不食からオカルトに連れて行かれる・・・。/アセンデッド・マスターという嘘。

 

最近、不食、ブレサリアンといって、食べずに生きている人が話題になっているようです

その不食の人達は、プラーナという、大気中に漂っているエネルギー(?)を摂り込んで生きているのだそうです。

ブレサリアンとは、「食事をとらず、代わりに呼吸によってプラーナをとり込んで生きている人」のことを指すのだそうですが、

プラーナとは一体何なのでしょうか。

 

(『食べない、死なない、争わない』稲葉耶季著 より転載)

プラーナについては、ここまでにも何度ふれてきました。プラーナとは、もともとはサンスクリット語で「呼吸」「息吹」などを意味し、ヨガやインド哲学で使われてきた言葉です。いまでは、宇宙のあらゆるところに存在するエネルギーを指し、「宇宙エネルギー」「生命エネルギー」「気」などと呼ばれることもあります(「気」とプラーナは厳密には同一ではないという意見もありますが、ここでは同じものと扱うことにします)。

「プラーナという宇宙エネルギーで出来ている」というと、特別なことのようですが、すべての生物がプラーナとり込んで生きています。個体によって取り込む量や割合の差、どのくらい直接的で、どのくらい間接的かという違いがあるだけです。

(中略)

プラーナは「太陽エネルギー」「光のエネルギー」と呼ばれることもあります。太陽光にはとくにプラーナが多く含まれ、体とり入れたプラーナを活性化するのにも太陽光が重要な役割を果たすからです。私も不食の期間には、とくに心がけて太陽光を浴びるようにしていました。その太陽光のプラーナを直接的にとり込んで生きているのが、植物という存在なのです。

プラーナをとり込んだ植物を草食動物が食べ、草食動物を肉食動物が食べるという連鎖によって、動物は間接的にプラーナを得ています。

人間も、植物や動物を食べ、間接的にプラーナを得てきました。人間を含む動物も、いくらかは直接的にプラーナを受け取っていますが、それを生体のエネルギーにする能力は植物よりはるかに低いのです。

不食の人の登場は、それを直接的に受け取って使える人が現れてきたということだと、私は解釈しています。

秋山さんやジャスムヒーンさん、おそらくは森さんも、まるで植物のように宇宙エネルギーを直接的に受け取って、生きるエネルギーを得ていると考えられます。

(転載ここまで)

そのプラーナというものは以下のように目に見えるそうです。

関連画像
こちらより転載。

ただの目のチカチカ(?)です。

私も時々このように光のようなものが見えることがありますが、これがプラーナなのでしょうか。

意図的に見ることも可能です。明るいところで、晴れた空などの遠いところをしばらく眺め、そのあと手元などの近くに視界を移せば、キラキラした光が見えるようになります。目の問題ではないのでしょうか。

《眼科医解説》目がチカチカする…実は危険な4つの病のサインかも!?https://doctors-me.com/doctor/column/5634

 

(『食べない、死なない、争わない』より)

「人間も、植物や動物を食べ、間接的にプラーナを得てきました。人間を含む動物も、いくらかは直接的にプラーナを受け取っていますが、それを生体のエネルギーにする能力は植物よりはるかに低いのです。

不食の人の登場は、それを直接的に受け取って使える人が現れてきたということだと、私は解釈しています。

秋山さんやジャスムヒーンさん、おそらくは森さんも、まるで植物のように宇宙エネルギーを直接的に受け取って、生きるエネルギーを得ていると考えられます。」

とのことですが、食べない人の方が、そのプラーナ(という宇宙エネルギー?)を植物のように直接的に取り込んで、誰より健康に生きられるという事でしょうか。

そのプラーナだけで生きている何人かの不食の人について調べてみたところ、先程の転載内容のように、宇宙エネルギーだとか、神々だとか、どうもオカルト、スピリチュアルな話を語ることが多いようです。

あるレビューによると、この『食べない、死なない、争わない』の著者は、「広い世界」というブログの2016-07-25の記事に、

「先生は釣ったお魚がかわいそうで魚はここ何十年も食べていなかったのですが、動物性タンパク質は身体にとても良いことがわかり、今日何十年ぶりの大好きなアジのお魚さんをとても喜んで食べていらっしゃいました。」

と、魚料理を堪能しているそうです。

 

本書の思想・価値観を語っていた著者はもういない、「肉・魚・卵も食べない完全菜食主義」を貫いていないのだそうです。

結局は食事をする事が大事だという事でしょうか。

 

不食を実践している人について、まず最初に、ジャスムヒーンという、オーストラリアの女性について調べました。

神々の食べ物―聖なる栄養とは何か

 

ジャスムヒーン プロフィール

ジャスムヒーンJasmuheenEllen Greve、1957年生まれ)は、オーストラリアに拠点をもつ、プラーナ栄養者(固形食を摂取しない)、不食者(ブレサリアン、Inedia)を自称する人物。1990年代、世界的にプラーナ、太陽光栄養の実践者として活動。著作、講演録等をウェブサイトで販売している。

 

経歴

1957年、オーストラリアニューサウスウェールズ州でノルウェー移民の家族のもと誕生。結婚後、2人の子どもを授かる。財務、経営分野で就業経験を積み、1992年瞑想的生活に関するワークショップ、セミナーを開始。

  • 1998年、ドキュメンタリー映画『”The Legend of Atlantis” 』( Elia The Prophet 制作)出演
  • 1999年、オーストラリアTV番組『60 Minutes 』出演
  • 2000年、イグ・ノーベル賞文学賞受賞
  • 2010年、『3 Magic Words』(Michael Perlin 制作)出演、『”In the Beginning There Was Light”』出演

 

こちらより転載。

イグノーベル賞(イグノーベルしょう、英: Ig Nobel Prize)は、1991年に創設された「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられるノーベル賞のパロディーである。

名称

「イグノーベル (Ig Nobel 英語発音:[ˌɪɡnoʊˈbɛl])」とは、ノーベル賞の創設者ノーベル (Nobel 英語発音:[noʊˈbɛl]) に、否定を表す接頭辞的にIgを加え、英語の形容詞 ignoble 英語発音:[ɪɡˈnoʊbəl]「恥ずべき、不名誉な、不誠実な」にかけた造語である。公式のパンフレットではノーベルの親戚と疑わない Ignatius Nobel(イグネイシアス・ノーベル)という人物の遺産で運営されているという説明も書かれているが、ノーベル賞にちなんだジョークである。

 

著作

  • 『リヴィング・オン・ライト―あなたもプラーナで生きられる』ナチュラルスピリット、2004年
  • 『神々の食べ物―聖なる栄養とは何か』ナチュラルスピリット、2007年
  • 『マトリックスの女王―フィールドをあやつる宇宙の騎士たち― (魔法の王国シリーズI)』ナチュラルスピリット、2011年
  • 『ハートの王―愛のフィールド― (魔法の王国シリーズII)』ナチュラルスピリット、2012年

 

『リヴィング・オン・ライト―あなたもプラーナで生きられる』ナチュラルスピリット、2004年

 

リヴィング・オン・ライト―あなたもプラーナで生きられる
2004年発行。(著者47歳?)

内容

数年間、光だけで生きているオーストラリアの女性、
ジャスムヒーンさんによる、理論と実践の書。
人間の光への可能性が見えてきます! –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

光だけで十数年間生きている女性が語る、光(プラーナ)で生きるための理論と実践の本。人類の新たな光への進化が見えてきます。

著者について

ジャスムヒーン Jasmuheen
オーストラリア人。メタフィジックスについて20冊の本を出し、プラーナの栄養についての分野で調査し、国際的にレクチャーを行っている。この数年間、ほとんど食事をとらず光(プラーナ)だけで生きている。

(転載ここまで)

 

原書は1996年発行。当時著者39歳。

「光だけで生きている」といいますが、彼女の読者の中から数名、不食を実践したことにより死亡しています。

 

不食を実践した人たちの死亡事故、ジャスムヒーンの断食実験の失敗。

(『リヴィング・オン・ライト』評価の検索結果より抜粋)

 

断食に失敗した人のひとりは、なにをかくそうジャスムヒーン御本人だ。1999年ごろ、オーストラリアのテレビ番組「60 Minutes」の呼び掛けに応じて、1週間空気だけで生きる実証実験にジャスムヒーンは挑んだ。
しかし、彼女は6キロ近くの体重を失い、10%の脱水状態に陥り、脈拍数が開始時の2倍になり、
このまま実験を続けると腎不全に陥る可能性があったため、医師の判断で実験は中止された。ジャスムヒーンをYoutubeの動画で見たことあるが、あんな元気なヤツがなんも食べてないわけがない。プラーナだけで生きようとして、死亡した犠牲者としては、以下の4人が知られている。

