも、チャネルとして活動をしていたとか、子供の頃から霊能力があるような話しかありません。

チャネルをしているという「ドクター・チャールズ・ジェームズ・アンドリュー・ピーブルズ」という名前も彼のプロフィール以外にどこにも見当たりません。ジェームス・マーティン・ピーブルズという名前の医者しか見つかりません。何か訳あってわかりにくくしているのでしょうか・・・・。詮索されないようにとか・・・・。

 

暫くしてもう一度読もうとピーブルズ博士のWikipediaを覗いたら・・・・・・

 

消されています。  💢

 

検索結果ではまだ現れますが、クリックして読むとレーネン氏についての文章は削除されています。

 

(以下はJames Martin Peebles Rev.William Rainen で検索した結果)

PDF保存などをしておかなかった・・・・・。悔しい。

1日2日で消されていた。どういう事だ。呪いかもしれない。

もっとよく読んでおくべきだった。

 

なかなか見つからないレーネン氏の記事ですが、Rev.William Rainenで調べてみると、いくらかヒットしました。レーネン氏を知っている人のブログか幾つかあるのですが、どうも彼はメソジストの牧師として長い間務めていたようです。

 

「Methodist Minister」の画像検索結果
こちらより転載。 キリスト教メソジスト派の牧師。

こちらより転載)

メソジスト [3] 【Methodist】「Methodist」の画像検索結果

プロテスタント教会の教派の一つ。1730年代にイギリスのウェスリーが起こした英国教会の改革運動に始まり、監督制度と代議制度とを統合する。巡回説教者により開拓期のアメリカに広まり、日本には1873年(明治6)に伝わる。
(転載ここまで)

外部リンク

メソジスト(Wikipedia)

 、

キリスト教メソジスト派とは、かの悪魔崇拝者ジェイ・ロックフェラーと同じ宗派だそうです。

という事はメソジストは悪魔崇拝と同じだと捉えてよいという事でしょうか。

関連画像
ジェイ・ロックフェラー

 

Rev.William Rainen の検索結果が以下。

こちらより転載)

 Remembering Bill Rainen & Dr. Peebles 

 、
I first became acquainted with Peebles via William or Bill Reinen (guy holding the pineapple).  Bill was a trance medium in Phoenix who allowed Dr. Peebles to take over completely his body.  Peebles came through Bill in a big way! Bill would speak with  a heavy English accent in a very robust way.   Bill conducted these trance classes in the dark.  All windows were covered with block out curtains.  I was only 19 years old but I was there every week.  I found myself babysitting for William who was the single dad of a six year old little boy.  The mother was schizophrenic and lived in a near by mental health hospital.  That was about 1972.  So I almost became a member of their household.  I cleaned, cooked, baby sat, and did various chores all in exchange for messages from Dr. Peebles.

ビル・レーネンとピーブルズ博士を思い出す

私は、ウィリアム(またはビルレーネン(パイナップルを持っている人物)を通じて、ピーブルズ博士と一番最初に知り合った。ビルはピーブルズ博士に完全に自分の身体を取って代わらせた、フェニックスのトランス霊媒師だった。ピーブルズ博士は彼を大々的に通り抜けて来た。ビルはかなり頑強に、重い英語のアクセントを使って話していたものだった。ビルはトランス・クラスを暗闇の中で実施した。全ての窓はカバーされカーテンでブロックされた。私はわずか19歳だったが毎週そこに通っていた。私は、6歳の子供を持つ独身の父親であるウィリアムの為に、ベビーシッターをするようになっていた。母親は統合失調症で精神病院のそばに住んでいた。1972年の頃だった。それで、私はほとんど彼らの家事手伝いの一員になった。掃除をして、料理をして、ベビーシッターをするなど、全てピーブルズ博士のメッセージ受けることと引き換えに、ありとあらゆる雑用をした。

 

The last reading I had with William was in 1984 I believe he moved to California and from there he lived in Japan for 19 years.  He retired in Hawaii about 2010.  William was born in Boston Mass. I am not sure what year.  He was a Methodist Minister for many years before exiting that faith I would say he is 20 years older than me so that would make him about 83 if he is still alive in his skin suit.

I have a strong suspicion that Bill has transitioned.  He has visited me from spirit.  He looks youthful and happy and just brimming with the big personality he was.  I so miss him.

I have searched for news about him.  I have searched for obituaries.  I cannot seem to find very much. He has a website but the links are not working.

So please if anyone knows anything please comment or email me.

 

ウィリアムとの最後のリーディングは1984年だった。確か、彼はカリフォルニアへ移り、それから日本で19年間暮らし、2010年くらいに彼はハワイでリタイアをした。ウィリアムはマサチューセッツ州ボストンに生まれた。いつ頃かははっきりしないが、彼は信仰を止めるまで、何年もの間メソジスト派の牧師だった。おそらく彼はわたしよりも20歳年上だから、彼がまだ生きているのなら83歳くらいだろう。

私はビルが変わってしまったと疑っている。彼は霊界(?)から私を訪れていた。彼はとても若々しくて幸せで、彼の寛大さに満ち溢れていた。彼がいなくて寂しい。

私は彼の情報を検索していた。彼の訃報などを探していた。なかなか探し出すことができないようだ。彼のホームページは存在するが、リンクは機能しない。

そのため、どなたか何か知っている人がいたら、コメントを書くか私にメールをして下さい。

 

………………………………………………………………………………………………………

 

こちらより転載)

 

Mystical Spiritualist Church 

In1991, we had the pleasure of having William Rainen channeling Dr Peebles in our home and church in Orange County, California.  William has had some challanging health issues since then and has re-emerged in Hawaii … and on the Internet.

I invite you to his website … by clicking on the image to your left.  William also has a BLOG that you may want to read and/or contribute to.

Love Simply … simply love!

1991年、私たちはピーブルズ博士のチャネリングをするウィリアム・レーネンを我が家とオレンジカウンティの教会で迎えて光栄に思います。ウィリアムはそれ以来いくつかの健康問題についてチャレンジをしています。そして再び、彼はハワイに現れました。またインターネット上にも再び現れました。

私はあなたを彼のウェブサイトに招待します。左のイメージクリックして下さい。
screenrainen.jpg
(左にウェブサイトのイメージ。現在は利用できません。)
ウィリアムはまた自身のブログを持っています。読んでみたり寄稿してみてはいかがでしょう。
Love Simply … simply love!

