本当のダニエル・ラドクリフを見つけました

 

 

ーと言っても過去の映像ですが。

前回の記事で 色々な顔のダニエル・ラドクリフが何人もいて、皆似ていない、別人、どれが本当のダニエル・ラドクリフかわからないと書きましたが、ある動画で本物のダニエル・ラドクリフに一番似ていると思われる人物を見つけました。 (さらに…)

ハリーポッターの反キリストの呪い/ 何人もいるダニエル・ラドクリフ

 

 

最近、米テネシー州ナッシュビル(Nashville)の学校で、エクソシスト(悪魔払い師)の助言を受けて、英国の人気児童小説「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズが「悪霊を呼び出しかねない」という理由から、図書館から排除されることになったようです。

呪文や悪霊は空想の話ではありません。魔法とは元々悪魔崇拝者による呪い(まじない)の事であり、神の力に頼らずに悪魔の力に頼ることです。聖書では他の神々に依り頼むことや、魔術を使う事は罪とされています。

この世のトップたちは悪魔を本気で崇拝し、悪魔から力を得ています。現在私たちはそのようなサタニストが支配する世界に生きています。悪魔も神も架空の存在ではありません。 (さらに…)

カニバリズムと菜食とハリウッドの生贄。

 

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017年)

 

(閲覧注意)

世の中、スピリチュアル系にハマり、自分目の前の現実はすべて自分で創り上げていて、自分の考えをポジティブにさえすれば何でも可能になる、ネガティブなことを思うから出来ない、出来ると信じればどんな奇跡も起こすことができる、「自分が変われば世界が変わる」(偽宇宙人カルト「バシャール / ダリル・アンカ」と親しい「須藤元気」なんかがよく言ってますが)と信じていて、

さらに「チャネリング」などで現れる「高次元の存在」の正体が明らかになるとか、宇宙人と人間がコンタクトを取れる日が近い将来訪れるなどと信じてワクワクしているようなお花畑の人たちが未だにいる事には開いた口が塞がりませんが、彼らは「現実を創り上げる」という以前に「現実」を正しく理解しているのでしょうか。騙されているとしか思えません。 (さらに…)

オネエタレントと女性蔑視と裏社会

 

化粧品の広告に起用されたオネエタレント、マツコ・デラックス・・・

 

今回は同性愛、オネエ、オカマについていろいろと書かれてありますので、女装の男性を見るだけできつい方はご注意ください。気持ち悪くなっても管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

昔は「美輪明宏」くらいだったような気がする女装タレントですが、最近は少々出すぎだと思います。現在はすっかり女装男が社会や女性のご意見番となっているようです。このような現象は日本くらいでしかないと思います。(ネットでは男性の化粧のアドバイザーなどが海外でも広がりつつあるようです・・・。) (さらに…)

大麻を広めたがるスピリチュアル 「変性意識状態」で地獄を体験する 

,

ここ数年、世界中で大麻を解禁しようという動きがあるようです。「安倍昭恵」をはじめ、最近は元女優「高樹沙耶」などが「医療大麻」を解禁させようと活動をしています。「スピリチュアル系」でも大麻を推奨している人たちが少なくありません。

彼らスピリチュアル系が言うには、大麻を使うと「変性意識状態」になり、「別の次元」を理解することになるのだそうです。そして「最終的には自分で違う意識状態をつくれるようになるので、大麻のような物質はいらなくなる」のだそうです。

言っている意味が良くわかりません。 (さらに…)

超能力者と魔術師について

 

 

今回は「超能力者」を呼ばれる人物数名についてと、超能力能力のインチキや五感以外の能力の有無について調べました。

日本では1970年代から80年代にかけオカルトブームが起こり、スプーン曲げを行う「超能力者」が注目を集めたようです。しかしある時トリックを見破られ、超能力ブームは終息し、当時注目を集めた「超能力者」たちは姿を消してしまいました。(それなのに、なぜか「ユリ.ゲラー」だけは生き残っているようです。)彼らは「スプーン曲げ」を特別な能力を持って曲げているように語っていましたが、スプーン曲げは特殊能力を持たなくても誰でも簡単に出来るただの手品です。 (さらに…)