Verity Linn (49歳、1999年9月)
サザーランドの荒野で半裸の状態で、低体温症と脱水症のため死んでいるところを釣り人によって発見された。
彼女の持ち物の中にジャスムヒーンの本があり、日記には9月4日から飲食をやめたことが書かれてあり、その後16日に死体で発見された。
Lani Morris (53歳、1999年8月):メルボルン在住。
「プラーナの光」によって生きることを決意した7日後、言葉を喪失し、右手の自由も失う。その3日後に倒れ、二度と回復することはなかった。
Timo Degen (31歳、1997年3月):ミュンヘン在住。
ジャスムヒーンのインターネットサイトを見た後に不食を決意、12日目に視覚異常を訴え、その1週後に昏睡状態となる。
4週間にわたる点滴静注のあとに回復したが、転倒したことによる頭部の外傷により死亡した。
Anna Gut (50代前半、2012年冬):スイス在住。
“In the beginning there was light”というタイトルのドキュメンタリー映画を見た後、不食を決意。
ジャスムヒーンの本を参考に、1週間何も食べず、2、3週間目には水も飲まなかった。
心配する子供たちに、危険になったら不食をやめると言っていたが、子供たちによって死亡しているところを発見された。Lani Morrisに関しては、Morrisが然るべき診療を受けることを遅延したとして、
断食のサポートをしていたJim Vadim Pesnakとその妻Eugeniaが、殺人罪でそれぞれ、懲役6年と2年の判決を受けている。

ジャスムヒーン、断食実験失敗http://virtuosi.seesaa.net/article/52716946.htmlより転載。

「リヴィング・オン・ライト」の著者、ジャスムヒーンは、その著書で、食事なし水なしでプラナを取り込んで生きる方法について書いているが、何人かそれを実践し脱水症状などで死亡したという。

このLani Marcia Roslyn Morrisの件に関しては、Jim Vadim Pesnakと妻のEugenia Pesnakが行った21日間のイニシエーション、(7日間食事も水なし14日間制限付き液体だけ摂取)に被験者は参加して、死亡してしまったという事件。

http://www.rickross.com/reference/breat/breat16.html

断食実験開始一週間後体の半分が麻痺、話せなくなった。そして黒いタールの様な物を吐いて呼吸困難になった。Mr Pesnakは、管を差し込んで呼吸を助けようとしたがうまく行かず。一時間後に救急車を呼んだが手遅れになった。警察がなぜすぐに救急車を呼ばなかったのか聞いた所、「あれは霊的な浄化作用の途中で危険な状態だと思わなかった」と答えたという。

これを読んだ時点では、どうしてこれを行ったかわからなかったんだけど、色々調べてみたらどうも彼等は、ジャスムヒーンの本「リヴィング・オン・ライト」を読んで、そこに書いてあった方法を実践してみたらしい。その本の著者、ジャスムヒーンにテレビ局が取材に行った時の様子のビデオがこれ。死亡したLani Marcia Roslyn Morrisの写真も出ている。

http://video.google.com/videoplay?docid=-8060648983626971848

オーストラリアのテレビ60 Minutesが、エレン(ジャスムヒーン)にドクター、ベアス・ウェンクの監視の元、断食実験を行った。48時間後エレンに脱水症状、ストレス、高血圧の症状が確認された。エレンは、「それはここの空気が汚染されているから、そういう結果になった。」と言ったので、3日目に都市部から15マイル離れた山岳地帯に場所を移した。そこでエレンは、満足して楽に生きられると言った。しかし体重は6キロ落ちた。エレンは健康で問題ないと言ったが、ドクター・ウェンクは、「あなたの体は酷い脱水症状で体内の水分の10%を失っていて、間もなく11%になろうとしている」(10%水分を失うと脱水症状が出始め、15%失うと生命の危険にさらされる)「脈は、断食実験を始めた時と比べると2倍の早さになっており、このまま続けると腎臓を壊してしまう恐れがある」

エレンはなお実験を続ける事にこだわったが、番組スタッフは、ドクターの警告を踏まえ実験を中止した。

彼女の本(Living on light)に直接かかわりのある、3人の死亡事件に関して。ラニ・モーリスについては、「正当な志がなく、完成されたレベルでなかった」と言った。それら3件について処罰される事はなかったという。

亡くなった犠牲者の家族が、断食イニシエーションの返金を求めたが、返金されなかったそうだ。
http://www.ratbags.com/rsoles/comment/jasmuheen.htm

日本語のニュース
http://news.jams.tv/jlog/item/id-338

(転載ここまで)
 、
 、
実験が中止になった「60minutes  」の映像がこちら。
 、

 

映像を見た限り、ジャスムヒーンはかなり痩せていて、とてもではプラーナだけで生きていて、誰より健康で幸せに生きている人・・・には見えません。ただの痩せすぎです。

(99年という事は、42歳の頃の映像ですか。)

プラーナが聖なる栄養と仰いますけど、普通に食事をしている人よりどれ程のメリットがあるのでしょうか。

以下はの写真は、ジャスムヒーン(本名エレン・グレイヴ)の90年代頃、40代の頃でしょうか。

写真は古そうなのですが、時期がはっきりしていません。

関連画像

「jasmuheen 60 minutes」の画像検索結果

 ã€Œjasmuheen」の画像検索結果

 

「聖なる栄養」・・・・・・ 。
失礼ですが正直、「わたしも試してみよう」とは思えません。不安になります。
そして現在のジャスムヒーン(今年61歳)の写真が以下の通り。
 、

関連画像

「ジャスムヒーン」の画像検索結果
娘さんですか……
顔が丸くなって、肌も綺麗に若返って見えます。この写真は別人のようです。
どうしてこうなったのでしょうか。何か進化でもしたのでしょうか・・・。
去年から陰謀論を読んでいた私はつい替え玉とか影武者か、それとも整形したのかなと思ってしまう。
そう見えるように撮れているだけでしょうか・・・・
昔からプラーナが聖なる栄養だと語っていて、それで昔から驚くほどに若々しく元気なら分かりますが・・・・昔の写真などを見る限りでは失礼ですが、そうは見えません・・・・。
人は食べなくても生きられるとか、聖なる栄養だとか、神々だとか健康だとか浄化だとか仰いますけど、食べている人達よりもご年齢よりずっと上に見えるとはどういう事だろうと・・・。
「jasmuheen」の画像検索結果
ジャスムヒーンはイブニングセミナーやワークショップ、瞑想会などで時々来日なさるそうですが、
断食や不食について実践したり、語ったりすることはせず、、ほとんどオカルトな内容になっているようです。
女性は肌のことなど、健康というより美容に関して興味、関心がありますが、セミナーの講師がかなり痩せた姿で現れ、健康が宇宙がとオカルトが混じった話を、年齢より上に見える人に聞かされても何をやっているんだかわけがわからなくなると思うのですけど・・・。
不食によって、どんなに体や心に良いことがあるかというより、魂だの内なる神聖だの、何次元だのユニティ意識だの宇宙だのという話をし、不食よりも、自分が学んだオカルト、ヒンズー教や仏教などから来る教理を皆さんに伝えて広めていきたいという事のようです。
もはやカルトの教祖様です、
 、
こちらより転載)
I AM Essence(アイ・アムの本質)の贈りものについて、ジャスムヒーンは語ります:

「魂が二元性のプレーンの中で固定されているなかで、もっともやりがいのある旅の一つは、アイ・アムの本質を意識し、それと完全に繋がり、完璧に融合することです。アイ・アムの本質を、ある人はモナドとよび、私は以前まではDivine One Within(内なる神性)とよんでいました。この本質は、ユニティ意識によって、私たちの中に、まわりに、どこにでも感じて知覚することができます。全ての創造物を織りなすファブリックを構成し、人生のベースライン周波数のようなものです。Cosmic micro-food flow(太陽のマイクロ食物の流れ)を通して私たちの身体に栄養を与えてくれるだけでなく、私たちが永遠に変容されるように、平和と安らぎのリズムに調整してくれます。その贈り物はとどまることを知りません。私たちを完全に愛し、導き、癒し、養う力は、自然であると同時に深遠なものです。私たちの内外のエネルギーの流れと一致した時、アイ・アムの本質は、独自の方法とタイミングで明かされますが、私たちはこの本質と分離されることはありませんし、それはいつでもそこにあります。量、流れの精妙さや強さが変わっているだけです。これらを司る法則を理解することにより、私たちは全てをコントロールできます。」

(転載ここまで)

 

この方は何を言っているのですか。理解できません。

こちらのサイトで募集していた、2012年に行われる予定の瞑想会は、ご家族の体調の都合により中止になったそうです。

・・・・・・・・・。

「私たちは全てをコントロールできる」のですよね・・・。

イブニングセミナー、ワークショップ、瞑想会の全日ご参加ですと割引致しますとのことでしたが、合計75000円から72000円に値下げだそうです・・・・・・・

さぞ人生がお変わりになるのでしょう。

ちなみに、書籍も他のスピリチュアル系の本に比べて高いです・・・(一冊三千円弱)。

会場も六芒星など悪魔崇拝のシンボルが飾られています。オカルトセミナーでしょうか。

 