………………………………………………………………………………………………………

 

以下はMystical Spiritualist Church のイメージですが、キリスト教や悪魔教をごちゃ混ぜにしたカルトでしょうか。
レーネン氏はこちらに所属をしていたのでしょうか。
「Mystical Spiritualist Church とは」の画像検索結果
私たちは神秘主義で、スピリチュアリストで、形而上学派です、と書いてある。神についても、性別も色も形もない存在だと書いてあるが、創造主ヤハウェについては触れていない。キリスト教とは無関係でしょうか・・・。

 

「Mystical Spiritualist Church とは」の画像検索結果
スピリチュアルエナジーヒーリング、チャクラ、チャネルと繋がる方法など・・・カルトですか。
陰陽をロゴとして使用。悪魔教的。

 

関連画像

以下の教会も似たような団体と思われます。
こちらより転載)

fan

In Arizona I began to attend a smallchurch, University of Life ministered by Reverend William Rainen. Reverend Rainen had founded an organization, Universal Life Alliance that hosted popular trance channels, Kevin Ryerson, William Rainen and Neville Rowe. I joined the board of this organization and held the position of president for a term. At this time I became a student and a teacher, teaching metaphysical classes at the church one night a week and holding relationship seminars. At a Phoenix Church ministered by Reverend Gary McClure, I began healing classes taught by Reverend Thurman. In my home I began a support group for women, facilitated development classes and began metaphysical readings for the public.

アリゾナで私はウィリアム・レーネン牧師が務める 小さな教会に通い始めました。

レーネン牧師はある団体を設立しました。それは人気チャネルである ケヴィン・ライアソン、ウィリアム・レーネンと、ネヴィル・ロウが主催する Universal Life Alliance と言う団体で、私はその団体の取締役として参加し、一時期は主宰者として就任しました。

現在私は生徒となり、教師となり、形而上学クラスを教会で教えています。一週間に一度、relationship seminars を開催しています。

ゲイリー・マクルーア牧師が務めるフェニックス教会で、サーマン牧師から教わったヒーリングクラスを始めました。自宅では女性のためのサポートグループを始めました。一般者に向けた促進開発クラスと、形而上学リーディングを始めました。

 

………………………………………………………………………………………………………

こちらより転載)

Two other important teachers in my life were/are: Rev William Rainen and Stephen Levine. William has been a mentor for me in the psychic arts and through whom I’ve had many discussions with the Grand Spirit Dr. Peebles. I’ve learned a great deal from William and Dr. Peebles and began to channel Dr. Peebles myself in 1997. Stephen Levine was a guide for me in meditation, healing and in how to be with those who were dying.

 

その他に2人の私の人生で重要だった/重要である先生は、ィリアム・レーネン牧師とステファン・レヴィンです。ウィリアムは、私にとってサイキック・アートの良き指導者でした。そして私が多くの議論をしてきた、偉大な魂であるピーブルズ博士を通じて私を導いてくれました。

私はウィリアムとピーブルズ博士から多くを学び、それから1997年に私自身がピーブルズ博士のチャネルになりました。

ステファン・レヴィンは私にとって、瞑想やヒーリング、それと臨終(?)の人達とどのように側にいるかについてのガイドでした。

 

………………………………………………………………………………………………………

 

(以上誤訳の可能性あり)

以上の人達は、レーネン氏を牧師や先生と呼んでいて、教会で形而上学的なことを学びに行っていた人もいるようですが、教会でそんなことを教えて罪にあたらないのでしょうか。聖書の教えに反していると思うのですが・・・彼は元カルト信者なのでしょうか。

 

Universal Life Allianceを検索しても見つからない。

Universal Life というキリスト教系カルトなら存在します。

 

ユニバーサル・ライフ(Universal Life ;Universelles Leben)

関連画像
こちらより転載。

Wikipediaより転載)

ユニバーサル・ライフ(Universal Life ;Universelles Leben)は、一部の“新啓示運動”のメンバーや“カルト批評家”らなどからも批評され、何かと物議を醸すことでも知られている、ドイツのヴュルツブルク(Würzburg)に本拠地を置くキリスト教系の新宗教運動である。このグループは、もとは”Heimholungswerk Jesu Christi”(ドイツ語で「イエス・キリストを家に呼び寄せる働き」)と呼ばれていたが、1984年以降は『ユニバーサル・ライフ』(Universelles Leben)として知られるようになった。

組織

ユニバーサル・ライフは、創始者ガブリエレ・ヴィッテク(Gabriele Wittek)による、彼女自身の教えを世に広めたことに端を発する。これらの活動は、かねてよりガブリエレ自ら、女預言者または霊の告知者として、イエス・キリストまたは他の霊的な存在から啓示を受けたものであると主張していたものである。これらは山上の説教モーセの十戒に沿うもの、さらに真理の根本的な基礎であると、彼女は主張した。 2003年にヴィッテクは、『これは、私の言葉である』(Das ist mein Wort)という、彼女自身のバイブル(霊言集)を出版した。

ユニバーサル・ライフの信者らは、数ある他の教育施設、学校、自然治癒診療所、そして出版社と、これらを経営する。また彼らは、有機農業の原則に従って農業事業所を運営する。しかし、これらの企業体はユニバーサル・ライフとの公式的な繋がり(関連)は無い。

宗教問題

  • ドイツでは、「政府の文書によってカルトと分類された団体」のひとつに指定されている。
    • 「ドイツ連邦共和国のいわゆる新興カルトと精神異常グループ(1996)」(Sogenannte Jugendsekten und Psychogruppen in der Bundesrepublik Deutschland)。
    • 「ベルリン市政府報告(1997)」の「キリスト教を背景とする団体」 (Gruppen mit christlichem Hintergrund) 
  • 他のヨーロッパ諸国の対応。
    • フランスの1995年に公表された「カルトに関する議会委員会報告」によると、ユニバーサル・ライフは(Community for the propagation of the universal life ;Communauté pour la propagation de la vie universelle)という名称で、リストに挙げられている。
    • オーストリアの連邦環境・青年省は、1996年にセクトとされる約200団体のリストを出版し、「国際宗教の自由報告2006」(International Religious Freedom Report 2006)の中で、リストに挙げている。

(転載ここまで)

 

また似たような名前でUniversity of Life Church という団体と、Universal Life Chrdh という団体があります。

MY Jouney  の最初の文章の …University of Life ministered by Reverend William Rainen.  が訳せませんでした。レーネン牧師が務める教会に通い始めたと訳させていただきました。

こちらの教会の事かと思ったのですが、そうなると University of Life Church which is ministered by Reverend William Rainen なのかと思ってやっぱり違うかと・・その英文も違うかもしれませんが何せ半端な語学力なのでご了承ください。

それにこちらはホームページなどを調べると、特にヒーリングや形而上学的なことはしていないようですし、アリゾナにもなさそうなのでこちらは関係がないのかもしれません。

 