どうしても宇宙人を信じさせたい人達

 

矢追純一UFO スペシャル第二弾宇宙人と人類の秘密協定 | YouTube
再生回数100万回、登録者数50万人を超える「Naokimanshow」(こちらの動画より)

 

ダリルアンカ/偽宇宙人バシャールが地上波TVに出演していたらしい。私はTVを観ないので気づきませんでした。「関暁夫」との対談本が出版されているのは知っていましたが。恥さらしですね。ご苦労様です。「やりすぎ都市伝説」も嘘ばかりです。

イルミナティが、UFOの正体や、それらをしている悪魔崇拝者の存在(天皇家など)を知られたくない、何としてでも「神」の存在ではなく「宇宙人」や偽の神などの存在を信じさせたいと考えているようです。イルミナティのダリルアンカが話をさせろとお願いでもしたのでしょうか。TVも同じように嘘と洗脳ばかりですから、グルになって真実を知らせまいとしているのかもしれません。

彼らは人間はUFOを開発する技術をすでに持っているという情報が広まってきているのをどうにか防ぎたいようですが、もう無駄です。天皇派がUFOを開発している事実は更に広まって行くでしょう。残念でした・・・。

(さらに…)

「前世のカルマ」は存在しない。「前世療法」という詐欺

 

催眠によって「宇宙人に誘拐された記憶」を引き出される男性

 

スピリチュアル系に関わると、必ず「前世」について話題が上がりますが、前世や生まれ変わりというものは存在していないようです。誰一人として、今の自分として生まれる前に、ほかの誰かの人生を生きていたという事はあり得ません。

それなのに、「江原啓之」をはじめ、スピリチュアル系やオカルトがお仕事の人たちは、「あなたの前世は○○でした」、「あなたはこれまで○○回もの転生を繰り返してきました」、「あなたが現在そのような人生を生きているのは前世の「カルマ」の解消のため、あなたが生まれる前にこのような人生を選んだのです」などの出鱈目を相変わらず語っているご様子です。 (さらに…)

悪魔崇拝カトリックのノートルダム大聖堂 異教の女神崇拝から来るイースターと聖週間

 

火災に遭ったノートルダム大聖堂
聖週間を祝うカトリック信徒 (C)   AFP BBNews

先月4月14日にフランスのパリにあるノートルダム大聖堂で大規模な火事が起こったようです。火災の原因は事故の可能性が高いとのことですが、一部ではフランス政府の自作自演だとの情報もあるようです。

火災が起きたこの時期は、「聖週間」と呼ばれる行事が行われていたようですが、この「聖週間」とは「イースター(復活祭)」の前日までの一週間、イエス・キリストの受難と死とを偲ぶというカトリックの行事なのだそうです。

火災を見届けていたパリの市民たちは、この聖週間の奇跡を願って「アヴェ・マリア」を唄ったとのことですが、その「聖週間」の「カピロテ」という帽子をかぶって行進をする様子は悪魔崇拝者の式典のようです。

そもそも、「イースター」とは本来は異教の女神のお祭りであり、聖書に基づいたものではないようです。

(さらに…)

ローマ法王を未だに純粋な聖職者だと思っている人は、彼がどれだけ悪であるかを知るべきです

 

ここ数年、バチカンによる性的虐待のニュースが取り上げられることが多い中、未だに現ローマ法王フランシスコを純粋な聖職者だと信じている人がいるようです。現ローマ法王はまるで何も知らないかのように振舞っているようですが、彼とて例外ではありません。現ローマ法王にも幼児虐待及び人身売買のかどで有罪判決が下されていますが、マスコミはこのことについてほとんど報道をしていないようです。

ニュースなどを観ても、多くの人が法王を慕っている様子が伺えますが、彼の正体は裏で悪魔の生贄儀式に参加をする悪魔崇拝者であり、「イエスはサタンの子」「聖書は嘘」等の発言をする反逆者であり、TVに映し出される姿は偽善でしかありません。

バチカンによると、法王には誕生日を祝う5万通以上のメールが寄せられたのだそうですが、陰で悪魔に生贄を捧げ、虐待を繰り返している偽の聖職者の誕生日を祝う理由はどこにもありません。 (さらに…)