「jasmuheen 60 minutes」の画像検索結果
後ろに六芒星が飾られている。
悪魔崇拝ピラミッドに渦巻き

悪魔崇拝のロゴ、マーク

イルミナティ
イルミナティ偽宇宙人バシャールのロゴ
「六芒星」の画像検索結果
サタニスト
神智学

こちらより転載)

悪魔崇拝というものは、常にシンボルマークを大切にしています。三角ピラミッドと一つ目のマークや、コンパスと定規のマークがその最たるもの。「陰陽道」にも「五芒星」「六芒星」なるものが使われています。

スクリーンショット 2014-10-29 15.01.43

なので、悪魔崇拝者たちは互いにそのマークを見てすぐに同類だと分かります。何百年と離ればなれになっていた者どうしでも、すぐに自分の仲間だと分かります。だからこそ、彼らはこの日本の中で出会ったとき、すぐに意気投合して、再びこの日本を悪魔ルシファーの支配する国にしようと話し合ったわけでしょう。

(転載ここまで)

こんなディスプレイをされた会場で悪魔を召喚して悪魔と繋がりましょうという事でしょうか。

不食の実践についてや、自分が不食でどれ程の恩恵を受けたかなどの話はほとんどしないのでしょうか。

内なる神聖だとか、導き、癒し、養う力だとか仰いますが、

・・・失礼ですがそのお肌では説得力がありません(最近の方がなぜか若く見えます)。

4人も死亡者が出ているというのに、よく刑罰もなく活動が続けられるものだと思いますけど・・・・5件ですか?公表されていないだけで、実は5件以上でしょうか。

「私は愛であり、永遠であり、無限である。」と唱えたからといってどうなるでしょうか・・・。

90年代後半に3件の死亡事故が起きて、その愛と無限で生きている間の2005年と2012年ににまた死亡事故。

実験した読者が「正当な志がなく、完成されたレベルでなかった」とか言って終わりでしょうか。

「知識や準備が足りなかったのよ」という事でしょうか。

この方がイニシエーションの準備や管理が万全で、指導能力があるのだろうかと首を傾げます。

それでは一人で断食をしようが、高いお金を払ってセミナーで断食をしようが同じではないのかと思うのですが・・・

そのような事もあってか、現在は断食などを実践させたりするより、オカルトな講演ばかりを行なっているようです。

宇宙だとか神々だとかいうオカルトな話を聞かせ、私は愛だとか完璧だとか無限のエネルギーだとかいうアファメーションを唱えさせ、まずはポジティブな洗脳から始めるのかと疑ってしまいます。

こちらの動画では、死亡事故についてもふれていますが、ジャスムヒーンは淡々と答え、笑顔さえ見せています・・・・・・。(何年前の動画かは不明)

不食を続けると「ネガティブ」な感情がないという事でしょうか・・・(キャスターは少々苛ついています)。
自分は長い間に瞑想をしたりベジタリアンであったりして「準備期間」が長かったが、そうではない人が急に自宅で不食をするのはあらゆる問題を起こしかねないようなことを言っていましたが、でもそれで「60minutes  」の収録はドクターストップがかかったのですよね・・・
 、
 、
 この動画の始めあたりを観ていると、不食とは言ってもある程度エネルギーを摂る事を認めているようで、
水と、ハーブティーと、時々ならカップ1/2杯のオレンジジュースを飲んでも良し、
 、
それと、ジャスムヒーンは時々1/2枚のチョコレートビスケットを少し齧っているようです(1:20頃)?
(字幕ありの画面)
何十年も水だけで生きているのではないのですか。
「60minutes  」の実験の失敗は彼女がごく普通の人と同じだったという事の証明でしょうか。
そんな中途半端に糖質とお茶だけだったら、身体に悪いような気がしますが。
 、

著者について読み返してみると、

 

ジャスムヒーン Jasmuheen

オーストラリア人。
メタフィジックについて20冊の本を出し、プラーナの栄養についての分野で調査し、国際的にレクチャーを行っている。
この20年間以上、ほとんど食事をとらずプラーナ(光)だけで生きている。

とのことですが、

完全に不食ではないという事でしょうか。

不食という事は お茶やコーヒーも飲まないという事だそうですが、
休憩するときどうするのだろう・・・
 、
 
喫茶店に入ってコーヒーとか、飲みたいと思う事ありません・・・と聞きたくなる(お茶は飲めるらしい)。
今は時々半分のチョコレートビスケットの味見(?)はしてないのでしょうか。
本当は食べたいのでは・・・・後に引けないのでしょうか。余計なお世話です。
いつ始めようと止めようと勝手な、不食でない私たちは何でも好きなものを選ばせていただきます。
・・・・・・・
 
 、
ジャスムヒーンはカルトの話が語られているばかりで、
どういうきっかけで不食になったのかほとんど語られていないので分かりにくいのですが、
どうも若いころから、ベジタリアンに興味を持ち、「氣」について学んだりしているうちに、不食に至ったようです。
 、
それから、霊的な存在からの導きによって、世界的に不食についての活動をする事に決めたようです。
(リビング・オン・ライト/ジャスムヒーンの経歴より引用)
 、
 1996 プラーナ栄養の研究を世界の舞台に紹介するようにセント・ジャーメインババジから導かれる

セント・ジャーメインとは(Wikipediaより転載)

サンジェルマン伯爵(サンジェルマンはくしゃく、Comte de Saint-Germain、1691年あるいは1707年? – 1784年2月27日)は、18世紀のヨーロッパを中心に活動したと伝えられる人物である。

 

出自

スペイン王妃マリー=アンヌ・ド・ヌブール (Marie-Anne de Neubourg) と貴族メルガル伯爵 (comte de Melgar)と の私生児と言われている。その人生を通じて享受していた経済的な安泰や高度の教育・教養はこの出自によるものが大きいと考えられる。教養について言えば、同時代人には、化学に限らず様々な分野の知識が豊富で、一流の音楽家でもあり、また優れた画才をも示したことが評価されている。しかし彼の前半生には不明な点が極めて多く、その正体が明らかとなるのは彼がフランス社交界で活躍する1758年以降、彼が67歳になってからである。しかしこの年齢が正しいのかどうかさえも不明で、社交界で活躍していた時期の彼は40代以前にしか見えなかったという。

神智学、ニューエイジ思想

神智学、またその影響を受けたニューエイジ思想では、秘教的、霊的な知識と力を持った大師(マハートマー、マスター)とみなされている。日本では、英語発音を元にした「セント・ジャーメイン」という表記も見られる。これらの思想で重要視されるSeven raysにおいては、「第七光線の大師」という位置を与えられている。

 

関連画像

 

マハー・アヴァター・ババジMaha Avatar Babaji、伝承としては203年11月30日 – )とは、ヒマラヤで隠棲している不老不死の聖者、ヨーガ行者。マハーは、「偉大な」を意味し、アヴァターは、「神の化身」を意味し、ババジは、「聖父」を意味する。クリヤー・ババジ・ナガラジ、シヴァ・ババなどの別称もある。彼の生来の名前はナガラジである。パラマハンサ・ヨガナンダの著書『あるヨギの自叙伝』(森北出版)で触れられたことで世に知られるようになった。単にババジとも呼ばれる。 ババジサンガの主神はシヴァ神であり、支持者の中にはババジを弥勒菩薩と同一視する者もいる。森北出版の『ババジ伝』には彼を写した写真も多く掲載されている。

 

パラマハンサ・ヨガナンダによる記述

パラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』によると、

  • 数百年か千年以上に渡って肉体を維持しているが、25歳以下には見える。
  • 普段はヒンディー語を話すが、英語や他の言語も話せる。
  • その肉体は、中肉中背だが、光を放っており、食事が不要で、影や足跡ができない。
  • 崖から飛び降りた弟子入りの志願者を死から蘇らせたことがある。
  • テレポートで移動することもある。
  • 現代にクリヤ・ヨガを復活させるためにその奥義をラヒリ・マハサヤ(パラマハンサ・ヨガナンダのグルのグル)に授けた。
  • ラヒリ・マハサヤの儀式に際して黄金の宮殿を物質化した。
  • シャンカラカビールにも教えを授けた。
(転載ここまで)
不老不死だとかテレポートだとか宮殿を物質化しただとか、嘘八百でしょう・・・。
 このお二人からプラーナについて世界に伝えるように導かれたのだそうです。
偽者や悪魔の導きのような気がしますけど・・・私は信じられません。

アセンデッド・マスターとは何か

1994 アセンデッドマスターたちとともに奉仕計画を開始する。

1994 アセンデッドマスターより全5巻のうちの一巻を受け取る。

1994 『共鳴のなかで In Resonance 』を執筆する。

(リビング・オン・ライト/ジャスムヒーンの経歴より引用)
,

アセンデッド・マスターに導かれたと書いてありますが、
アセンデッド・マスターとは、簡単に言えば、既に亡くなった、一般に聖人と呼ばれる人たちを、天使も悪魔もキリスト教も悪魔崇拝の神も本物も偽物も一緒くたにして、一括りにして、
誰が言いだしたのか彼らをアセンデッドマスターだと名付け、イエス・キリストも悪魔教の神様も皆同じところにいて、地上の人達を見守って、メッセージを伝えたりして、皆でサポートをしていると嘘をつき、
スピリチュアル系の人がメッセージを受け取りましたとか、アセンデッドマスターたちからメッセージを受け取る方法を教えますだとか言って、講習を高額で受け付けて開催したり、リーディングカードなどを売って商売をするための詐欺話のようなものです。
本当に霊感などが来ていたとしても、結局はウィジャボードや降霊術と同じく、悪魔や偽物が降霊しているだけだと思います。
ホワイト・ブラザーフッドというのも同じようなものです。
子供だましです。

こちらより転載)

アセンデッドマスターとは高尚な魂を持った天界の住人たちのことです。

彼らは私たちを見守り、サポートしてくれている心強い味方です。

しかしアセンデッドマスターと呼ばれる人たちにはどんな方がいらっしゃるのでしょうか。

今回はアセンデッドマスターたちの一覧を紹介していきます!