Universal Life Church

 宇宙生活教会
 (Wikipediaより転載)
ユニバーサル生活教会
代表 アンドレ ヘンズレー
地域 全世界
創設者 カービーJ.ヘンズレー
創設日 1962年5月2日
創設地 モデスト (カリフォルニア州), カリフォルニア州
信徒数 2200万人+
公式サイト http://www.ulchq.com/

ユニバーサル(宇宙)生活教会(Universal Life Church、ULC)は誰でも望めばULC牧師として半即時調整を提供する宗教団体である。ULCは、他の宗教のように信仰による事前の調整過程を経ることなく、直ちに牧師になることができると述べている。しかし叙階(聖職授任)が公認となる為にはその出願の確認が必要であり、叙階には数日かかる。ULCの叙階はすべての人々が既に神によって叙任されていることと、ULCは単にこの事実を認識しているという信念で発行している。

ULCの信念

  • 目的:永遠の前進
  • 目標:すべての人が満足する生活を
  • スローガン:生きよ、助けよ
  • 格言:我々は一つである

歴史

ULCは「ユニバーサル生活教会、ライフ教会」という名称でアメリカ合衆国でカービーJ.ヘンズレーによって1959年に創設された。様々な宗教の研究を経た5年後、ヘンズレー氏は各々個人に合う宗教はそれぞれ状況が違い、誰でも自分の満足する宗教を選択することが重要だという信念にたどり着いた。誰も自分で選択した信念を実践したいと願うなら批判したり非難されるべきではない。ULCは、世界中で2200万人はULCのメンバーシップを持っている。

現在はカリフォルニア州モデストに本部を置いている。

「universal life church」の画像検索結果
Universal Life Church のロゴ。こちらより転載。

関連画像
Universal Life Church Official Site より転載。キリストも悪魔も一緒くたのようです。

これらは名前が似ているというだけで、レーネン氏と関わりがあるかどうかの確証はありません。

Universal Life Church という団体も、メソジストと関わりがあるようですが、ここではそれについて詳しく書きません。

 

ピーブルズ博士をチャネリングしている人は、レーネン氏のほかにも何人もいるようです。

 

Channeling Dr. Peeblesより転載。

KimPortrait1Web
 I am not the only Dr. Peebles channel – there are others like me that he speaks through.  As destiny would have it, I was fortunate to have crossed paths with an extraordinary trance medium, Rev. William Rainen, in the mid 1980’s. William, who had been actively channeling Dr. Peebles for many years, was introduced to me by a mutual friend.  Attending my first group session was the start of a long-term friendship with both William and Dr. Peebles.  I participated in and hosted countless sessions and groups. Thanks to his willingness to share himself in this way, he allowed me, as well as many others, the opportunity to learn an incredible amount of information from Dr. Peebles that rapidly expanded my spiritual growth and understanding.
私1人だけがピーブルズ博士のチャネルなのではありません。他に私のような人達はいます。運命の巡り合わせで、私は幸運にも、1980年代半ば頃に、素晴らしいトランス霊媒師であるウィリアム・レーネン牧師に出会いました。
何年もの間ピーブルズ博士のチャネルをしてきたウィリアムは、共通の友人から私を紹介されました。
最初のグループ・セッションの参加はウィリアムとピーブルズ博士の長い友情の始まりでした。私は数え切れないセッションやグループに参加をしました。このように、彼についてシェアをする事をウィリアムが快く引き受けてくれた事に感謝します。彼は、他の人たちと同じように、ピーブルズ博士からの信じられないほどの量の知識を学ぶ機会を与えてくれました。それらの知識は私のスピリチュアルな成長と理解を飛躍的にに拡大しました。

 

 

レーネン氏がチャネリングをしている動画などは見当たりませんが、他の人達がピーブルズ博士をチャネリングしている動画のひとつが以下。

This is Thomas Jacobson Channeling Dr. Peebles (One of the first to channel this entity)

これがピーブルズ博士の言葉だそうです。

そうですか。もうこういう嘘は飽きまして、何かツッコミを言うのも疲れました。

悪魔、悪霊、偽物が喋っているとしか思えない。

全てあなたが選んだとか、あなたが現実を創っているだとか、カルマだとかenergyだとかfrequencyだとかそちら側でよく聞く話です。皆言う事が同じです。

他にも何人かピーブルズ博士のチャネルをしている人がいます。こちらで観ることが出来ます。

医者の霊が長い歳月世界を見てきているのなら、もっと医学的な役に立つ情報を伝えられないのかとか思うのは私だけですか・・・・。

これが本当にピーブルズ博士であるという証拠がない。

声のトーンだとか、話す内容だとか、バシャールやセスとまるで同じだと思う。

ピーブルズ博士のチャネルのKim氏に悪魔が降りて来る瞬間/ピーブルズ博士のチャネル(という嘘)が始まるのは4:45頃から。6:13頃に霊が降りてきます。降りてきた後に大声で喋り始めるのですけど偽者か悪霊としか思えません。

これをレーネン氏も出来るのだそうです。というか、彼がピーブルズ博士のチャネルの第一人者だそうです。スピリチュアル系というのはやはりサタニズムでしかないのでしょうか。

こちらより転載)

チャネリングをすればするほど、あなた自身を全面的に信頼し、信じることになる

2017.09.11
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

多くの人、親、家族、誰かをチャネルしていること、知っていますか?自分じゃない誰かをチャネルして生きている人ってたくさんいるのです。親子、家族が似てしまうというのは、チャネルをしているからなのです。別れた恋人をチャネルする人もいますが、これらは純粋なチャネリングではないのです。

チャネリングは、自分のエネルギーをチャネルすることなのです。あなたが感じること、受け取ること、すべて宇宙とスピリットワールドからのメッセージ、エネルギーなのです。つまり、あなたが本当はどう感じているかということからチャネリングは始まっていくのです。あなたの思考、あなた以外の誰か、存在をチャネルすることとは違うのです。あなた自身を全面的に信頼し、信じることと純粋なチャネリングは同じなのです。

素晴らしいアーティスト、発明家、科学者、ビジネスマン、料理人は純粋なチャネリングをしているのです。自分の中から純粋にわきあがるものをチャネルすればスピリット、宇宙とのチャネリングをしているということなのです。

(転載ここまで)

エイブラハムという「無限の叡智の集合体」をチャネルする、エスター・ヒックスも同じようなことを言っていましたが、エスター・ヒックスの現在の活動状況は不明です。なぜなのかエイブラハムがエスターから離れ去ってしまったらしい。

