カルト、新興宗教の一覧、まとめ(3)

 

 

カルト、新興宗教についてのまとめの最終章です。今回は一時期テレビを騒がせていた洗脳カルトや電車広告などで見たことがあるような新興宗教など、少々俗的な内容になっております。多くの人が宗教について正しい情報を知り、多くの新興宗教、カルトと繋がる大本教をはじめとするこの世の新興宗教と、それに騙される人間が消滅することを願います。

 

幸福の科学

幸福の科学-Wikipedia

幸福の科学(こうふくのかがく、英: Happy Science)は、日本発祥の宗教団体である。世界120カ国以上に会員組織がある。世界通称として「Happy Science」を使用。関連団体に日本国外の宗教法人70の他、幸福の科学出版幸福実現党幸福の科学学園ニュースター・プロダクションなどがある。

 

本尊は主エル・カンターレ。根本経典は『仏説・正心法語』。

創始者・総裁である大川隆法の代表作『太陽の法』をはじめ、歴史上の人物や政治家、著名人などの霊言を含む多数の出版物による布教スタイルが特徴である。

幸福の科学において「エル・カンターレ」は「うるわしき光の国、地球」もしくは「地球の光」という意味を持つ地球神を表す言葉で、幸福の科学の本尊である。

また、幸福の科学の教義では、エル・カンターレの本体部分が地上に下生したのが、大川隆法とされていることから、幸福の科学総裁の大川隆法のことも示す。

幸福の科学の信者は、エル・カンターレを体現した「現成の仏陀(悟りたる者)」であるとして大川隆法を信仰している。 祈りの言葉では「主エル・カンターレ」という呼称が用いられる。

大川隆法は、最初の「御生誕祭」(1991年7月15日、東京ドーム)において自身がエル・カンターレであると宣言し、自らが地上に降りて法を説く使命、全人類を救済し、新文明を建設する等の大乗仏陀の使命を宣言した。

エル・カンターレは、奈良県東大寺盧舎那仏像が象徴するところの大毘盧遮那仏を指すという。


大毘盧遮那仏エル・カンターレ意識の一部はインドに釈迦として生まれ、古代ギリシアではヘルメスとして生まれるなどしたと定義している。

 

大川隆法-Wikipedia

大川 隆法(おおかわ りゅうほう、1956年(昭和31年)7月7日 )は、日本の宗教家。幸福の科学グループ創始者 兼 総裁。出生名・中川 隆(なかがわ・たかし)。

1986年に「幸福の科学」を設立。信者は世界100カ国以上に広がっており、全世界に宗教施設を建立している。

ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ幸福の科学学園の創立者。幸福実現党の創立者兼総裁[PR 4]ニュースター・プロダクション(株)会長、ARI Production(株)会長。

 

参照

RAPT | 日本の宗教に「神がかり」が多いという現実。彼らはなぜ自分の体に霊を招くことができるのか。

 

----------------(以下、幸福の科学の誤りを破すより転載)

 

昭和55年、隆は国家公務員上級試験と司法試験を受けるも不合格。翌年も再度受験しましたが、ともに失敗に終わりました。一流志向の強かった隆は激しい挫折感に苛(さいな)まれ、心身ともに疲れ果て、昭和56年3月に突然「神がかった」のだそうです。

この時、無意識に手が動いて文字を書く「自動書記現象」が起こり、紙にカタカナで「イイシラセ イイシラセ」から始まるいくつかの事柄を書き連ねたといいます。後年、隆は「このメッセージを送ってきたのは、日興上人(にっこうしょうにん)だったのです」などと述べ、またこの啓示によって「大悟(だいご)し、人類救済の大いなる使命を自覚した」などと説明しています。

 

----------------(転載ここまで)

大川隆法の霊言の様子は以下の通りです。

何処からどう見てもインチキだとしか思えませんが、これを本気で信じている人が世界中にいるのだから笑うしかない。

 

レビ記 第19章 31節

31霊媒を訪れたり、口寄せを尋ねたりして、汚れを受けてはならない。わたしはあなたたちの神、主である。

 

「イタコ」「霊媒」「チャネリング」というのはほとんどは悪魔、悪霊が降臨すること、あるいは自作自演の詐欺であり、神の啓示といったような奇跡ではありません。偽の霊や悪霊が語ることは、自由などの言葉を使って嘘と罪に誘導する話ばかりなので要注意です。そしてそれらが神からのメッセージだから信じろというのだからかなり悪質です。

 

参照

RAPT | 悪魔崇拝者たちの多くが多重人格者であり、幼少期から虐待を受けてきたという現実。

RAPT | 「悪魔」と「悪霊」の違いについて。「イルミナティ」と「フリーメーソン」の違いについて。(2)

RAPT | RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。

 

「週刊文春」の2012年7月19日号の記事

 

幸福の科学はこれを名誉棄損として訴え、勝訴したようですが・・・嘘ではなさそうです。

大川隆法の子供のうち、長男、大川宏洋は幸福の科学を脱退。

 

大川隆法チャン「霊言は嘘がいっぱい」と自分で認めてしまうwww|宏洋三代目復活のメインチャンネル

長男の大川宏洋の動画によると、霊言は大川隆法は1982年くらいに、大学時代に好きだった彼女に突然フラれて、精神錯乱か何かを起こしたのをきっかけに、出版社に自分は神の言葉が聞けるという設定を作って出版社に売り込んだのが霊言の始まりなのだそうです。

それにしては随分大規模に発展したようですが・・・・・・。それだけ神に反逆する悪霊が味方について働いているということなのか。

「法話「自由・民主・信仰の世界」を公開!(5/14〜) | 幸福の科学 HAPPY SCIENCE 公式サイト」より

 

 