・イエス・キリスト
キリスト教において神の子と崇められているイエスは、愛と許しの大切さを伝えています。

・大天使ミカエル
”守護”と”感情の浄化”を司る男性の天使であり、私たちが使命を果たせるようサポートしてくれています。

・モーゼ
旧約聖書に登場する預言者であり、祈りで海を真っ二つにして海底に道を作ったことで有名(モーゼの奇跡)。

・マハコハン・ラゴッジー
レムリア文明の神であり、マスターたちの中で唯一肉体をもったことのないマスターです。他のマスターたちの教師を務める霊界の偉大な教師でもあります。

・トト
エジプトの神の一人であり、”知恵の神”、”書記の守護者”という異名をもっています。

・マイトレーヤ
人類の歴史の中で最初に宇宙の叡智を授かった人々のうちの一人であり、アダムやキリストとして生まれ変わったことで有名。

釈迦(しゃか)
釈迦族の国(ネパールの西南部あたり)の王子様であり、仏教の創始者でもあります。

・仏陀(ブッダ)
ブッダは”悟りを開いた人”という意味であり、悟りの境地に至ったあとの釈迦がブッダであると言われています。

・シヴァ
ヒンドゥー教の最高神の一人であり、世界の寿命が尽きた時に世界を破壊し、次の世界を創造する役目があります。

・ガネーシャ
ヒンドゥー教の神の一人であり、ゾウの顔をしたインドの開運、お金、学問の神様として有名です。

・ヨガナンダ
インドで生まれたヨガの聖人であり、東洋の叡智であるヨガを西洋に広めた伝道師です。

・マハトマガンディー(ガンジー)
インドの宗教家、弁護士、政治指導者。インドのイギリスからの独立運動を指揮したことで有名です。

・聖母マリア 
イエス・キリストの母であり、純潔さと思いやりを伝えています

・ラクシュミー
ヒンドゥー教の女神の一人であり、美と豊穣と幸運を司っている。

イシス
エジプト神話の女神であり、霊的指導者そして献身的な妻や母として両方の側面をバランス良くこなす人生を歩みました。

・観音
仏教における慈愛の女神のことであり、日本や中国で広く信仰を集めています。

・マザー・テレサ
カトリックの修道女であり、病人や瀕死の人々の保護や孤児を救済する施設を設立しました。

さいごに

アセンデッドマスターはここで紹介した人々の他にも数多く存在するようです。

そして私たちの元にはアセンデッドマスターの中のうちの誰かがサポートに来てくださっています。

一般的には私たちのスピリチュアル的、宗教的な好みに合致した人がサポートについているようです。

この中にもみなさんをサポートしているアセンデッドマスターがきっといることでしょう。

彼らの存在に感謝しつつ、私たちも魂を磨いていきましょう!!

(転載ここまで)

宗教は好みの問題ではありません・・・。

 

イエス・キリストと大天使ミカエルとモーセ以外は皆悪魔崇拝です。

そんな悪魔とイエス・キリストを一緒にして、高尚な魂を持った天界の住人たちだとか、アセンデッド・マスターだなどと嘘を言うスピリチュアル系の人達や、それを信じる人たちが、果たして天使も悪魔も同時に呼び求めて、そんなスピリチュアルなサポートを得られるのか甚だ疑問です。

イエス・キリストもミカエルも知ったら呆れると思います。

そんな大嘘の中、更に、ミカエルからメッセージを受け取りましたとか、マリア様のエネルギーを受け取ることが出来ますなどと語る人がいますが、有り得ません。

マリアはイエス・キリストを産んだ母親ではありますが、何か神の御業をなしたわけではありませんし、聖書にもマリアが誰かを癒したような記述もありません。

 

 フリーメーソンのマークは1万年以上も前から存在した。「ホルスの目」に隠された悪魔の真相。http://rapt-neo.com/?p=11809より転載。

 

フリーメーソンだけでなく、バチカンも悪魔崇拝者に完全に乗っ取られています。今やカトリックはキリストを信じる教団などではありません。完全な悪魔崇拝のための教団です。それはこのブログでも何度も書いてきたことです。

本来、キリスト教では偶像を拝むことは禁止されていますが、バチカンおよびカトリックの教会に行けば、どこにでもイエス・キリストや聖母マリアの偶像が飾られ、人々がそれを拝むようになっています。これは明らかに聖書の教えに反しています。

聖母マリアを拝むこと自体もキリスト教の教理に反しています。聖母マリアはただイエス・キリストを生んだ母親であり、特にキリストに対して敬虔な信仰を持っていたわけでもありません。むしろ、自分の息子がメシアであることすら信じていなかった節があります。

確かにキリストの母親なのですから、尊敬すべき対象ではあるのかも知れませんが、決して崇拝したり信仰したりするような対象ではないはずなのです。現にプロテスタントでは、聖母マリアを信仰するようなことは決してありません。

にもかかわらず、カトリックでは当たり前のように聖母マリアのことを拝ませています。恐らく悪魔崇拝者たちは、神でもないものを神として拝ませることで、キリスト教の信仰を根本的に破壊しようと企んできたのでしょう。

(転載ここまで)

 

Wikipediaより転載)

マリア崇拝(マリアすうはい、Mariolatry、Marianismo)とは、聖母マリアを崇拝する宗教的行為。キリスト教では禁じられている。

これは、カトリック教会でもマリア崇敬とは区別し、禁じている。しかし、一部のプロテスタントの教派は、カトリック教会におけるマリア崇敬を「崇拝」していると捉え、批判している。

 (転載ここまで)

マハコハン・ラゴッシ―とはレムリア文明の神だそうですが、検索をしてもスピリチュアルのブログしか現れません。

画像も占いのカードくらいしかありません。

ラゴッシーに導かれたものは数知れず、セイント・ジャーメインやイエス・キリストもその中に含まれているそうです。

どうしてそんな滅茶苦茶な話を真に受けられるのですか。スピリチュアル系の人達は。

イエス・キリストは神の一人子であり、神様(創造主ヤハウェ)の御心しか行なっていません。

聖母マリア様のエネルギーだとか、イエス様のメッセージだとか、どうしてキリスト信者でもない人がそんなに簡単にエネルギーやメッセージを受けられるのでしょうね。クリスチャンだと主張しても本当の信者かどうか疑います。聖書を読んだこともなさそうです。皆、愛の方だから、別に何者であろうと簡単に親切に聞いて下さるというのでしょうか・・・。

そんな出鱈目な話を受け入れながら、スピリチュアル系の人達はアロマを焚いて、悪魔教、密教の瞑想をして、ヒンズー教のマントラを詠唱して、クンダリーニ・ヨガをして、パワースポットと言われる神社仏閣にお参りをし、パワーストーンを手にしながら「聖母マリア様」やミカエルの名前を唱え、彼らからエネルギーを貰ったような、それによって浄化をされたような気がして、毎日を穏やかにハッピーに過ごしているのでしょうか。

ある意味うらやましいですが、私は頭がおかしくなりそうです。

Wikipediaより転載)

マイトレーヤ(英: Maitreya)とは、近代神智学の教義において、霊的指導者マハートマーの一人、古代の知恵の大師(英語版)である。マイトレーヤ(弥勒菩薩)を近代神智学が取り込んだものである。

仏教の菩薩の名。サンスクリットのマイトレーヤMaitreyaの音写。漢訳名は慈氏。釈迦ののちを補う未来の仏とされ,伝説では南インドのバラモンの出身で兜率天(とそつてん)にのぼり(上生(じょうしょう)),釈迦滅後56億7000万年たってこの世にくだり(下生(げしょう)),衆生を救うという。

(転載ここまで)