私はチャネリングとは基本的に悪魔降霊だと思っているので、いくら誰が人気で信頼があると評判のスピリチュアル系の人が何を言おうと、私はそれに関わりたくはありません。

観察した限りでは、ファンなどの皆さんはレーネン氏のプロフィールもよく知らないまま、ドクター・チャールズ・ジェームズ・アンドリュー・ピーブルズをチャネリングしたと書いてあっても素通りして、「ハワイ在住のサイキックの優しいお爺さん」だと思って親しんでいるようです。「ピーブルズ博士」など誰も知らないのでしょう。

以下は有名人との写真の一例。

関連画像

「ウィリアムレーネン」の画像検索結果

「ウィリアムレーネン」の画像検索結果
こちらより転載。

元SPEEDの二人との写真とそれ以外の写真とのレーネン氏が別人に見えるのは気のせいですか・・・・・・。

更に検索をすると、他にも沢山の有名人などがレーネン氏を訪れているのがわかります。

こんなに人気があるとは思いませんでした。占いアプリなどもあるようです。

「ドクター・チャールズ・ジェームズ・アンドリュー・ピーブルズ」の画像検索結果

 

何年もの間、アメリカでメソジストの牧師( 或いはMystical Spiritualist Churchの牧師、その他キリスト教系カルトの牧師 )として働き、カルフォルニアに移り、19年間日本に住み、その後健康問題(詳細不明)に取り組み、2010年からハワイでリタイア生活(?)を始め、それからサイキックとして主に日本で活躍し始めたようです。

「ウィリアムレーネン 本 タレント」の画像検索結果
こちらより転載。

レーネン氏は若いころから牧師だったのでしょうか。日本でサイキックとして活躍するまでレーネン氏がどこにいたのかなどはっきりと知る事ができませんでした。80代だそうですから、普通に年金生活者として暮らしていたのかもしれません。それが最近になってサイキックとして人気者になったのは、吉本ばなな氏の紹介がきっかけでしょうか。吉本氏がレーネン氏といつどうやって出会ったのかについても詳細はわかりません。

 

その信頼と人気の高いレーネンさんは本の執筆のほかに何をしているのかというと、以下のようなワークショップなどがあります。

 

こちらより転載)

5月13日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのESP(エスパー)能力開発コース2

2回目のESP(エスパー)能力開発コースでは、コンピュータにユニバーサルスピリットを入れ、システムを作り、さまざまな答えを引き出す方法、交霊術に使われるウィジャボードの作り方と使い方、自動書記のやり方をマスターします。

このワークショップは、二コラ・テスラの存在によってインスピレーションを受け、決めました。

私は、科学者のニコラ・テスラは電気を無限に使える方法を発明していたと思います。ニコラ・テスラの研究は死後に喪失したと言われていますが、何かの意思によって隠されたと思います。

科学的マインドのある人たち、ニコラ・テスラが研究し、発見したことをスピリットコンピュータを使って引き出せると思いますし、スピリットとのコミュニケーション、科学、アート、ビジネス、あらゆることに使えるものです。

5月に東京と大阪で開催されるESP(エスパー)能力開発コース2、毎日しなくてはいけないこと、より楽しく経験をし、楽にクリアに生きることに役立ちます。ESPはサイキックだけが使うものではなく、俳優、スポーツ選手、オフィスワーカー、すべての人が使えるものであり、先日、東京で行ったESP1をより拡大したものとなります。ESP能力開発コース2にもスプーン曲げを入れます。東京のESP1に参加されなかった方もスプーン曲げを経験していただきます。

ウィリアム・レーネン

参加される方、このウィジャボードをあらかじめご購入されることをおすすめします。このボードをできればワークショップ当日にお持ちください。このボードにエネルギーを入れ、どう使うかをお教えしますが、自作のボードの作り方もお教えします。

<成田>
開催日時:2018年5月13日(日)午前10時から午後5時
開催場所:ラディソンホテル成田

☆お申し込み後、1週間以内にお振込みください。
☆お振込み後の返金には応じられません。

(転載ここまで)

,

とんでもない・・・・・・。

「ouija board」の画像検索結果

 

¥27,000(内税)だそうですが、27000円払って悪魔召喚ですか・・・・ESP(エスパー)能力開発と言っては悪魔を操るようになりましょうとか、悪魔に色々なことをしてもらいましょうという事でしょうか。

スピリチュアル系が超能力や霊力と呼ぶものは、結局悪魔の力によるものでしかないらしい。

ウィジャボードというのは西洋版こっくりさんの事で、これを酷使するなど悪魔に自ら憑りつかれることと同じです。

このような事に沢山の人に高い金を払って遊ばせて、「優しくて信頼できる、人生について教えてくれるスピリチュアルのお爺さん」のように親しまれているのですか。レーネン氏はこのウィジャボードを神と繋がるためのツールだとでも思っているのでしょうか。

もうそんなに長い年月を生きて、未だにウィジャボードを誤解しているだとか、本当の意味を知らないとは思えません。みんな意味なんかわからないから構わないなどと思っているのでしょうか・・・・。

ウィジャボードはAmazonで5339円で販売中ですが、買ってはいけません。

 

Classic Ouija Board Game
Classic Ouija Board Game ¥5339  Amazon.co.jp

 

それでも別に気にせず試したいならご勝手にどうぞ。サタンを呼び出そうとして自分の母親が憑りつかれた人がいますけど。

 
商品のレビュー
★☆☆☆☆WARNING

 

ウィジャボードを試した結果、サタンが少女に憑りついた動画。

Scariest Ouija Board Demon ZOZO Possessed Girl|YouTube 

 

 

 、
ウィジャボードを通して現れた、セスという人格存在が悪魔であると訴える動画。

Jane Roberts’ Seth Speaks is Anti-Catholic Hate Books – Allowed By The Media

「……..実際には、それは悪魔の知能なのです。つまり、セスは悪霊(demon)なのです。地獄から来た悪霊です。

彼の使命は単純に、事実にフィクションを混ぜて人を欺いて行く事です。

SETH MATERIAL(セスは語る)は読まないでください、ウィジャボードで遊ぶのも止めてください。

人間の知能は堕天使の知能に歯が立ちません。セスは地獄から来ています。どうかその事を覚えておいて下さい。」

(動画より翻訳)

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

これらの動画が嘘だと思い、レーネン氏の方を信じて、使い方をマスターして幸せになろうと思うのでしょうか。

 

「Scariest Ouija Board Demon ZOZO Possessed Girl|YouTube」の画像検索結果

「コンピュータにユニバーサルスピリットを入れ、システムを作り、さまざまな答えを引き出す方法」というのも怪しげでイマイチよくわからない・・・・・普通にパソコンを学んだほうが人生の役に立ちそうですけど。