ワールドメイト

ワールドメイト-Wikipedia

ワールドメイトは、深見東州が教祖をつとめる神道系の宗教団体である。1984年にコスモコアという名称で創設された後、コスモメイトやパワフルコスモメイトを経て1994年ワールドメイトという名称になった。2012年に宗教法人として認証された。御親元素大御神(みおやもとすおおみかみ。別名⦿の神、スの神)などを祀る。本部を静岡県伊豆の国市に置く。橘カオルが開祖だが後に深見が教祖的な位置付けとなった。

 

深見 東州、(本名:半田 晴久はんだ はるひさ、1951年3月18日 – )は、日本の宗教家、神道系の宗教「ワールドメイト」の教祖。実業家、経営コンサルタントでもある。(Wikipedia)

 

電車内でよく見かける広告。

ワールドメイトと関係があると言われている「みすず学苑」。

 

みすず学苑‐Wikipedia

みすず学苑は、首都圏に10校舎を展開する大学受験予備校である。半田晴久(神道系新宗教ワールドメイト教祖の深見東州)が代表を務める東京都杉並区の株式会社ミスズが運営しており、学校法人格は所得していない。深見が率いる中小企業の一つである。

キャッチコピーは「怒濤の英語と個人指導」、「怒濤の英語力」である。

 

1978年、学苑長を務める深見東州こと半田晴久によって杉並区西荻窪の駅前に大学受験塾として設立された。

(転載ここまで)

みすず学苑は、「みすず学苑=ワールドメイト」であると思われていることについて以下のように答えています。

 

みすず学苑その他の謎 | 予備校なら怒濤の英語「みすず学苑」より抜粋)

「みすず学苑は、ワールドメイトという宗教団体が経営しているらしい」と、訳知り顔で言う人がいますが、全く事実と異なります。」

「神道には、「聖と俗を区別して共存する」という特質があります。信仰を持つ経営者が、仕事はばりばりしながら、宗教団体の代表を兼ねたり、神社を興したりする例は、古来よりたくさんあるのです。上杉謙信や武田信玄も、そうだったのです。現代にも、たくさんいます。」

「しかし、当然の事ながら、半田が個人的に信仰を持っても、みすず学苑という予備校の、指導内容には全く関係ありません。宗教的な儀式も、説教も、勧誘もありません。そんな予備校なら、とっくに問題視されて、潰れてるでしょう。」

「単にみすず学苑の学苑長の半田晴久が、宗教団体の代表役員を兼任してるに過ぎません。」

「松下幸之助さんが根源の社という神社を創設したり、角川書店の社長だった角川春樹さんが宗教法人「明日香宮(あうかみや)」をの代表をつとめたことと同じこと」

「また、半田は世界平和のために、立正佼成会や創価学会の人々とも仲良く、大本教や金光教、天理教をはじめ、あらゆる宗教の方々と宗教対話や宗教協力をしています。特に親しいのは、前の英国国教会のカンタベリー卿と、前のルター派の総書記です。」

「余談ながら、半田は、在福岡・カンボジア王国名誉領事にも就任しています。これも当然、カンボジア王国と日本、双方の外務省や警視庁の調査をパスしなければ、就任できません。 カンボジア王国では、半田は政府にアドバイスを行う、政府顧問と首相顧問にも就任しています。カンボジアで、首相・副首相に次ぐ「上級大臣」の待遇を受ける、「rank of Senior Minister」なのです。 また、カンボジアでトップ3になった、カンボジア大学を創設し、総長を務め、政治学部の教授も務めています。その他、半田は、18年間カンボジアの無料病院や孤児院を運営し、後者の名誉院長を務めます。それで、カンボジアの政府と国王から、4つの勲章を授与されています。」

「また、中国全土の最も貧しい地域に、130校の小学校を建設し、100人の孤児の教育の父親になっています。そして、半田は、オーストラリアの州立大学で修士号(MA)を取り、中国の清華大学と浙江大学で、学術博士号(Ph.D.)を2つ取得しています。また名誉博士号は、イギリスと豪州とアメリカで、5つ授与されています。ジュリアード音楽院も、その内の一つです。このように、半田は、教育や福祉や宗教協力などの分野で、世界的に知られる知識人であり、教養人なのです。」

(転載ここまで)

 

予備校の指導内容等には関係ないのはわかりますが・・・学苑長は創価学会や大本教と同じ穴の狢ということでお間違いないでしょうか。なぜ中国を支援しているのですか。在日中国人なのかと疑ってしまう。

 

参照

RAPT | 池田大作と上行菩薩と日蓮聖人と法華経とサナト・クマーラと鞍馬山の関係。創価学会が悪魔教であるという歴然たる証拠。

RAPT | ベネッセとパソナの不可解なつながり。安藤忠雄も司馬遼太郎も……創価学会員は常に金融ユダヤの下で一つの輪となって動いている。

RAPT | 天皇こそがこの日本の最高権力者であり、それを裏から支えてきたのが創価学会です。

RAPT | 皇太子妃「雅子」様は創価学会員。その祖父は水俣病を広めたチッソ株式会社社長「江頭豊」。この事実をタブーとする日本とは?