 

聖書にはイエス・キリストがマイトレーヤの生まれ変わりだなどと書いてありませんけどね。大体、輪廻転生はキリスト教では信じられていません。

 

偶像崇拝を強要し、輪廻転生はあると嘘をついた「釈迦」は、悪魔崇拝者だったのか。http://rapt-neo.com/?p=26253より転載。

 

イエス・キリストはマイトレーヤから生まれ変わって、ラゴッシ―とやらに導かれて、十字架に掛けられたのですか・・・・⤵

マイトレーヤとは弥勒菩薩のことらしいですが、どうして仏教徒がキリストに生まれ変わるのでしょうね。出鱈目も程々にして下さい。スピリチュアル系の皆さま。出鱈目を鵜呑みにするスピリチュアル好きの方々も。

Maitreya Koryuji.JPG

神智学とは

 地底都市アガルタ (シャンバラ) が真の地獄であるという幾つもの証拠。http://rapt-neo.com/?p=24096より転載。

「神智学協会」といえば、現代の悪魔教の源流ともいうべき「悪魔教団」です。

チベットの僧侶たちが手を組んでいたのは、実はこんな怪しげな組織だったわけです。

しかも、この「シャンバラ伝説」を世に広めたのが「ブラバツキー女史」と言われる人物で、この人物は「神智学」の権威と言われています。

「神智学」と聞くと、何やら立派な学問のように聞こえますが、実はこの「神智学」、ただのオカルト学です。

----------------(以下、ウィキペディアより転載)

神智学は、様々な宗教や神秘思想、オカルトを1つの真理の下で統合することを目指しているので、その中では、当然、様々な宗教や神秘主義、オカルトが扱われることになり、例えば、古代エジプトの神秘主義、ヘルメス思想、ギリシャ哲学、キリスト教、新プラトン主義、グノーシス主義、カバラ、ヴェーダ、バラモン教、ヒンドゥー教、ヨーガ、仏教、ゾロアスター教、フリーメーソン、薔薇十字団、魔術、錬金術、占星術、心霊主義、神話、などが様々な文脈の中で引用されたり語られたりしている。

神智学の主張によると、宗教、神秘主義、オカルトの奥義は、それが支配する力の大きさや危険性から、どの時代においても一部の選ばれた少数の人間にのみ伝授され守られてきたという。

宗教、神秘主義、オカルトに関する知識は、自分自身の内的な認識、超能力、神秘体験、霊覚、直接的な観察などによって得られるとされるが宗教、神秘主義、オカルトの思想家たちは、古代のエジプトやインドの賢者たちも含めて、外部の様々な現象を分析し客観性や合理性を重視する実証主義的な現代の科学者達よりもある意味では優れた認識や理解を持っているという。

そうした、宗教、神秘主義、オカルトの教義に精通し、神秘の奥義を伝授されている人間は、一般的に「秘教の秘伝への参入者」と呼ばれるが、その中でも特に奥義を体得している者達は、様々な超常的な力(物質化、テレパシーなど)を持っていたり、肉体を通常よりもかなり長い期間に渡って維持していたり、宇宙の諸現象の理解や人類への愛の面で卓越していたりするという。

神智学協会の設立者であるブラヴァツキー夫人は、それらの参入者達に師事して教えを授かったとされる。

----------------(転載ここまで)

で、ブラバツキー女史はこの「神智学」なる学問を確立し、「神智学協会」というものを設立するわけですが、この「神智学協会」の紋章が以下です。

20140120_927952

いやはや。凄いもんですね。「蛇」に「卍」に「アンク十字」に「六芒星」……。悪魔のシンボルばかりがずらりと並んでいます。これではもはや「神智学協会」というより「悪魔智学協会」と言った方がよさそうです。

もっとも、このブラバッキー女史自身は、きっと他の悪魔崇拝者たちと同様、「悪魔」こそが「神」と信じ込んでいたのでしょうから、彼女としては本気で「神」のことを研究をしていると思っていたのかも知れません。

(転載ここまで)

 

 インドとガンジーと神智学協会。インド独立運動もやはり源平合戦だった。http://rapt-neo.com/?p=39887より転載。

このように「ガンジー」は完全なクロ。

彼は世で語られているような「聖人」ではなく、完全なる「悪魔崇拝者」だったのです。

 、
(転載ここまで)
 
 
 

まず、かつての歴史上、悪魔崇拝が最も大きく栄えたのが古代エジプト王朝です。もともとはアトランティス大陸で栄えたという説もありますが、このアトランティス大陸が滅んで海の底に沈んでしまったため、悪魔崇拝者たちがエジプトに流れ着き、そこでピラミッドなどを建造しながら、壮大に悪魔崇拝を執り行っていたと言われています。

多くの歴史書を見ると、エジプトでは太陽信仰が栄えたと書かれてあります。そして、この太陽崇拝こそがすなわち悪魔崇拝です。悪魔崇拝組織と呼ばれるフリーメーソンが、ピラミッドをモチーフにしたマークを使っていることからも、これは明らかな事実です。彼らは三角ピラミッドに悪魔(彼らにとっては神様)の力が宿ると信じているのです。

関連画像

(転載ここまで)

 、
悪魔教であるヒンズー教の神、シヴァ、ガネーシャ、ラクシュミーは以下の通りです。
関連画像
破壊神シヴァ
ガネーシャ
ラクシュミー

見てて気持ち悪いのですけど、これを拝んで良いことがあるのかどうか・・・・w

ヒンズー教の女神カーリー(シヴァの妻)

 

、 
 (転載ここまで)

以上がアセンデッド・マスター達の詳細でした。

噓八百・・・。他にも、天照大神など色々な神様が挙げられますが、それらも同じく悪魔です。

ジャスムヒーンや、スピリチュアル系の人達は、彼らの叡智に導かれているのだそうです。

スピリチュアル系の人達は、悪魔崇拝者を呼んで、サタニストからサポートを貰いましょうと言っているのでしょうか。

ミカエルからメッセージを受け取っているという人も大嘘です。嘘を伝えたり、嘘を信じている人たちに、本当の神様や天使が、大切なメッセージを、特別何の努力もしなくても誰にでもご親切にすぐ下さるという事はあり得ません。(それにご自宅は仏教か神道なんでしょうと思う。)

ジャスムヒーンの一番最近に出版された本もまたオカルトな内容ばかりになっているようです。

「平和の道」と「本質」で在ること ― 平和への12の道が悟りの本質へとつながる

内容

「予言された次のレベルに移行するために、わたしたちは愛と一体になり、
あらゆる生命を慈しみ敬意を払うパラダイムに焦点を当てる必要があります」

20年以上、ほぼ光(プラーナ)だけで生きている不食のカリスマの最新作!

ロングセラー『リヴィング・オン・ライト』『神々の食べ物』に続く待望の新刊!

いかにシンプルに深いレベルで個人が平和を感じられるようになり、
それが世界平和につながるのかを示す12の道の原則が紹介されています。

次に、どのようにそれらの道が自らの悟った本質と深く融合することに導き、
それによって、喜び、美、充足感、優雅さ、そして感謝の念がわき起こっているのかが 解き明かされています。

「本質(エッセンス)」は、愛であり、「本質」に平和の道があります。

「本質」は、魂を通して滋養を与えます。

「本質」は、笑顔をもたらします。

本書は「平和への道」(第一部)と「本質であること」(第二部)の合本です。

第一部では、人生のマスターとなり、自己の内側に平和をもたらすエクササイズが満載。
第二部では、自分をより深く知り、エゴを超えて本質である「本当の自分」で生きる洞察を得られます。

20年以上ほぼ光(プラーナ)だけで生きている女性が語る、平和の喜びと、自分本来の姿になることによってもたらされる喜び。本質(エッセンス)は、愛であり、中心から満たし、放射し、輝きだします。魂を通して滋養を与えます。本質に、平和の道があります。「笑顔」をもたらします。本書は、『平和の道』と『本質で在ること』が、合本して1冊になったものです。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………

スピリチュアル系の人達は、本質、本質とよく言いますが、何を言いたいのかよくわかりません。
誰より健康で正しそうで、若々しくて幸せそうな人生を不食によって20年間も送られてきたのなら わかりますが・・・・・
 、
死亡事故が4件以上もありますし、誰より若々しくも見えません。
 
来日講演などに来る人達は、何を学びに参加するのでしょうか。
 、
 
何かに参加をするときは、相手を信用しきり、無知を無知のままにしたりすることなく、きちんと情報や知識を得てからにした方が良いと思います・・・・・・
 、
最近では国内でもファスティング、断食をする人が増え、不食の人が話題になっているようです。
 、
現在不食でよく知られているのが以下の方々 。

食べない人たち (「不食」が人を健康にする)

 

秋山佳胤(あきやま・よしたね)