「このワークショップは、二コラ・テスラの存在によってインスピレーションを受け、決めました。」とのことですが・・・

 

二コラ・テスラ(Wikipediaより転載)

 

ニコラ・テスラ(セルビア語: Никола Тесла, セルビア語ラテン翻字: Nikola Tesla, 1856年7月10日 – 1943年1月7日)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家である。交流電気方式、無線操縦、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなど多数の発明や、「世界システム」なる全地球的送電システムなど壮大な提唱もあり、磁束密度の単位「テスラ」にその名を残している。

8つの言語に堪能で、詩作、音楽、哲学にも精通し、電流戦争ではトーマス・エジソンのライバルだった。

 

こちらより転載)

エジソンが発電機を開発する前に、実はニコラ・テスラがすでに発電機を開発していた。しかも、ニコラ・テスラの開発した交流電流の方が、エジソンの開発した直流電流よりも安全かつ安価でした。

ところが、エジソンが直流電流を売りに出したいがために、交流電流をこてんぱんに危険なものとバッシングしまくった。その結果、直流電流が世界に普及し、ニコラ・テスラの開発した交流電流が海のもくずと消え去ってしまった……。

それだけではありません。ニコラ・テスラの開発には金融ユダヤの一味であるモルガン家がずっとスポンサーとしてついていたのですが、ニコラ・テスラが電線のいらない無線送電システムを提唱したとたん、
彼らは資金提供を打ち切ってしまった。

何しろ、モルガン家はそれまでずっと電力を送るための銅線を売っていたからです。無線で送電できるシステムなど完成したら、彼らの儲けがなくなってしまいます。

しかも、このモルガン家。57mもの高さのあった無線送信塔「ウォーデンクリフ・タワー」まで破壊してしまった……。詳しくはウェキペディアの記事をご参照ください。

ニコラ・テスラ – Wikipedia

こうして我々は今でも高くてきわめて質の悪い電気を無理やり買わされているわけですが、それは全てエジソンとモルガン家が悪いのです。エジソンを偉大な発明家だといって尊敬するのは、実はお門違いの話なのです。
 、

(転載ここまで)

二コラ・テスラの人柄については、

  • 幼少期は空想と数々の強迫観念に囚われていた。成人以後は異常な潔癖症で知られた。「宇宙人と交信している(心霊診断を行ったエドガー・ケイシーと交流があった)」「地球を割ってみせる」など奇怪な発言や行動が多い。
  • 奇抜な研究内容や、数々の伝説、冷遇された人生などから、彼や彼の発明であるテスラコイルなどはカルト団体や疑似科学らに多々用いられ、自身も晩年は霊界との通信装置を研究するなどオカルト色が強まった[要出典]。エジソンも同様に晩年に霊界との通信装置などを研究した。(Wikipedia / 二コラ・ステラ)

とのことですが真偽のほどは定かではありません。

「科学的マインドのある人たち、ニコラ・テスラが研究し、発見したことをスピリットコンピュータを使って引き出せると思いますし、スピリットとのコミュニケーション、科学、アート、ビジネス、あらゆることに使えるものです。」

と仰っていますがスピリットコンピュータとは何でしょうか。意味がよくわかりません。

なぜか二コラ・テスラはスピリチュアル系に良く取り上げられます。

そのようにして悪魔崇拝者は二コラ・テスラをインチキに仕立て上げたいのかもしれません。

 

俳優、スポーツ選手、オフィスワーカー、すべての人がウィジャボードを使いこなすなど恐ろしい世の中です。

 

こちらより転載)

5月の3日間のサイキック能力開発コース、本当の自分に目覚め、残りの人生を満足に生きるためにとても役立つと思います

2018.04.04
category: 2018年4月と5月の東京と大阪でのウィリアム・レーネンのイベント

あなた自身が自分を知れば、宇宙はあなたを使ってきます。自分の才能、能力は自分で試して知るしかないのです。あなたが、自分を知れば知るほど、宇宙はあなたを使っていくのです。いろんな扉を開けるのです。

そのためには、過去のすり込みを浄化することです。過去を浄化すればするほど、本当の自分を知っていくのです。それは、1日で完了するわけではありません。そして、感じることをしてください。感じれば感じるほど、あなただけの真実を知っていくのです。

5月の3日間のサイキック能力開発コース、本当の自分に目覚め、残りの人生を満足に生きるためにとても役立つと思います。過去を浄化すればするほど、直感、サイキック能力に目覚めるのです。満足を追求する時代です。何かの形を作って安定、満足にはもうつながらない時代です。あなたはあらゆることにどう感じるのか、それが満足をもたらす時代です。

(転載ここまで)

ウィジャボードを使って悪魔に使われて生きろという事でしょうか。過去のすり込みを浄化するとはどういう事だろう・・・・。

こちらより転載)

5月3日からのサイキック能力開発コース、お一人ずつを丁寧に見ていきます

2018.04.29
category: 2018年4月と5月の東京と大阪でのウィリアム・レーネンのイベント

5月の3日間のサイキック能力開発コース、これまでとはまた違うエキサイティングさを感じており、私自身が楽しみにしています。ESP能力開発コース1の前にも同じような、エキサイティングなフィーリングがありました。

この3日間、すべての人にとって価値のあるものであり、あらゆることにセンシティブに感じることができたり、あらゆることをセンシティブに感じる人たちにとてもいいと思います。参加者のお一人ずつの霊的進化に対して時間を持ち、お話しをしたいと思います。

 (転載ここまで)
皆で悪魔を呼び出すことにエキサイティングさを感じますか。
あらゆることにセンシティブな人はウィジャボードから悪い気を受けたりしないのでしょうか。

こちらより転載)

ESP(エスパー)能力開発コース1に参加された方から

2018.04.24
category: 2018年4月と5月の東京と大阪でのウィリアム・レーネンのイベント

多くの方がスプーンを曲げることができたり、男性を女性4人であげることができたりすることを実際に目にしました。
「そんなの無理~」と思ってしまうことが、私たちはできるんですね!