RAPT | 創価学会「広宣部」は個人情報盗難のプロフェッショナル。盗聴・盗撮・尾行・情報収集・攻撃の請負人たち。

 

 

ワールドメイト 元・会員のブログ 「近づかない」「興味を持たない」「友人知人家族の勧めがあってもきっぱり断る」 3000円と5時間を失い苦痛をも味わってしまった新入会員さん(即日退会)の例  より抜粋。

 

20110916 勧誘被害1

20110917 勧誘被害6

20110917 勧誘被害7

20110917 勧誘被害8

 

 

天理教

天理教 - Wikipedia

天理教 – Wikipedia

天理教(てんりきょう)は、日本で江戸時代末に成立した新宗教の一つ。 中山みきを教祖とする宗教団体である。 狭義には奈良県天理市に本拠地を置く包括宗教法人(宗教法人天理教)およびその傘下の被包括宗教法人(教会本部及び一般教会)を指すが、広義には中山みきが伝えた教義そのものを指す場合があり、信仰する単立の宗教法人もある。

 

天理教には厳しい勧誘やお布施のノルマがあり、それを苦に自殺をしたり、お布施のノルマのために銀行強盗をして逮捕される信者もいるようです。救いがないような。

Yahoo!知恵袋より転載)

私は以前、天理教の少し大きな分教会でパワハラを受けて自殺未遂をしました。こんな宗教って宗教で成り立つのでしょうか。ある分教会長はお供えの為のお金を提示されて銀行強盗をして逮捕されたらしいです。私には基 本的に人間を救うはずの宗教がこんなでは信者でないほうが幸せの様です。はっきり言って上下関係の軍隊です。どう思いますか?

 

ID非公開さん

2018/9/28 23:19

辛いご経験をされましたね。

御供(上納金)の工面による事件事故例。

・静岡県〇名大教会部内某教会長、詰所で飛び降り自殺。

・長崎県〇長大教会長、詰所で首吊り自殺。

・大阪府〇場大教会部内某教会長、東京足立区某銀行で強盗傷害、現行犯逮捕。

・奈良県〇山大教会部内某教会長、広島市某信用組合で強盗、現行犯逮捕。

 

パワハラモラハラ上納金ノルマで詰められた天理教不祥事は御供関係だけでもこれはほんの一部。

 

現天理教表統領(真柱実弟、真柱後継者実父)天理教実質的運営者曰く「おつくしは命のつなぎ」と仰ってます。 天理教で「おつくし」とは御供の意味も含まれてます。

 

>上下関係の軍隊です。この表現は否定出来ない現実です。

天理教の教会長には天理高校、専修課、第二専修課卒が多くおりますが、 いずれも寮や学校の合宿修練などで厳しい上下関係や軍隊教育がなされており、 上からの指示は絶対服従という組織信仰イエスマンとして育成されます。 信仰が神への感謝から組織への忠誠とすり変わり盲目的信仰者となる方もおります。 天理教で「世界一列皆兄弟」とは耳障りの良い建前なだけかもしれません。

(転載ここまで)

 

ふと、ある日自宅でインターホンが鳴って、大口でクチャクチャとガムを噛んでいる失敬なおばちゃんがモニターに映っていたので居留守にしていたら、ドアポストに何かチラシを入れて帰ったのでその紙切れを見たら天理教の宣伝だったことを思い出しました。徳があるのでしょうか。

 

 

世界救世教

世界救世教‐Wikipedia

世界救世教とは、大本の幹部だった岡田茂吉が1935年(昭和10年)に立教した新宗教系の教団。世界救世教本体に世界救世教いづのめ教団・東方之光の2教派が包括される形で運営されている。

現在、宗教法人としての世界救世教責任役員会と元教主岡田陽一の間で対立が見られ、本来の規定通りの運営が行われていない(後述)。国内公称信者数は、2019年(令和元年)版の『宗教年鑑』によると、579,430人。

1935年に岡田茂吉が立教した。岡田は元々大本の信者で、心霊学を学び、自動書記を体験し、大本の鎮魂帰神法を熱心に習得した。すると周囲が岡田の周りに観世音菩薩が現れていると言うようになり、岡田自身も腹の中に光の玉が宿っていると感じるようになったという。

1931年に夢の啓示を受けて、千葉県の鋸山に参詣してご来光を仰ぎ、「霊界において夜の時代から昼の時代への転換が起こった」と感じ、霊の世界で起こったことがそのあと現実に現れるという「霊主体従の法則」と、大本の御手代を発展させた浄霊法を確立していった。

大本の活動で独自性を出すようになり批判を受け、大本を脱退、1934年に岡田式心霊指圧療法を開始、翌35年に宗教結社・大日本観音会を設立。医師でもないのに治療行為を行ったことで2度検挙され、大日本健康協会に改称し指圧に専念した。

戦後は大日本浄霊療法普及協会を経て、熱海に大日本観音教団を設立して手かざしによる病気治し「浄霊」を行い、これは「お光さま」と呼ばれた。宗教学者の島田裕巳は、「お光さま」の背景には観音信仰があったと指摘している

観音信仰からの脱皮を目指し、1950年に世界救世(メシヤ)教に改称、観音に由来する大光明如来を宇宙の創世神・大光明真神(みろくおおみかみ)に改めた。当時はメシヤ教と呼ばれており、岡田は自身を救世主と考えていた

島田裕巳は、地上天国という考えは大本から取り入れられたと述べている。

 

(転載ここまで)

アメリカ軍ニコルス大佐が清水長仮本部に来訪。浄霊の実験をする岡田茂吉の写真。昭和24(1949)年2月(米国国立公文書館所蔵)

 

「手かざし」を使う新興宗教は他にも「宗教真光」などがある。

 

崇教真光(すうきょうまひかり)


崇教真光‐Wikipedia

崇教真光(すうきょうまひかり)は、岐阜県高山市に本部を置く新宗教。指導者(教え主)は、岡田光央

「真光の業」と呼ばれる手かざしで魂を浄めることで人生の目的「健」「和」「富」の三つを揃えることが可能であるとする。また、今まで秘められていた神の計画を明らかにする使命があり、今後地球規模の大変動が起こるとしている。

 

崇教真光は、前出の世界真光文明教団から後継者争の末に1978年に分離、独立した新興宗教。

 

こちらより転載)

崇教真光はどんな宗教団体ですか? 危険ですか?安全ですか? 先祖供養をしっかりやりなさいと言う教えだそうですが… 詳しい方、教えてください

 