1969年、東京都生まれ。92年、東京工業大学理学部卒業。96年、司法研究所入所(50期)。
98年、弁護士登録(東京弁護士会)。松本・美勢法律特許事務所に入所し、松本重敏・美勢克彦両先生に師事する。
99年、東京弁護士会知的財産権法部事務局次長。2004年、東京弁護士会知的財産権法部事務局長。
05年、新職務発明制度及び先使用権制度相談事業委員に就任。08年、ロータス法律特許事務所を設立。
12年、医学博士(代替医療)取得。弁護士、医学博士、JPHMA認定ホメオパス。珈琲豆焙煎士としての顔も持つ。
著書に『誰とも争わない生き方』(PHP研究所)、『食べない人たち』(共著・マキノ出版)、DVDに『「不食」が人を幸せにする』(マキノ出版)がある。

『不食という生き方』

この弁護士は、8年以上水も飲まないそうですが、時々お付き合いで食べることもあるそうです。

ジャスムヒーンのワークショップにも参加し、彼女を尊敬もしているようです。

こちらより転載)

プラーナで生きるという選択

  • 2006年ジャスムヒーンさん(「神々の食べ物」などの著者であり、プラーナの栄養研究者)が来日して行うプログラムがあるというのを聞きました。それは、食べなくてもプラーナだけで生きられるということの、科学的な説明とエネルギー調整なども行うというプログラムでした。
  •  でも、食べないで生きられるなんて、そんなバカな話はないな、と当然思っていました。ただ、ジャスムヒーンさんの写真を見たときに、何と優しそうな人だろう、単純に会ってみたいなと思ったので参加することにしました。
  •  すると、ワークショップの前日からおなかを壊して、ものが食べられず、ワークショップ中も水分しか摂っていなかったんですが、彼女が放つ愛のエネルギーで何だか元気なんですね。それで結局、そのまま7日間の断食をしてしまいました。8日目には、以前から約束していた会食があり、お断りするのも何なんで、フレンチのフルコースを頂いたのですが、何の負担もなく食べられてしまいました。それも不思議なんですが。
  •  彼女のワークショップを受けて、彼女が嘘をついているようには見えないし、そういうことができると体現しているのですから、ある意味、パラダイムシフトというか、そうか、食べなきゃ死ぬというのは単なる固定観念だったんだな、と思ったんです。考えてみれば、仙人は霞をとって食べるとか昔からいわれてますよね。そんなわけで、徐々に食べ物を減らして、体が変化していきました。
  •  2008年にジャスムヒーンさんが再度来日されたときに、再び参加しましたが、その際には余裕がありました。その後は、そこで会った仲間たちと、ボランティアでジャスムヒーンさんの日本語サイトを立ち上げることになり、メーリングリストでのやりとりも800通にのぼります。

DSCF5603b.jpg
写真:2008年、ワークショップのために来日したジャスムヒーンさんと。

━━━秋山さんは、現在食べ物を食べていらっしゃらないのですか?この記事を読んでいる方で、’食物を摂らずにプラーナで生きる’ということについて、よくわからない方もいると思うので、そのあたりも含めておしえていただけますか?

  • そうですね。ジャスムヒーンさんのワークショップの中では、自分のエネルギーが食べ物から何パーセント、それ以外のプラーナ、生命エネルギーから何パーセント得ているかということを自分の体に聞くというワークをします。
  •  2008年3月に私がそれをやったとき、当時で100%プラーナだったんです。その前から、玄米菜食にはじまり、お肉は食べなくなって、ライトダイエットをしていったわけですが。
  •  極真空手をやっていた頃は、筋肉の鎧をつけなければと毎食、肉か魚を食べていました。体重は今よりプラス20kgほどでした。それが、ホメオパシーの学校に入り、アーニカというレメディを摂っているうちに、それまで何年間も毎朝、山に走りに行ったり、腹筋1000回、腕立て250回とかやっていたのが、もういいやと思うようになっていったんです。それに、食事が玄米菜食になると、心も穏やかになっていくんですよね。肉を食べているとやっぱりどう猛ですよ。それで、道場にも行かなくなりました。
  •  最後は、フルーツ中心の食事になり、食べ物を頂く際には、喜びと楽しみのためだけに頂いているという意識でしたが、2008年に体に聞いたときは、水分を含めて100%プラーナという結果になりました。
  •  2010年に計ったときは、100%オーバーという結果で、いまは食べ物を食べなくても、水を飲まなくても、全く平気です。逆に、食べない方が体が楽なんですよ。消化、排泄にエネルギーがいりませんから。
  •  なので今は、食べる、食べない、にはまったくこだわっていなくて。一時期は食べないことにこだわっていたんですよ。会食があっても、私は要りませんからとか言って、食べないことを宣言したりして。説明も大変ですし、場合によっては、場がしらけるときもありますから、それもどうかなと思って。ですから、食べる、食べないにこだわらないようになっていきました。また、食べても平気にもなって。食べない方が楽ですが、食べても負担をあまり感じなくなっていきました。普段は、例えば今日も朝ご飯も昼ご飯も食べていませんし、おそらく夕ご飯も食べません。でも、こどもの誕生日会とかは一緒に食べるんです。あとは、会食に呼ばれたりするときも、少しいただいたりします。義務で、食事や水を摂らなきゃ、というのはないです。ジャスムヒーンさんもよく言うことですが、選択の自由を得ているのです。

(転載ここまで)

 

ジャスムヒーン氏のワークショップに参加し、Oリングテストで自分の体にプラーナ摂取率を尋ねると、「100パーセント」という答えが返ってきた。とのことですが、いまいち信憑性が・・・・

こちらより転載

秋山氏はすごく痩せているけど、ジャスムヒーン女史は昔より顔に肉がついてるように見えるなぁ・・・食べてるのかな・・・・・・。

森 美智代(もり・みちよ)

1962年、東京都生まれ。短大卒業後、養護教諭として小学校勤務をしていた84年に難病の脊髄小脳変性症に罹患。
以来、西式・甲田療法に専念し、病気を克服する。その後、鍼灸師の資格を取得し、大阪府八尾市で鍼灸院を開業。
現在、森鍼灸院院長。甲田光雄医師の著書でたびたび紹介されている「仙人2号」のMさんとしても知られる。
本格的な断食・生菜食療法を実施してから29年、1日青汁1杯の生活になってからは19年を超えている。
鍼灸治療のほか、講演などでも活躍中。著者に『「食べること、やめました」』『「ありがとうを言う」と超健康になる』
『食べない人たち』(後者2冊は共著・いずれもマキノ出版)、『「食べない」生き方』(サンマーク出版)がある。

 

難病の脊髄小脳変性症を断食によって克服した鍼灸師の森 美智代さんは、本格的な断食・生菜食療法を実施してから29年、19年以上1日青汁1杯の生活をしているようですが、難病の克服を治そうとする強い意志でもない限りは、健常者が真似をするのはかなり厳しいように思えます。青汁を飲むだけでも太ってしまう事があるそうです。

 

以下の本は、ややスピリチュアルな内容になっています。

断食の教科書 (veggy Books)

この方は、小林健という”NY在住のスーパーヒーラー”から、

「霊界の甲田先生が、『私があの世へ行ってから甲田医院は姿を変えてしまった。わたしの心を受け継ぎ、無農薬野菜を育てて大地の神様と仲良くしながら心と体を癒すような断食道場をやってほしい』とおっしゃっていた」

と言われ、道場設立を決めた、とのことですが、

私は個人的に、小林健という「NY在住のスーパーヒーラー」を全く信じておりません。

帯が天皇崇拝の矢作直樹です。

本当に甲田先生のメッセージなのでしょうか。

この方は生まれ変わりも信じているようですが、輪廻転生も嘘だと証明されています。

小林氏は、亡くなった方と交流ができるようですが、人は生まれ変わるのなら、どうやって死者と交流できるのでしょうか。生まれ変わる前に交流をしているのでしょうか。生まれ変わるまでに時間が空いているのでしょうか。死者の魂を転生の魂とで二つに分裂するのでしょうか。矛盾している気が・・・と考えすぎてしまう。

こちらの本は、2017年に新装版が出版されていますが、

出版社はオカルト本を主に世に出しているヒカルランドのようです・・・。

旧『断食の教科書』の出版社キラジェンヌ とはヒカルランドの子会社でしょうか。


この方は、不食になってから、他人のオーラが見えるようになったり、自動書記(手が勝手に動いて何かを書き始める)をするようになったりと、霊的な体験が出来るようにもなったようです。

オーラが見えるのは問題がないにしても、自動書記というのは誰からのメッセージ(?)なのかと疑ってしまう。

内容も、断食とスピリチュアルの関係など、少々オカルト的なのが気になります・・・。

断食道場については、ジャスムヒーンのような事故もなく、安心して参加が出来そうですが、小林健は信じません・・・。

 

山田鷹夫(やまだ・たかお)

1951年生まれ。新潟県十日町市在住。不食研究所代表。
2004年に『不食』『断眠』『超愛』(いずれも三五館)を出版。
無農薬、無肥料の魚沼こしひかり(不食米)の制作者。山菜採りが趣味。
2014年4月から無人島で約130日間にわたる「無為無食」の実験を行った。
著書に『食べない人たち』(共著・マキノ出版)、『無人島、不食130日』(三五館)がある。

 

人は食べなくても生きられる

この本の評価の一例。

 

「山田さんは普通に食べてますし酒も飲んでますよ。特に酒は毎日朝から飲んでます。無人島に行ったらしいですが、その時も酒だけは毎日欠かさず飲んでいたらしいです。本人談。」

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 、
常に不食を実践しているわけではなく、食事も飲酒もしているようです。
いつもお母さんの作った料理を食べているけど、自分は不食をしようと思えば何日でもできるし、誰でも慣れれば出来るという話でしょうか・・・・。
 、
それから、30日間、食べることを止めてみた俳優の榎木孝明は、プレアデス星人という宇宙人と交信が出来るそうです・・・・
 、
30日間、食べることやめてみました (「不食」という名の旅・不食30日間 全記録DVD付き!)