家でスプーン曲げをしてみました。スプーンは曲がると困るので別のもので試しましたが、短いし硬いし、力で曲げようとしても大変な物なのに、少しだけれど曲げることができました。
えっ?本当?と疑ってしまいましたが、「私にも出来る!」という自信にもなりました。

実は、エスパー能力に関しては、あまり関心なかったのですが、レーネンさんにお会いしたかったので参加しました。
ワークショップは、本では得られない・感じられないものがあるので、参加してよかったです。
レーネンさん、素敵な笑顔をありがとうございました。私も笑顔を心がけます。

スタッフの皆様、ありがとうございました。

(転載ここまで)

、、
ウィジャボードなど使って、「フィーリング」が悪くならないのでしょうか。多分霊的に敏感な人などはファンや参加者にいないのでしょう。皆無知のまま、スピリチュアル系の言う通りに素直に実践することを良かれと親しんでいるように見受けられます。

本当に満足に繋がるのかわからない事に2万4千円の受講料を払い、交通費その他も自腹で、ご苦労様です。きっとその苦労が報われ、元が取れるほどに皆さん幸せになれることでしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

「ouija board」の画像検索結果

 

こういう事を書いていると、悪口だとか、意地悪だとか、カルマを創造しているとか思われるのでしょうか。

こちらより転載)

ウィリアム・レーネンのスピリチュアルフレーズ

2018.04.27
category: ウィリアム・レーネン

「会ったことがある、会ったことがない、そんなことに関係なく噂話、ゴシップ、非難、批判をすると新しいカルマを自ら創造するだけではなく、その国のカルマも創造することになります」

(転載ここまで)

 

輪廻転生やカルマという概念は仏教や、ヒンズー教などの悪魔教から来ているようですが、レーネン氏はキリスト教から改宗をしたのでしょうか。それとも彼は無宗教なのでしょうか。

 

こちらより転載)

 カルマ

仏典などの日本語での解釈では「業」という意味合いで使われる。サンスクリット語では「行為」、または行為の結果として蓄積される「宿命」と訳される。カルマは「過去(世)での行為は、良い行為にせよ、悪い行為にせよ、いずれ必ず自分に返ってくる。」という因果応報の法則のことであり、インド占星術の土台であるヴェーダ哲学の根底に流れる思想である。
(転載ここまで)
もしレーネン氏が嘘などひとつもついていないなら・・・・・

 、

「ドリームタイム」の智慧 あなたらしく幸せに、心豊かに生きる 

自分にも他人にも、嘘のない人だけが行ける次元「ドリームタイム」。

恋愛、結婚、仕事、セックス、出産、子育て、夫婦関係、親子関係、同性愛、中絶など幅広いテーマについて、
そこで教えてもらったスピリチュアルな智慧を紹介!
宇宙人やUFO、妖精などの存在やスピリットワールドのしくみ、毎日の生活に役立つスピリチュアル・ワークまで、
吉本ばななさんが世界的サイキック・チャネラーに聞く、幸せへのヒント!

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

とのことですが、

霊感が強い人や、何か怪奇現象がある人や、スピリチュアルに関わる人がまるで心がキレイで汚れも嘘も一つもないかのように言う人がいますが、決してそんなことはないと思います。

はっきり言ってスピリチュアル系は全て嘘です。嘘がない人などいません。それを信じて実践する人などは無知な人たちです。彼らは天使を味方につけましょうなどと言ってお客を呼び寄せ、悪魔を呼び寄せる方法を教えたりするのです。

「ウィジャボードを買いなさい」とあの優しいサイキックのレーネンさんが言っているから買って来よう、そしてそれを酷使すればエスパーのようになれるのだなどと思ってワクワクして2万円以上も払って悪魔を呼び寄せる講習の準備するというのはどうなのかと思うのですが。

関連画像

ウィジャボードを使いこなして超能力者になれるわけがありません。こっくりさんと同じです。

何か奇跡的なことが起きたり、霊感があったりする人の皆が皆、嘘がなくて身も心もキレイな人とは限りません。

スピリチュアルな人達が、心がきれいで嘘がなくて愛がある人達ばかりだから、何かお香などをを使って浄化をしましょうだとか、デトックスをして、汚れを排出させて、高次の存在と繋がりやすくなりましょう、などと言って、ヒーリンググッズなどを売りつけたりしますが、スピリチュアリズムは悪魔から来ているので、あまり関係がないような気がします。(中には菜食をするめる人もいますが、レーネン氏は肉をよく食べるようです。)健康でいる事に越したことはないですが。

レーネン氏を観察すると、確かにご年齢(80代?)の割にはお元気です。脚が少し悪いようですが。

 

「ウィリアムレーネン」の画像検索結果
こちらより転載。

 

よしもとばなな公式サイト|日記|より転載)

ウィリアム・レーネンさんに会いにいった。
十年ぶりくらいに会うのに、さっき別れたような感じだった。彼は交通事故の後遺症で足が悪くなっていたが、でも命があってほんとうによかったと思う。会うなりずばりずばりと私の状態を言い当てるので、ただ会いにいっただけなのにお金を払いたくなるほどだった。もちろん個人セッションは来日のたびに枠があるし、ウェブコムでのセッションもあるので、興味のある人は受けてみるといいと思う。実力は保証するし、はっと目が覚める感じがあるのに、真に優しい言葉を聞くことができる。

(転載ここまで)

 ,

しかし、「嘘がなくて、心がきれいで純粋で正直で本当の自分を100%生きている」スピリチュアル系の言う「存在たち」とは、ほとんどが悪魔であり、ワークショップなどでスピリットだとか神々を呼び出す魔法だとか呪文だとか嘘をついて、悪魔召喚をさせ、それでESPになれるだとか宇宙人に会えるなどと言ってはぼったくりを繰り返している人間がほとんどであり、本当に霊感に悩む人や、神やこの世の真実を探している人を救いません。

それであまりうまくいかないクライアントは、また別の本を買い、商品を買い、ワークショップに払い、それでもうまくいかないと、自分を責めて鬱になるという事にもなりかねません。

その事実にも拘わらず、良いことがあったという人は、悪魔と親しんでいる人という事かもしれません。

「宇宙人やUFO、妖精などの存在やスピリットワールドのしくみ、毎日の生活に役立つスピリチュアル・ワーク」といいますが、宇宙人もUFOもイルミナティの大嘘であり、妖精も悪魔から来ている疑いがあります。UFOを開発する技術を人間はすでに持っているという数々の証拠も存在しているのですが、それでも「宇宙の叡智を授かっている」という彼らの言う事の方を信じるのでしょうか。

 

外部リンク

 天皇派が既にUFOを開発しているという確たる証拠。http://rapt-neo.com/?p=24898

現代人にUFOを開発する技術がないという大嘘。http://rapt-neo.com/?p=24847

レーネン氏が世界的サイキック・チャネラーであるかのように書かれてありますが、どうも人気があるのは日本国内だけのようです。アメリカでは「ピーブルズ博士のチャネルが出来る牧師」として、数少ない人達から認識されているようです。牧師が降霊術などをしていること自体が有り得ないのですが。

 

かつてはキリスト教メソジスト派の牧師をしていたらしいレーネン氏ですが、自殺について「許されるべき選択肢」だと語っています。キリスト教では自殺は罪なのですけど・・・死んだ方がマシと死んでも地獄へ行ってしまって、楽になるどころか永久の苦しみが訪れるかもしれません。