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

 

危険です。 真光の初級研修(真光の信者=組み手になるための最初の研修)でまず次のように教えられます。

*お金は元々神から貸し与えられたもの、奉納はその預かりものを神に返すだけ

*奉納によって金銭への執着を取る *奉納によって経済的に浄まる ー経済的禊ぎを自ら積極的にすることになり、あがないがそれだけ少なくなる

*富は天の倉に積め

*財は罪(え)に通じる

*浄まれば神仕組みがおきて神より与えられる人になる

*奉納で感謝の気持ちを表す ー「心で感謝』では足りない

*ただでお浄めを受けるのは盗人と同じ

*神のことでケチケチするな

*教団のことを『金儲け主義だ」とするのは「邪神の魔語」で、邪霊・憑依霊に操られている証拠 *泥棒にあっても感謝、お金を盗られても感謝して、別にお金を用意して神に奉納しなさい

*いったん神に差し出したお金の使われ方に疑問や口出しはしない ー「神のものだから」ということで、一般信者から切り離し、教団の思うままに使えて、収支は公開しない。

いかがでしょう?これがまともな教えだと思いますか? 先祖供養を始めとする真光の全ての教えはここに通じます。 その教えの全てが信者の大切な財産を搾取するために存在します。 この教団がいかに金儲け主義かわかるでしょう。

たん神に差し出したお金の使われ方に疑問や口出しはしない ー「神のものだから」ということで、一般信者から切り離し、教団の思うままに使えて、収支は公開しない。 いかがでしょう?これがまともな教えだと思いますか? 先祖供養を始めとする真光の全ての教えはここに通じます。 その教えの全てが信者の大切な財産を搾取するために存在します。 この教団がいかに金儲け主義かわかるでしょう。

 

2011/8/16 13:10

私の母方の伯母たちが一時期入っていて大変でした。 家に来て正座させられて目をつぶり何をされるのかと薄目で見てたら額に手をかざして何やらブツブツ…(内容は忘れました) 一人は私が中学生の時に亡くなりましたが、もう一人の伯母は私が成人して疎遠になるまで毎月手かざしをしに来て正直ウザかったです。 手かざしが終わると必ず「お墓を綺麗にして祖父ちゃん祖母ちゃん、御先祖様を敬わなきゃ」と言ってました。(でも、当時はお墓はなく納骨堂でした。父方は戦争でお寺ごと無くなりました) 手かざしは崇教真光に入って修行すれば誰にでも出来ると伯母はよく言ってました。 あまり私はお勧めしたくないです。 確か過去にトラブル起こして週刊誌とかで叩かれたような記憶があります。

(転載ここまで)

 

崇教真光に1000万円以上のお布施を払ってガンになり腸摘出した話 | ぼっち充の奇妙な闇ブログ

 

 

世界真光文明教団

こちらより転載)

世界真光文明教団(せかいまひかりぶんめいきょうだん)は、岡田良一(光玉)が設立した新宗教。本部は静岡県伊豆市にある。手をかざして災厄を祓うとする「真光の業」と、「神理正法」という教えを軸に活動している。日本を中心に、台湾、アメリカ、メキシコ、アフリカに支部、中国を含め世界各地に道場がある。

陸軍の元軍人で実業家であった岡田光玉が、1959年58歳の時に5日間高熱にうかされ、2月27日に神の啓示を受けたという

「主の神」から「魁のメシア」という役目を与えられた岡田は、実業家の仕事を続けながら「L・H陽光子乃友」を立教し、宗教活動も行った。1963年に教団名を「世界真光文明教団」に改めた。

初代教祖(教え主)の岡田は一時手かざし(浄霊)を行う世界救世教の有力信徒であり、手かざしを含め、二つの教団の教理、儀礼には共通点が多いと指摘されている。ただし、教会ごと脱退したわけではないので分派とはされていない。

1974年6月23日に岡田光玉は死去し、後継者をめぐって養女の岡田恵珠派と幹部信者の一人だった関口榮派に分裂、裁判になり、1982年に岡田派は崇教真光として別々の道を歩むことで和解、関口が世界真光文明教団二代目教主、恵珠は1974に崇教真光を創設した。

 

 

(世界真光文明教団-Wikipedia

真光の述べる歴史は次のようなものである。スの大神が世界を創造し、神々を作り、ムー大陸に黄人、赤人、白人、青人、黒人の「五色人」という世界人類を作り、神々が天祖、皇祖、人祖をまつった。

ムー大陸は陥没し、五色人は世界中に散った。

日本はムー大陸の残った山頂で、日本人は五色人のうち黄人の直系の子孫である。

万世一系の天皇は世界創造以来の全人類の王統が続いたものである。

五色人のうち、南米に上陸しインカ帝国などを作ったのがアメリカ・インディアン、西に向かったのが朝鮮半島、アジア大陸中央、インド、西アジア(ユダヤ)の人々であり、釈迦の教えもイエスの教えも「五色人の血肉の兄弟の教え」である。

「全人類が日の本の国に集って、霊的新文明を築く仕組みになっている」という。

 

真光は大本の神話を継承・発展させている。

 

真光では、人類誕生から天皇制まで、すべて日本が世界の中心に位置づけられている。金沢大学中村伸浩は、このイメージは、高度経済成長期の日本経済を反映した日本人のアイデンティティの世界的拡大に関係していると想像できると述べている。

真光の天皇制は、ムー大陸の実在を主張したジェームズ・チャーチワードや超古代史を記した「竹内文書」の影響を受けており、神武天皇の前に数十代の天皇がいたとされ、現実の天皇制とも記紀神話の天皇制とも異なっている。