榎木/孝明

鹿児島県出身。武蔵野美術大学デザイン科に学んだのち、劇団四季に入団。1981年、『オンディーヌ』で初主演。83年に劇団四季を退団し、84年、NHK朝の連続テレビ小説『ロマンス』主演でテレビデビュー。その後、俳優として、映画・テレビ・舞台で活躍。旅を好み、アジア各地を中心に世界の風景を描き続ける。毎年、全国各地で個展を開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  、
 、

こちらより転載)

俳優の榎木孝明さん(59)が、5月19日から続けてきた飲み物以外は摂取しない「不食(ふしょく)」生活を、6月18日に終える。榎本さんは17日に記者会見。「食べないことで、自分の意識がどう変わるかを試してみたかった」などと話した。スポニチなどが報じた。

18日に放送されたTBS系「ひるおび!」によると、「絶食」は主に宗教的な行為であるのに対し、「不食」は食欲と闘わずして食べない行為だという。榎木さんは、不食に対して賛否両論があることを把握しており、「決して食べないことを推奨するものではない」と強調した。

フジテレビ系の「とくダネ!」によると、榎木さんは病院に泊まりこみ、専門家の指導を仰ぎながら不食を行ったという。監視カメラなどで日々の様子を撮影し、食べていない証拠とした。

摂取して良いとされるのは飲み物のみ。コーヒーとお茶なども摂取してよかったという。ただし、途中で血圧が上がったこともあり、専門家から塩分と糖分の補給をすすめられ「あめとか、塩あめとかを食べた」と話した。体重は期間当初の80kgから71kgまで落ちたが、そこから変わらない状態だ。

不食の期間中、おなかは鳴ったが食欲は感じなかったという。うなぎの蒲焼きの匂いを嗅いでも、「食べたいとは思わなかった」とコメント。また、排便は期間中、3回のみ。体の中にたまっていた「宿便(しゅくべん)が出ました」と語った。

不食のきっかけは、榎木さんは20代から続けているインドを中心にした一人旅。飲まず食わずで帰国すると、いつも体調が良くなっていることに着目した。期間中の様子は、毎日、Facebookページに投稿。不食の様子をテレビに売り込んだが断られたことや、体重減少による体型や人相の変化でドラマの撮影に影響が出ないかとの懸念などを綴った

 

こちらより転載)

「不食」について「水やコーヒー、お茶を飲み、あめは1日何個かなめたけれど、おなかは一切すかなかった」と振り返った。

 不食を貫いた30日間については「とても有意義だった。人間、意識次第でどうにでもなる生き物だと」。

宗教とのかかわりにも「どのオカルトにも宗教にも加担していません。強いて言えば、榎木教でしょうか?」といつもの物静かな口調で話していた。

 、
身体に起きた変化について、集中力が増したこと、睡眠が深くなったこと、腰痛がおさまったことなどをあげていました。

ハードなロケをこなし、セリフの覚えも早くなったという。

 「いたって健康ですが、決してまねはしないでください」と念を押す。専門家も「単なるダイエットと思って始めたら危険」と警鐘を鳴らす。
 é–¢é€£ç”»åƒ

30日間、水以外を摂取しない「不食」を続けていた俳優の榎木孝明(59)が18日夜、不食を終え、都内のホテルで30日ぶりに食事した。

 スープやサラダなどのフランス料理と白ワインを口にしたが、いずれも少量。今後、少しずつ通常の食生活に戻していくという。
「榎木孝明 不食」の画像検索結果
(転載ここまで)
普通おかゆなどから普通食に戻すのですけど・・・。

「UFOを地球に呼べる」「プレアデス星人と交信できる」

こちらより転載)

テレビ番組「ダウンタウンDX」

にて!

宇宙人と交信ができる

と語ったそうな!

番組内の

真夏の夜の奇妙な体験談

榎木孝明 宇宙人 交信 断食 不食 効果

出典:http://girlschannel.net/

と言うコーナーで

宇宙人との交信を語り始めた榎木孝明さん!

・410億光年離れた宇宙人との交信

・地球にUFOを呼べる

・自宅の上にもUFOを呼んだ

などの体験を暴露!

また榎木孝明さんは

生まれ持った才能が100%としたら、一生に使うのは3%くらいしかないだろう。

今さら(宇宙人を)否定する人は時代に置いてきぼりにされる。

こんだけ数限りない星があって、いないわけがない。

との語りました。

(転載ここまで)

 

タレントがバラエティー番組で宇宙人などを語る事くらいどうという事は無いですが
頭脳、才能を100%使わなくても、UFOも宇宙人も存在しないという事がよく解ると思います・・・。
宇宙人は存在しません。プレアデス星人という宇宙人も存在しません。
宇宙人を装うスピリチュアル系チャネルなどは全て嘘です。そんなものにお金と時間を無駄にするのは終わりにしましょう。

、」

ジャスムヒーンを始め、不食の人達は何かオカルト的なものと繋がりやすくなるのでしょうか。
 
私自身も、一度体調不良で断食状態になり、かえって健康がいくらか回復したり、食事を小食にしてから、以前よりは体の調子が良いなど、小食や時々の断食が良いことなのは認めますが、(もう一度何日も断食をしてみるかと言われると難しい)宇宙人やスピリチュアルな話はいただけません。
不食を試してみる人は、オカルト現象やオカルトな話に惑わされないように、知識を身につけておいた方が安全かと思われます。
 宗教などについて無知でいると、良かれと思ってしたことがかえって災いの原因にもなりかねません。
,
ジャスムヒーンは、プラーナの摂取率を高めて快適に過ごすポイントとして、
,
毎日の瞑想、祈り、プログラミング(自分の意識を書き換える)(?)、軽いベジタリアンの食事、エクササイズ、奉仕、自然の中の黙想、マントラ、チャンティング、賛歌の実践などを挙げていますが、
,
瞑想も、マントラを唱えることも、悪魔を呼び寄せることに違いなのですが、ジャスムヒーン本人はそれをわかっているのでしょうか。賛歌と言いますが、何を賛美するのでしょうか。悪魔でなければ良いのですが・・・・多分悪魔でしょう。
 
,
祈ることは良いですが、自分が何に対して祈っているのか、悪魔に祈っているのか、神に祈っているのか、分からないまま実践することはお勧めしません。
 、   
 それと、あるスピ系ブロガーが言うには、スピリチュアル系の人達というのは、皆肉を食べないのだそうです。
肉を食べると波動が下がって、高次元の存在と繋がりにくいのだそうです。
宇宙人なんかいません。繋がったというのなら、何か証拠をご提示ください。せいぜい偽物の悪魔だと思いますけど・・・
そう言っているスピ系に人気の似非高次元宇宙人バシャールは悪魔です。彼もご多分に漏れず肉を食べると波動が下がるなどと言いますが、
ダリルアンカはイルミナティロスチャイルドの悪魔崇拝者です。そう言っているチャネルのダリルアンカ太っていますしベジタリアンなどではなさそうです。
イルミナティファミリーは子供を生贄に捧げ、その血を飲み、肉をたべるそうですから、ひょっとしたら陰で参加をしているのかもしれません。偽善者です。
 、
そんなインチキ以外に特に宇宙人らしき存在はありません。
 、、
 、
肉を食べると癌になるとも言いますが、癌という病気は存在しないと聞いてからは私は焦げも気にしません。
後は肉を食べると 暴力的になるとか、ないとか、ベジタリアンより知能が低いだとか肉食はきちがいだとか菜食がおかしいとか色々な敵対意見があります。
あまりこだわらなくても良いのでは・・・・。この写真を見て思いました。
 、「菜食 肉食」の画像検索結果
左が菜食主義の健康指導者、右が肉もお酒もデザートもなんでも食べる料理人だそうです・・・・・・。
 