 

こちらより転載)

自殺は許されるべき選択肢・・ウィリアム・レーネンは語る

「自殺・・他の選択肢よりも良い悪いではなく、その原因をみつめることが重要」

過去60年間で、自殺率は高まっています。

先進国に近づけば近づくほど、自殺率も高まっています。

多くの人は、自殺をすることは、魂に対する罪であると考えます。

これはもう一度、考えなおす時期だと思います。

自殺をしても、その魂が地獄、暗闇に行くわけではないのです。

自殺とは、人が行う選択の一つであって、他の選択肢よりも良い、悪いということはありません。

スピリットワールドに行けば、魂は平等に扱われるのです。

魂が、次の転生に準備ができれば、前の人生での死がどんなものであったかは関係ないのです。

人が困難な状況を経る時、状況にどう対処するのかの選択枝は、一つ以上あるのです。

自殺は、すべての人間に開かれた多くの選択肢の一つなのです。

自殺をした人に対して、多くの人はネガティブな判断をします。

人が選択したことを、ポジティブ、ネガティブと決める権利は誰にもありません。

自殺にまで至った状況を見つめることが重要なのです。

 

(転載ここまで)

 、
 、
「スピリットワールドに行けば、魂は平等に扱われる」とは善人でもどんな罪を犯した悪人でも平等に天国へ行くという事でしょうか。
スピリチュアル系は死後の永遠の天国、地獄という概念がなく、輪廻転生を前提として話しているので、
現世で自分が悪人であるのも、弱者であるのもカルマ、苛めもカルマ、立派な人間であるのも前世のカルマ、
人は生まれる前に、自分の親や、この体と人格と環境などを自ら選んで生まれて来て、現世は前世のカルマを解消するために生きていて、誰々とは前世で母と息子の関係で、現世でカルマを解消する為に恋人として出会ったとか、今の人生がうまくいっているのも、うまくいっていないのもカルマ、
死んだら皆平等に扱われ、来世でどんな人生に生まれ変わるかは、現世で解消してきた/創ってきたカルマによって決められるのだとか、とにかく全てカルマによるものとだとの事ですが、
別に誰も親や環境を選んで生まれていないし、どの他人とも前世と繋がりなどないし、そもそも前世も来世もないと思います。
 ,
,
外部リンク
,
 ,
、、、、
輪廻転生、カルマという概念は、仏教などの悪魔教から来た嘘であり、キリスト教では信じられていません。
死んだあとは、永遠の天国に入るか、永遠の地獄に入るか、いずれかだそうです。(天国にも何段階とあるようですが、それでも一度低い霊界に入ってしまえば、二度とそこから出られることはなく、自分が成長することもないそうです)。
肉体は死んでも、霊は永遠に生き続けるので、地獄へ行ってしまったら、もう二度とそこから出られることはなく、永久に悪魔から苦しみを与えられるそうです。
YouTubeなどで検索をすれば、地獄を体験した人達の動画をいくつか観ることが出来ます。
自分は自分でしかない。選んで自分に生まれたわけでもない。自分の人生は一度きりで、過去に外国人だったことも、異性だったこともない。
ある国に惹かれるからと言って過去世でその国で生まれ育ったことがあるわけではない。死んだ後に、別の人間としての新しい人生は用意されてはいない。
 
「優しいサイキックのおじさん」という評判のレーネンさんの言った通りであるかどうかは、おそらく自分が死んでからでなければわからない。死んでから、自分が親しんでいたスピリチュアル系の人達が言っていたことが嘘だと気が付いても、もう遅いと思います。
それはレーネン氏とて、例外ではありません。どちらを信じるかは、その人の自由ですけれど。
こちらより転載)
,
カルマはバランスの欠けた状態です。それぞれの個人のカルマもありますし、人とのカルマもありますし、見知らぬ人とのカルマもありますし、家族のカルマもあります。過去世を通して同じ家族が何度も何度も生まれる場合があります。社会のカルマもあります。

住む場所を選択する際、そこのエネルギーを感じてください。あなたにカルマがなくても、その地域にカルマがある場合、影響を受けるのです。家を買ったり、借りる場合、住所で決める人たちがいます。その際、そこに引っ越しても人生が大変になる場合があります。ですから、あなたのエネルギーに触れ、どう感じるかを知っていれば、この地域、家族で何が起きているかをわかるのです。つまり、自分を知るということです。

 (転載ここまで)
 、

 (こちらより転載)

未来の世代のために、地球環境を浄化することにフォーカスする必要があります。神々、スピリット、その他宇宙の平和とそのままを変えようとしない無条件の愛に取り組む神々、スピリット、その他の存在のために何か毎日、儀式をしてください。人類だけではなく動物、鳥、魚も含めてすべてが1つの家族である努力をすることです。

(転載ここまで)
 
 、
そう言って、沢山の人達がウィジャボードを使って悪魔を呼び寄せ、悪魔のメッセージからなる自動書記なども身につければ、地球環境が浄化され、神々だとかスピリットや全ての存在に対して無条件の愛に取り組むことになるのでしょうか・・・。
スピリチュアル系がよく言う、神々だとかスピリットだとか、そのままを変えようとしない無条件の愛とは何でしょうか。
 
神々というのは多神教、悪魔教から来る神々や様々な階級のサタンのことではないのですか。キリスト教では神はお一人だけです。レーネン氏は元牧師ですから、知らないという事はないと思うのですが・・・・・・キリスト教とは無関係なのでしょうか。もしカルトなら尚更悪魔などに詳しいのではないかという気がしますが。
 、
外部リンク
ピーブルズ博士のチャネリングというのも怪しい・・・・・・他にも何人もいるようですが、中身は皆悪魔ではないかと思います。バシャールやセスと同じです。
 、 
スピリチュアル系の人達がいつも笑顔で、豊かに暮らしているように見えるからといって、神から祝福を受けているとは限りません。スピリチュアル系はほとんどが皆サタンの祝福(?)か、悪魔崇拝者などから来る報酬だと思います。
,
レーネン氏のファンの方々は、彼がウィジャボードなどを使いこなしているからスピリチュアルに豊かに生きられていると思うのでしょうか。それは違うと思います・・・。
 、
キリスト教 では、何か悪い事があったりしたときはカルマとは言いません。サタンの攻撃だとか、妨害だとか、誘惑だとか、主の鍛錬だとか神の裁きだと言います・・・・・・。罪のあるところに、サタンが寄って来ると言います。不安や心配などにも寄ってきますが、そこで何か無理にポジティブな呪文を唱えても仕方がないと思われます。
こちらより転載)