極端な日本中心主義と、日本のもとで世界民族が共存するというコスモポリタニズムがあるが、世界の把握は象徴的で具体性に欠ける面がある。世界性は儀礼にも反映されており、「立春大祭」は、人種・国境・宗教を超えた「人類の祭り」として、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、アジアの信者も参加する。

(転載ここまで)

 

RAPT | 「竹内文書」は悪魔崇拝者によって書かれた天皇礼賛に導くための古代プロパガンダの書です。

RAPT | 有史以前に高度な文明があったのは確かな事実です。しかし、悪魔崇拝者たちがその調査をずっと妨害してきました。

 

 

霊友会

 

霊友会(れいゆうかい)は、法華系の新宗教である。現在、霊友会は事実上2団体存在する。会員を合わせると、信者数は公称440万人(2004年1月15日現在)。本部は2団体いずれも東京都港区内にある。

 

こちらより転載)

昭和5年、久保角太郎は、小谷キミらともに新「霊友会」を発足しました。発足後角太郎は、女性信者を次々と教育し、霊能者に仕立て上げながら、教団の勢力を拡大していきました。

昭和19年11月、53歳で角太郎が死去すると、「小谷キミ」が全権を握って教団を運営をするようになりました。

ところが昭和24年、霊友会は占領軍(アメリカ)の捜索を受け、なんと本部からコカインや金塊が摘発されたのです。翌年にも脱税容疑で霊友会本部に捜索が入り、その際、麻薬を所持していた「小谷キミ」が検挙されるという事件が発生しました。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9C%AC

これら一連の不祥事を受けて、霊友会の幹部や会員から、教団の在り方に対する不満が一気に噴き出し、霊友会から分派して新しい宗教を立ち上げる者(立正佼成会を設立した庭野日敬など)が現われる一方、多くの会員が脱会しました。

小谷キミは昭和28年にも、「赤い羽根募金110万円の横領」「闇ドル入手」「贈賄の容疑」で検挙されています。こうした不祥事の続発に、霊友会への社会批判が集中しました。

昭和46年2月、小谷キミは70歳で死去しました。

その後、霊友会会長に就任した小谷継成(つぐなり)は、「人間の心に帰ろう」という意味の「いんなぁ・とりっぷ」キャンペーンを開始し、脱税や麻薬、金権体質など、霊友会教団につきまとっていた悪いイメージを払拭することに努め、東京都心に巨大な「釈迦殿」を建設しました。

霊友会から分派・独立した教団は、「霊友会系諸教団」と呼ばれており、主なものに「孝道教団」「日蓮宗法智教会」「思親会」「立正佼成会」「正道会」「日蓮宗明宝教会」「霊光会」「大乗教団」「普明会教団」「霊法会」「仏所護念会」「妙智会」「大慧会」「妙道会」「正義会」「瑞法会」「成道会」「正導会」などがあります。

(転載ここまで)

 

立正佼成会


立正佼成会(りっしょうこうせいかい)は、霊友会から派生した法華系の新宗教である。

本部は東京都杉並区和田二丁目にある。

こちらより転載)

 

【立正佼成会が間違っていると考えるおもな点】

①立正佼成会では、「本尊」を六度も変更しており、その都度、信者は本部から言われるままに、信仰の形を変えていかなければなりませんでした。信仰の根本である本尊がクルクル変わるような宗教は、教えが確定していないということです。日蓮大聖人が「諸宗は本尊にまどえり」と指摘されているように、立正佼成会が、いい加減な宗教であることの証拠と言えます。

②立正佼成会では、長沼マサの「神のお告げ」によって、本尊を交換したといいます。しかし、信仰の根本である本尊が、いかがわしい「お告げ」によって簡単に変わること自体、信ずるに値しない邪教といえます。

③庭野鹿蔵(日敬)は、久遠の釈迦像を本尊とし、それが釈尊の心であり、さらに日蓮大聖人の心でもあると語っています。

しかし日蓮大聖人が「仏の御意は法華経なり。日蓮がたましひは、南無妙法蓮華経にすぎたるはなし」(御書685)と断言されているとおり、釈尊の本意は法華経であり、日蓮大聖人の御意は南無妙法蓮華経の御本尊にあるのです。どこにも「釈尊の像を、本尊として祀りなさい」などとは説かれてはおらず、庭野の説は、釈尊や日蓮大聖人の教えとは無関係の「思いつき宗」であると言えます。

法華経には「不受余経一偈」と書いてあります。これは、「法華経を信仰する者は、他の教えは、わずかでも信じてはならない」との法華経の根本精神を表わした言葉です。しかし立正佼成会では、「従来の檀家寺や氏神への信仰はそのまま続けて構わない」と教えています。この一点をとってみても、立正佼成会の教えは法華経に背いていることが明白です。

※ 当該文書は、「諸宗破折ガイド」に掲載された当該項目文章を、筆者が要約、加筆したものです。

(転載ここまで)

 

霊友会は大本教から派生し、霊友会から立正佼成会が創設されたのだそう。

 

「世界救世教」の岡田茂吉は元大本教の信者。「世界真光文明教団」は大本の神話を継承・発展させている。「世界真光文明教団」の初代教祖の岡田良一(光玉)は、一時手かざし(浄霊)を行う「世界救世教」の有力信徒。「崇教真光」は、「世界真光文明教団」から後継者争いの末に1978年に分離、独立した新興宗教。

日本で「ニューソート思想」を広めたのが、神道系の「生長の家」の教祖、谷口雅春。「谷口雅春」は、「大本教」の出口王仁三郎の弟子だった。

あらゆる新興宗教は大本教と繋がっているようです。

 

大本教 出口王仁三郎 参照

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!! | Kawataのブログ

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。KAWATAとNANAのRAPT理論 – YouTube