菜食や不食を実践すれば、環境問題の改善にも繋がるという意見もあるようですが、それは食糧問題や農業や畜産業についてなど良く調べないと何とも言えません。
地球環境の為だと言いますが、世の中の環境問題についても色々と嘘が多いので、菜食が環境にやさしいという話もツッコミどころが多くなって話が長くなりそうなのでここではそれについては書きません。
ヴィ―ガン(完全菜食主義者)の人は、動物性の食品と取らないこと以外にも、革製品を使わないとか、服はオーガニックコットンを使うなど食事以外にも徹底している人がいるようです。
中には、植物も感情などがあり、痛みを感じているから、植物を摘み取るのも罪だから、木になる果実、種実類しか食べないという人もいるようです。少々異常な気がします。
 、
もぎ取られた木は痛くないのでしょうか。そこまで考えたらもう栗拾いでもするしかなさそうですが、それが何か地球環境や生き物に対するやさしさなのでしょうか。
何であれ、それがその人の体調に最も合っているというのなら、そうすればいいと思いますけど・・・
 私は今後も菜食主義でも肉食主義でもない生活をさせて頂きますが、肉を食べて暴力的になってしまうのではないか、動物性脂肪で癌になるのではないかなどという心配はしておりません。
誰だって争う事は嫌ですし、怒る事もなく過ごせた方が良いですが、私がポジティブに振舞おうが、何事にも愛と感謝の気持ちを持とうが、サタンはサタンです。
危害を加えようとする者に対して、笑顔で愛を送ったところで、悪人は消え去りません。
スピリチュアル系は、そこで「そんなトラブルを引き寄せたのはあなたです。そんな悪い信念を抱えているから、自分で悲劇のドラマを作り上げているのです。いつでも笑って、ポジティブに生きて、愛の波動?で生きなさい」とか、「肉は波動を下げるから止めなさい」、「そんな地獄ではなく、天国を創りなさい、宇宙が何でも叶えてくれるのだと信じなさい」とでも言うのでしょう。
そう言われても、さとうみつろうなどが良い生き方をする人間の手本なのかとまたムカムカしてしまうのですけどね。
関連画像 関連画像 「さとうみつろう」の画像検索結果
 、
なぜこのような本が売れるのか理解できませんが・・・。
こうしている今でも、どこかで悪魔崇拝者が陰で悪事を働いているのですけど、
ここでもスピリチュアル系はまた、「現実とは幻想なのだ、地獄も悪魔もあなたがたの意識の表れなのだ、恐れの表れなのだ、恐れを捨てて、愛だけに生きなさい、良いも悪いもないのだ、結果は全てあなたが悪いのだ。この世界は愛でしかないのだそれなのに云々」などとどこかひとを責めるような、巧妙に洗脳するようなことを言うのでしょう。
そう言っているそのスピリチュアル系が悪魔だったりするのですけどね。バシャールなんかは典型です。
いくらワクワクポジティブに生きようと、いくら信じようとバシャールなんて存在しないのですけどね。存在しないものの為に人生をどうするのでしょうか。大ファンのさとうみつろうは・・・。
そして先程も紹介したように、アセンデッド・マスターなどといって、イエス・キリストや天使と悪魔をごっちゃにして、皆さんを天界からサポートをする高次元の存在たち☆などとお花畑に嘘を話して、悩む無知な人を更に悩ませます。
スピリチュアル系は真実だの、本質だの、叡智だのと語りますが、悪魔から来た噓八百ばかりです。
真実ではなく嘘ばかりなので、霊魂は結局苦しんでいきます。
スピリチュアル系は偽善です。
真実と言っては嘘を吹き込み、自分がその「ネガティブな観念の頑固な可哀そうな人」から搾取し続けて自分が潤う仕組みです。
スピリチュアル系は悪魔からサポートされているようなものです。
だからあなたも悪魔を拝みなさいと言っていることと同じです。最後は地獄です。
彼らの言う神はサタンであって、本当の神様ではありません。
宇宙だとか、呼び方は何でもいいと言いますが、なんでもよくありません。サタンが正体を隠すために、さも心が寛容であるかのように、どんな呼び方でも良いよ、タメ口も下ネタも構わないよ、何を選ぼうと自由だよ、なんでも欲しいものを言っていいよと言うなどして、サタンが神についてぶち壊したいが為に正体を曖昧にしているだけです。
悔い改めもなしに、ニコニコと愛で生きていけば、どんな悪人も、裁きを免れず、最後はみんなハッピーエンドの天国行きという事はないと思います。
現代医療(ガン治療)の代表者といわれる矢作氏ですが、この方は天皇崇拝者のようですので信用出来ません。
 
 、天皇

天皇家が悪魔崇拝に関わっているとしか思えない幾つかの理由。http://rapt-neo.com/?p=13489

矢作氏は小林健の本の帯の宣伝をして、ヘミシンクの坂本政道と対談し、坂本氏はイルミナティロスチャイルド天皇派偽宇宙人バシャールとも対談をしています。
死ぬことが怖くなくなる たったひとつの方法
坂本氏が開催するヘミシンクのセミナーには、バシャールなどの宇宙人や高次元の存在と交信が出来るという内容のものもあります。
 

ヘミシンク

ヘミシンクは、モンロー研究所によって特許取得された、オーディオ・ガイダンス技術。

特定のサウンド・パターンが、人間の意識をさまざまな状態へと導く(深くリラックスした状態、睡眠、瞑想、知覚の拡大した状態、至高体験など、通常とは異なる意識状態)。

 

こちらより転載)

このオーディオ・ガイダンスのプロセスは、何層もの複雑なオーディオ信号を組み合わせることによって共鳴現象を起こし、特殊な脳波を発生させて、意識を特別な状態へと誘導するものです。その結果、左脳と右脳が同調して機能する、脳全体の同期現象が発生します。この状態をヘミシンクと呼びます。ヘミシンクとは、ヘミスフェリック・シンクロナイゼーション(左右半脳の同調)の略であり、モンロー研究所の造語です。

実際には、静かなリラックス状態、高い集中力など、さまざまな意識状態を作り出すために、何種類かのヘミシンク信号が使われています。これは、レーザー光線がコヒーレントな(整然とした)集中した光の状態を生み出すことに似ています。ヘミシンクは意識を、集中力を伴ったコヒーレントな状態へと誘導します。それによって、人間の精神的能力を高めるために最も適した意識状態へと導いていきます。

(転載ここまで)

CD版死後探索マニュアル
「バシャール」の画像検索結果
ぼったくりの詐欺としか思えませんけども。
彼らが対談する人達というのは皆繋がっているようです。
彼らが語る死後の世界についての話は信用できません。
ちなみに、坂本氏はマクロビオティックを実践しているようです。
スピリチュアル系は菜食、ヴィ―ガン、マクロビオティックなどにこだわっている方が多いですが、
それは何の為でしょうか。高次元の存在と繋がりやすくなるためでしょうか。その高次元と思っている存在は低い波動を食い物にする悪魔です。
更に瞑想をしたり、肉を禁止し、ブドウ糖摂取を禁止し、考えない、争わない体質にして、ワンネスなどと耳障りの良いことを言い、NWO奴隷計画がスムーズに進行するための教理でしょうか。
後は大麻を吸ってみんな底辺でも悩みがなくてハッピーになるという計画でしょうか。
ヘミシンクが危険という説もあります。
バシャールなんていませんしね。悪魔のテレパシーでしょうか。
本当に高次元の情報を得ているのか疑わしいのですが、それが本当に脳の為に良いのでしょうか。
そう言いながら私もメディテーションのCDを聞いてみたことがあるのですが、全く何も起こりませんでした。さっぱりわかりませんでしたけど・・・・
坂本氏は偽宇宙人バシャールと対談して、バシャールもヘミシンクを理解しているというから、多分悪魔関連ではないかと思われます。
スピリチュアル系は、いつでもポジティブで笑顔で、幸せである事と言いますが、
いつもポジティブで笑顔で幸せそうにしているとか、私は宇宙であるとか愛であるとか、アファメーションをして、神様と繋がっているような気分になって、全て赦されるのかと疑問に思います。
キリスト教では「悔い改めよ」と言いますが、スピリチュアル系はとにかく笑顔でいれば良いことがあるとか、良いことを引き寄せるのも悪い事を引き寄せるのもあなたの振舞い次第だとでも言わんばかりです。
神々と繋がるだとか仰いますが、何の神様でしょうか。キリスト教の観点から言えば神様はお一人だけです。
私は4人も5人も死亡事故を起こした人のワークショップを受けたいとは思いません・・・。
悪魔を崇拝している人の話を信じたくもありません。
 、
自分の人生や健康を考えたいのなら、オカルトな内容が含まれた事には関わらない方が良いと思います。
断食道場に参加をするのも良いと思いますが、オカルトな内容が含まれたワークショップなどに参加をするときは、
宗教や神様や、悪魔崇拝など、正しい情報を得てから、実践するかどうか再検討することをお勧めします・・・・・。
、、