自由の意味をはき違えないでください

2017.11.29
category: ウィリアム・レーネン

自由と自由意志、カルマの重要な側面です。カルマはカルマに関連するすべての人たちがバランスを達成したときにのみ解消されます。ある人がバランスを達成しても、カルマのすべての側面がバランスを実現するまで、カルマの負債全体、宇宙の意識の中では完全な満足に至っていません。

自分を知っている人、進んで、喜んで自由への権利を行使して生きるべきです。自由とは、自分を知っているだけではなく、お金、社会、家族、友人に影響を受けずに自身のあらゆる能力を使い、行動をするということです。支配を受けることに心地悪いなら、そういう人間関係から離れることです。あなた自身にたずねてください。人がどう思うかではなく、あなたはどう感じ、そのフィーリングを続けたいのか、続けたくないのか、正直になり、行動をすることです。それが自由です。

自分を知っているでしょうか?自分を知るとは、経験を通してどう感じるかを知り、感じることに期待をせずに行動をし、あらゆる結果に向き合えるということです。

自由の意味をはき違えないでください。私は自由に生きてますよと言う人たちがいますが、自由の本当の意味を知っていますか?自由とは適当に生きる、無責任に生きる、逃げて生きる、目立たずに大きな責任を背負わずに生きるということではないのです。

 (転載ここまで)
 、
スピリチュアル系の人達ががそのように、悩む人たちを対象に、
 、
自分を知るとか、フィーリングを大切にするだとか、宇宙の叡智だとか嘘を言って、ワクワクとエナジーワークだとか言って天使を呼び寄せるフリして悪魔を呼び寄せおいたり、
本当は呪術だったり神の冒涜だったりするのにアファーメーションだとかマントラだとか魔法の言葉だとか言って皆さんに呪いを繰り返し唱えさせたり、
輪廻転生だの、地獄は無いだの、カルマだのと嘘の答えを吹き込んだりして真実から遠ざけて、スピリットからのサポートと言ってはその実悪魔からのサポートだったりとミスリードとしか思えないことに何万とお金を払って続けさせて、
世の中を本当に正しく知ることが出来ないまま、フィーリングを大切に、正直に生きる事、自分を知る事、自由への権利を行使して生きる事、直感を身につけて正しい選択をしましょうと仰るのでしょうか。
それでスピリチュアル系の方々は自殺をしてもその人の自由な選択肢だと仰って、まるで他に救いもないようですが、それもこれも前世などのカルマが原因で起きているのでしょうか。
それでマントラや自動書記やウィジャボードで悪魔と繋がればカルマのバランスが整うのでしょうか。
  、
 エナジーワークだとかESP能力開発だとかよく仰いますけど、スピリチュアル系が行っているような事は、その波動だとか気の観点から見て、本当にポジティブで、良い気に満ちたものなのか甚だ疑問です。
レーネン氏はスピリチュアル系の中では、なんというのか最も害がないというか、問題のないというか、人気のあるサイキックの良いおじさんというイメージがあり、特に問題はないのだろうかとも思いましたが、ウィジャボードは戴けません。
,
レーネン氏と吉本ばなな氏の対談のなどの内容全てが悪魔だ嘘だとか言うつもりはありません。霊や霊感は存在すると思っていますが、それがどこから来ているものなのか疑問です。あとはUFOや、チャネリングについてなどは嘘だという証拠もなしに、ただの誹謗中傷のように悪魔だ偽物だというつもりはありません。それらの悪魔的なことをする事が地球や人々にとって本当に良い事なのかと首を傾げます。
霊感が強い人だけが見えるとか言われたら、他の人はなんとも言えません。
 
宇宙の叡智を語り、魔法のような知識を持っているスピリチュアルな人間は、どこにも存在しないようです。フィクションです。
その一方で、神や聖霊や御子、創造主ヤハウェの御使いの天使、天使から堕落してサタンになったルシファー、アダムとエヴァの存在や、聖書の内容は、フィクションではありません。
スピリチュアル系の嘘の情報をいくら頭に詰め込んでも、真実に辿り着けません。(スピリチュアル系の人達は、揃いも揃ってイエス・キリストや聖書について出鱈目を語ります。信仰者でもないのに「大天使ミカエルからメッセージを貰いました」などと大嘘を言ったりします。)
誰が例外でも除外もない、スピリチュアリズムやはり、サタニズムと同じであるようです。
それでも私はスピリチュアル系が好きだし楽しいし、信じているというなら、ご自由にすればいいと思います。どうなっても、知りません。
,
関連画像
OUIJA  ORIGIN OF EVIL  TRAILER
 
マルコによる福音書第9章42節~50節
 、
罪への誘惑

4 2 「 わ た し を 信 じ る こ れ ら の 小 さ な 者 の 一 人 を つ ま ず か せ る 者 は 、 大 き な 石 臼 を 首 に 懸 け ら れ て 、 海 に 投 げ 込 ま れ て し ま う 方 が は る か に よ い 。4 3 も し 片 方 の 手 が あ な た を つ ま ず か せ る な ら 、 切 り 捨 て て し ま い な さ い 。 両 手 が そ ろ っ た ま ま 地 獄 の 消 え な い 火 の 中 に 落 ち る よ り は 、 片 手 に な っ て も 命 に あ ず か る 方 が よ い 。 † 4 5 も し 片 方 の 足 が あ な た を つ ま ず か せ る な ら 、 切 り 捨 て て し ま い な さ い 。 両 足 が そ ろ っ た ま ま で 地 獄 に 投 げ 込 ま れ る よ り は 、 片 足 に な っ て も 命 に あ ず か る 方 が よ い 。 † 4 7 も し 片 方 の 目 が あ な た を つ ま ず か せ る な ら 、 え ぐ り 出 し な さ い 。 両 方 の 目 が そ ろ っ た ま ま 地 獄 に 投 げ 込 ま れ る よ り は 、 一 つ の 目 にな っ て も 神 の 国 に 入 る 方 が よ い 。 4 8 地 獄 で は 蛆 が 尽 き る こ と も 、 火 が 消 え る こ と も な い 。4 9 人 は 皆 、 火 で 塩 味 を 付 け ら れ る 。 5 0 塩 は 良 い も の で あ る 。 だ が 、 塩 に 塩 気 が な く な れ ば 、 あ な た が た は 何 に よ っ て 塩 に 味 を 付 け る の か 。 自 分 自 身 の 内 に 塩 を 持 ち な さ い 。そ し て 、 互 い に 平 和 に 過 ご し な さ い 。 」

 

聖書 新共同訳 新約聖書

 
 、
 、