RAPT | 空海も最澄も日蓮聖人も出口王仁三郎も深見東州も池田大作も同じ悪魔「サナト・クマーラ」を崇める妙見信仰者でした。

RAPT | RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

RAPT | 日本の宗教に「神がかり」が多いという現実。彼らはなぜ自分の体に霊を招くことができるのか。

RAPT | 「国常立尊」を基軸とした「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」

 

出口王仁三郎は、「満州」を建国しようと最初に提言した人物。

第106弾〉出口王仁三郎と日本軍による世界征服計画とその失敗。

RAPT | RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

 

 

ホームオブハート

 

MASAYA(マサヤ、1957年12月13日 – )は、東京都港区元麻布出身のプロデューサー、実業家。XJAPANのToshlを洗脳させた人間である。(Wikipedia)

 

あのカルト集団を徹底追跡(1)TOSHIが上納を続けたホームオブハート | Asagei Biz-アサ芸ビズ より転載。

 

信じる者は救われる——。この言葉は「カルト教団」には当てはまらない。トンでもない教義を信じたばかりに財産を奪われ、金だけでなく命を失うこともある。そんな事件をかつて引き起こしたことで、看板をかけ替えた「異様な集団」は数多い。その正体を暴く!

「あの雑誌は信じないでください! 全部、デタラメです!」

98年、人気ロックバンド「X JAPAN」元ヴォーカルのTOSHI(現在はToshl)は、ワイドショーのカメラを前にこう言い放った。この年の「週刊現代」(9月19日号)が、TOSHIが自己啓発セミナーで洗脳されていると報道。本人や「レムリアアイランドレコード」のセミナー主宰者、MASAYA(倉渕透)氏らがワイドショーに生出演して反論する騒動に発展した。

X JAPANはこの前年に、TOSHIの脱退により解散。以降、TOSHIはMASAYA作の曲を歌うソロ活動に入った。自己啓発セミナーとの関わりが人気バンド解散の原因になっていたことが、いっそう騒ぎを大きくしていく。

その後、「レムリア」は「ホームオブハート(HOH)」に社名変更。拠点を都内から栃木県那須町に移してコアなメンバーが共同生活を始める。TOSHIは全国でドサ回りのライブを行い、売り上げをHOHに上納し続けた。ファンがHOHのセミナーにのめり込むケースや、TOSHIの求めに応じて金を集めた結果、詐欺罪で逮捕されるファンまでいた。

その中で起こったのが、04年の児童虐待事件だ。施設内で子供が段ボールに入れられるなどして放置されていたことから、児童相談所が児童5人を保護。全国ニュースとなった。

騒動のピークは10年にTOSHIがHOHからの脱会を宣言したこと。会見でHOHに10億円以上を貢いできたことなどを明かし、自己破産した。HOHやTOSHIは他の被害者たちとの間で複数の裁判を抱えていたが、これを受けて全てで和解が成立した。

しかし、HOHやMASAYA氏は、名前を変えて現在も活動を続けている。

「TOSHIがいた頃は20人強のコアメンバーが那須で共同生活をしていました。現在は拠点を神戸に移して、おそらく十数名程度が拠点施設周辺に住んでいる形です」

こう語るのは、被害者団体「MASAYA・MARTHこと倉渕透グループ問題を考える会」の関係者だ。MARTHとは、MASAYA氏が現在、名乗っている名前だ。ヒーリング音楽を作曲する一方、HOH時代から多数あった関連会社の名称を変えるなどして手広く事業を続けている。

「例えばヒーリングという会社では、足を乗せて使う数十万円の岩盤浴器具を漢方薬局などに売り込んでいます。店頭でそれを使う客にMARTHを紹介するといった勧誘が行われています。MARTHは現在もセミナーのようなことも行っています」(考える会関係者)

HOHは、独自に開発予定のリゾート施設をうたった会員権ビジネスを行っていた。現在も屋久島に建設予定だとうたうリゾートやプライベートジェット、クルーザーなどの会員権も数百万円で販売している。TOSHIという広告塔を失っても、やっていることは今も変わらないのだ。

(転載ここまで)

 

 

 

パーフェクトリバティー教団(PL教)

Wikipedia より転載)

パーフェクト リバティー教団(パーフェクトリバティーきょうだん)は、日本の大正時代に立教された教団体。政府(文部科学省)での統計上における分類では、諸教。通称でPL教(ピーエルきょう)、PL教団(ピーエルきょうだん)と表記されることが多い。

現在の教主(おしえおや)は御木貴日止(みきたかひと)。信仰対象は「宇宙全体=神である、大元霊(みおやおおかみ。だいげんれい、とも)」。

教団本部は大阪府富田林市にあり、大本庁と称する。大本庁には、大本庁神霊を祀る正殿、教団の初代教祖・御木徳一の霊を祀る初代教祖奥津城等の施設があり、万国の戦没者を超宗派で慰霊する超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔(通称「大平和塔」PLの塔、PLタワーとも呼ばれる)が立つ。

PL学園高等学校のほか、中学校、小学校、幼稚園、専門学校も敷地内にあり、かつては短大(PL学園女子短期大学)や遊園地(PLランド(桜ケ丘遊園))、ゴルフの練習場などもあった。

(転載ここまで)

 

 

ライフスペース

こちらより転載)

自己啓発セミナー等を主要な事業内容としていたが、次第に変質していき、主宰者高橋弘二がインドのサイババに指名された「シャクティパット・グル」であると自称(サイババはこの件を否定した)するようになったり、「シャクティパット」と称する相手の頭部を手で軽く叩く(叩き続ける)行為で病気を治せるといった主張をするようになる。

成田ミイラ化遺体事件では、高橋弘二に殺人罪での有罪判決が出ている。これは、脳内出血で入院していた男性を連れ出し、適切な治療を受けさせねば死亡する可能性が高いことを知りながらも、適切な治療を受けさせず死亡させたという趣旨の判決である。ただし控訴審は確定的殺意を当初から持ち合わせていたとは考えにくいとして未必の故意を認定し高橋弘二に対し減刑する判決を言い渡した。

 

 

 

パナウェーブ研究所

パナウェーブ研究所‐Wikipedia

パナウェーブ研究所(パナウェーブけんきゅうじょ)は、千乃裕子を代表とする千乃正法会という団体の一部門である。福井県に本部を置いている。

「千乃裕子」を教祖及び代表とする千乃正法会という宗教組織の一部門で、新宗教団体の一つである。「スカラー電磁波は人体にとって有害である」と主張している。また、電磁波から身を守るために白装束を身にまとっている。また、移動用の車両には、電磁波を防ぐ効果があるという渦巻き模様の図柄を貼り付けている。

パナウェーブ研究所 千乃裕子

 

福井県に向けて大移動


アフロMembers of the “Pana Wave Laboratory,” dressed in white from head to foot as protection from electromagnetic waves, stand near their vans as they set up camp on a mountain road in Gifu, central Japan… by 写真:ロイター/アフロ

ワイドショーに取り上げられ一躍有名になったのは、「惑星ニビル星が地球に落下してくる天変地異」の危険を訴え、福井県に向けて大移動を行ったためである。

結果として、研究所が主張していたような天変地異は起こらなかった。

2011年10月、福井新聞の取材によれば、研究所は以前とは打って変わって普通の民家のような佇まいになっており、中の者によると「パナウェーブ研究所はもう無い」という返事が返ってきており、自然消滅の状態のようである。

(転載ここまで)

真如苑

内幕3|真如苑 | 宗教 カネと権力 | 特集 | 週刊東洋経済プラス

2006年に完成した総合道場「応現院」


会長: 伊藤真聰(苑主)開祖伊藤真乗の娘

 

真如苑-Wikipedia

真如苑(しんにょえん)は、東京都立川市柴崎町の真澄寺(旧・真言宗立川不動尊教会)に本部を置く、真言宗在家仏教教団。

戦後、宗教団体法の廃止、宗教法人令公布に、戦時下、国策により統合されていた合同真言宗の解体、分派還元を機に新たに宗団を形成し、真言宗から独立した。

1951年に大般涅槃経を所依の経典とし「真如苑」と改称。1953年、宗教法人として認証を受けた。

(転載ここまで)

 

ねずみ講のような宗教勧誘、多くの人を勧誘するほど教団内のの地位も上がっていく。お布施、献金も修行成績とみなし、必死になって献金、そのために家庭崩壊、開祖の逮捕、元信者による通り魔のような傷害事件、遺産相続、後継者争いなどあまり評判は良くない様子。

 

真如苑前で傷害容疑 元信者の男逮捕、意味不明な言動・警視庁 – 産経ニュース

 

東京都立川市の宗教法人「真如苑」総本部の付近で、同法人職員の男性(56)=立川市=が刃物で刺された事件で、警視庁立川署は5日、傷害容疑で、同市に住む元信者の男(51)を逮捕した。同署によると、容疑を認め、「総本部の代表に会おうとしたら男性が通ったので刺した」と供述している。男は9月に同署を訪れて「自分は精神障害者だ」などと意味不明な相談をしており、同署は責任能力の有無について慎重に調べている。

逮捕容疑は4日午前6時10分ごろ、同市柴崎の真如円総本部前で、男性を刃物で刺して1カ月の重傷を負わせたとしている。

防犯カメラに男の姿が写っていたことなどから、同市の自宅で男に事情を聴いたところ、容疑を認めた。自宅からは犯行に使ったとみられる果物ナイフが見つかっており、同署が鑑定している。

(転載ここまで)

 

新興宗教の建物によく六芒星が飾られていますが、六芒星とは悪魔崇拝者が悪魔を呼び出すために使用する悪質なシンボルであり、縁起の良い代物ではありませんのでご注意ください。

つまり五芒星や六芒星が飾られている宗教は悪魔崇拝だということですので、そのような宗教にすがっても得るものはないと思われます。


 

五芒星や六芒星は神社でも見かけることがありますが、神道も悪魔崇拝です。

神道に限らず、キリスト教以外の宗教のほとんどすべては悪魔崇拝であり、それらの神々は悪魔による偽物です。

RAPT | RAPT×読者対談〈第七弾〉神道とユダヤ教と悪魔教のつながり。悪魔教が日本に伝わった経緯。

RAPT | この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。

 

女性向けの占いや、J.K.ローリングなどのファンタジー、アクセサリーなどにも使用されていますが、魔法のアイテムといったような素敵なものではありませんので、グッズを買ったりすることはやめた方が良いと思います。意味を知らずに持っている方は、捨てることをお勧めします。

 

レビ記19章 26節

26あなたがたは何をも血のままで食べてはならない。また占いをしてはならない。魔法を行ってはならない。(口語訳)

 

申命記18章 第10節

10あなたの間に、自分の息子、娘に火の中を通らせる者、占い師、卜者、易者、呪術師、 11呪文を唱える者、口寄せ、霊媒、死者に伺いを立てる者などがいてはならない。(新共同訳) 

 

参照

RAPT | 関西に描かれた巨大な「六芒星」と「逆五芒星」の意味。または「かごめかごめ」の意味。

 

RAPT | ボヘミアン・グローブでの悪魔崇拝。目撃者の証言が見られる動画。より

また、以下はディビッド・アイク氏による悪魔崇拝についての解説です。

 

(以下、ほんとうがいちばんより転載)

 

世界の権力者たちが悪魔崇拝の儀式をする理由

 

宗教と、秘密結社と、彼らが崇める神々、それをつなげるのが悪魔崇拝です。宗教とかを信じている方には議論を呼ぶ問題かもしれませんが、古代の神々が「神」と翻訳されたものをほとんどの宗教は気づかず崇めています。秘密結社もです。

 

そして同じ「神々」、この場合いわゆる「悪魔的存在」が悪魔崇拝者によって崇められています。秘密結社や宗教が「神々」だと思って崇めているのは、知らないでやっているのですが、悪魔崇拝の場合、わかって崇めています。

 

これら人間じゃない存在の「神々」は、人間の限界である「可視光線」のすぐ外側の周波数の中で活動しています。

 

次のことを理解することが重要です。

 

つまり、私たちはある空間の中で目で見ているんだと思っていますが、それは空間に存在するすべてのものを見ているわけではないのです。五感がアクセスできる、本当に狭い周波数領域の中でしか見ていません。

テレビ、つまりホログラフィーと同じです。

 

そしてその他のすべての現実と同じ空間を共有しているのです。

主流派化学の最先端は「並行宇宙」と呼ぶようになってきています。

 

ロンドンで放送されているテレビやラジオ放送すべてはここから見えません。それらも互いに見えていません。この部屋には無線LANがありますが、私たちは意識していません。でもパソコンでそこに合わせると、あらら突然画面にインターネットが出てきます。

 

私は体のことを身体コンピュータと言っていますが、この物理的形態は-特定の周波数領域にチャンネルを合わせます。五感を通して見るのはそれです。でも同じ空間に他の周波数域、他の次元、現実があるのです。

 

ほとんど私たちはそれを意識していません。テレビ放送が互いを意識していないのと同じです。

でももちろん、あるラジオ局にチャンネルを合わせて、それが別のチャンネルに接近していると電波が混じり合います。「現実」と「現実」でもそういうことがありえます。周波数のスケールが近いもう一つの「現実」は、私たちの「現実」と混じり合うことがあるのです。

 

悪魔崇拝の儀式が行われる理由の一つは、まず儀式をやる場所にエネルギーの「場」を作ります。そこが振動して窓、扉として開きます。するとそれらの“存在”が儀式に入ってこられるようになります。

 

数え切れないほどの世界中の人々から、それを見た、体験したと聞きました。いわゆる「魔法の輪」の中に、ひどい様相の存在が突然現れたんだと。「魔法の場」は振動する場です。五芒星なんかが使われるのはお遊びではありません。下っ端はわかりませんが、真剣にやっている連中は理解しています。

 

「現実」がどのようになっていて、どうすれば操作できるのかね。

 

悪魔崇拝で使われる五芒星など、これらのシンボルは―円で囲まれた五芒星は悪魔崇拝のシンボルで有名ですがこれらは振動の場なのです、だから儀式をやるんですね。

 

この「現実」私たちにも見える可視光線の領域、振動領域に“存在”が入ってこられるようにと、そして突然「神々」が現れるわけです。

 

これらの「神々」は人間のエネルギーを食い物にします。低いところで振動している人間のエネルギーです。低い振動をする感情エネルギーは、いつも「恐怖」に基づいています。恐怖、ストレス、嫌悪、罪悪感、これら全ては低い振動をする感情です。

 

人間のエネルギーを食い物にするもう一つの手段は、人身御供です。そこでは犠牲者をおいて儀式を行い、犠牲者が最大限の恐怖を味わうように儀式をもりあげて作ります。すると極度の恐怖感による莫大なエネルギーが生まれ、生贄にされる瞬間にそれが爆発的に放出されます。

 

人間の視界のすぐ外にいる「神々」はそのエネルギーを食い物にする。なぜかというと、極度の恐怖という低い振動のエネルギーは、彼らが振動しているエネルギーの場を表しているからです。だからそのエネルギーは吸収できますが、高い次元のエネルギーは吸収できません。彼らのは低いところで振動しているからです。

 

社会を見てください。人々に恐怖やストレスをどっさりもたらす設計構造になっています。

これらの「神々」はそれを食い物にしています。

 

それからこれらの儀式では(人間の参加者の肉体レベルでの話ですが)犠牲者はあまりの恐怖を味わうので、特定のアドレナリンが血液中に出ます。普通の危険の時のアドレナリンではなく、恐怖の骨頂の時に出るアドレナリンです。それが生贄にされる瞬間、血液に入ります。そしてこれら病んだ連中は血を飲みます。

そのアドレナリンのおかげでハイになれるのです。

 

この件を調べ、理解しはじめた頃に私が衝撃を受けたのは、そのスケールでした。驚くべきスケールなんです。

FBIなどの経歴を持つ人たちが、米国でもやはり調査していましたが、うち一人はこう言いました。

 

悪魔崇拝のスケールはバカでかいので、そこそこに広い友好関係・人脈がある人なら、この種のことに関わっている悪魔崇拝者を一人は知っていると。常に子供の生贄というわけではなくても、動物の生贄とか、そういうのですね。

 

(転載ここまで)

カルト、新興宗教についてのまとめは以上です。ほかにもまだ怪しげなカルトは存在しますが、興味のある方は自分で検索して調べてください。

多くの人が宗教について正しく知り、この世からカルト、悪魔崇拝が滅びることを祈ります。

 

 

RAPT | キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。

RAPT | キリスト教がミトラ教から誕生したという大嘘。ミトラ教は悪魔教であり、悪魔崇拝者たちが悪魔教の要素をキリスト教に混入していったのです。

RAPT | 「霊界」という奥義について。悪魔崇拝者たちは「霊界」の存在をひたすら我々一般庶民に隠してきました。

RAPT | 悪魔崇拝者を根本的に滅ぼし尽くす方法。それは「霊界」の奥義を知ることから始まります。